「だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに」
司②

ザ・ジャッジ

 ←昨日の敵は今日の味方?  →優しい関係
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

~だから今日も I'm so happy~


 うつらうつら…うつら…、
 「おいっ!」
 ハッ。
 ガッチャンッ!
 道明寺の制止の声に危ういところで目を覚ましたけど、手に持っていたフォークは見事にソースの海に浸かってしまっている。
 でもまあ、顔面ごと突っ込んじゃうよりまだマジだよね。
 それも道明寺の制止が一歩間に合わなかったら、パスタソースで埴輪パックするハメに陥っちゃってただろうけどね。
 「ご、ごめん」
 「いや、ソース、顔に飛んでるぞ?」
 「え~ホントぉ?どこどこ?」
 子供じゃあるまいし、えらい恥かきだと慌てて手で顔周りを拭うけど、上手いこと行きあたらなかったみたいで、トイレから戻ってきた道明寺が、呆れた顔をしながらも歩み寄って、テーブルの上のナフキンを手に取りほっぺたや顎のあたりを拭ってくれる。
 なんていうか、この甲斐甲斐しさも、怪我をした時にサポートしくれた名残か、堂にいっているよね。
 「…大丈夫かよ」
 「ん~、眠い」
 「ま、それもそうか。けっこう今日は強行軍だったもんな」
 「…そうだよ」
 なんせこの旅行に来るために、急遽仕事を休むハメになってしまったから、昨日までめい一杯仕事して、朝も早くから飛行機での長距離移動。
 そりゃあ、多少は仮眠したりもしたけどさ、初春の寒い気候のところから日差しもキツいすでに真夏の暑さの国へ来て、買い物三昧かなり歩き回らされたもん。
 …ま、日本で仕事してる同僚たちを思えば、贅沢な話だけどね。
 ホテルに戻る車の中ですでにあたしはコクリコクリと船を漕いでいて、当初下の階のレストランでディナーを取る予定だったのに、気をきかせた道明寺があたしたちの宿泊しているスウィートルームのダイニングで夕食をとるルームサービスに変更にしてくれた。
 小さく息をついた道明寺に、座っているあたしごと椅子を引かれてしまう。
 えっ?と思った時には、もう横抱きに抱き上げられてしまっていた。
 「ちょっと」
 「もう寝ちまえ」
 「ええ~っ!?」
 「別に一食くらい飯を食わなかったからって、どうってことねぇだろ?」
 「…そりゃあそうだけど」
 さすがは音に聞こえた五つ星ホテルのルームサービス。
 三ツ星レストランのディナーにも劣らぬ味と見栄えのお料理の数々に、眠気と空腹の天秤が揺れ動いて、まだ未練タラタラ。
 「起きたらまた軽いもんでも注文すればいいし、とりあえずお前は寝ろ」
 「…うーん」
 …でも、お風呂にも入ってないし、歯も磨いてないのに。
 そんなことを思いつつ、正直、すでに頭は半分寝ている状態で、道明寺に運ばれる振動がちょういい揺籃みたいな感じで、いつの間にか瞼が落ちてしまっていた。
 ぐ~。



*****



 ポッチャン。
 なんだろう。
 どこかで水滴が落ちるような水音がする。
 時たまシャーッて雨音のような音も混じっているから、外は雨なのかもしれない。
 …やだなぁ。
 雨は嫌い。
 この常夏の国でなら、あの鬱々とした気持ちにさせられることはないって思ってたのに。
 「……む…にゃ」
 「ん?起きたのか?」
 道明寺の声が、凄い間近の耳元で聞こえた。
 ああ、すぐそばに道明寺がいるんだぁ。
 そう思ったら、ヤだ、って思っていた雨もまあ、嬉しくはないけど別にいいかって思い直す。
 急に浮上した意識が、五感の感覚を取り戻して、さっきまで気がつかなかったあれこれに気がつき出して、アレっ?て思った。
 …むむむむ?
 まるで服を着ていないかのような覚束無さがあるのに、なぜか寒さを感じない。
 それどころか…なに?この不思議な感覚…。
 「なんだよ、寝惚けてるのかよ?」
 サワサワサワ。
 素肌を這い回わられるくすぐったいような感触に、怪訝に瞑っていた目を薄らと開く。
 「…っ!?」
 「お、起きたか」
 もみもみもみ。
 ギョッと見下ろした視線の下、なぜか素っ裸でお湯に浸かっているあたしの胸に回った大きな手が、あたしの乳房を包み込むように…って、揉んでるやんけっ!

ザ・ジャッジ

 「な、なに、なになに?なにっ!?」
 なんなの、この状況。
 いや、わかってる。
 たぶん、わかる。
 あたしがマッパでお風呂に入ってて、あたし以外の人間が一緒に入ってるとなったら、当然一緒に入ってるのは誰かなんて決まってる(というか、そうじゃなきゃ、怖すぎるでしょ)。
 でもさ。
 「なんで、寝てたあたしが、お風呂に入ってるの~ぉっ!?」
 …しかも、道明寺の膝に抱き抱えられて、二人で湯船に浸かってる(だけじゃない)とかって、フツーありえないでしょっ!?
 「いや、お前がやたらと、汗かいてて風呂入りてぇ、風呂入りてぇって、寝言呟いてるからさ」
 「…………」
 「そんなに入りてぇんならって、この俺様が親切にも、お前を風呂にいれてやってたんだよ。お前、感謝しろよ?」
 「…………」
 「…………」
 もみ。
 「うぎゃあああああああ!このばかああああっ!!人が寝惚けてるのをいいことに、よくもシャアシャア、よけいなことすんなあぁぁっ!!」 
 ゴッ。 
 「ぐはっ」



 その後、あたしの後頭部でのヘッドバッドの直撃を受けた道明寺が、鼻血を噴いてしまったあげくに、お風呂の中でノびちゃって、ちょっとした騒ぎになってしまった。
 幸い、救急車で運ばれるとか、そこまではいかなかったけど、その後あたしは、怒り狂って拗ねまくった道明寺のご機嫌取りに忙殺されるハメに。
 …でもさ、いくらなんでも寝てる相手を無断でお風呂に入れるとかって、いくら恋人でも反則だよね?
 え?親切心の相手をヘッドバッドで沈める方が反則?
 そうかなぁ。
 「お前、俺の奴隷のくせに、…この落とし前どう付けるかわかってんだろうな」
 ぐぎゅう~。
 わ、わかりたくない。



~FIN~



カキツバタ:幸せは必ずくる
カキツバタ

【愛というのは、要するに、自分以外の、もう一人の人間の幸福が、自分自身の幸福にとって、絶対的に、必須欠くべからざるものであるという状態である。】
~ロバート・A・ハインライン(米国のSF作家 / 1907~1988) 参照 名言+Quotes

熊本(大分・宮崎)支援情報まとめ→http://www.aratana.jp/pray_for_kumamoto/




web拍手 by FC2





※皆さんのジャッジは、どちらに軍配?恋人とはいえ、勝手にお風呂にいれた司、尽くしてくれる彼氏をお湯に沈めたwつくし。
関連記事
総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【昨日の敵は今日の味方? 】へ
  • 【優しい関係】へ

~ Comment ~

NoTitle

お風呂に入れるまではええけど、胸を揉むのはアカンわ〜

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いやいや、お風呂に沈めちゃダメでしょ、つくしちゃん笑
仮にも奴隷…ですからっ!
お風呂喜んで受け入れまーす笑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いややっぱり司に同情票を一票。
期待していた旅行で先に寝られちゃうわ、きっと抱きつかれちゃうわで蛇の生殺し状態で、胸もむくらいで済んでんだからオッケーで〜〜す。もっとがっついてる司だったらどうなってたことか。。笑。
でもこのお詫びはやっぱり奴隷かな?ぜひ続きは某委員会で…^ ^
「怪我の功名」シリーズ、(思いがけず素敵なシリーズ読めた私たちファンにとってまさに怪我の功名)大好きです。まだ続くといいな。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【昨日の敵は今日の味方? 】へ
  • 【優しい関係】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘