「だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに」

君はペット?

 ←愛してる、そばにいて0196 →My Sweet Lover
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

~だから今日も I'm so happy~


 「んん~しょっ!んんんっ」
 か、固い。
 なんなのよ、この缶詰。
 アーティチョークだか、アンティーク調だか知らないけど、これって絶対に不良品でしょ!?
 ギギギギギッ!
 思いっきり缶切りの握り部分に力を込めて、斜めに引っ張る。
 並みの女の子よりよほど腕力には自信があるというのに、握り締めた拳がブルブルと震えた。
 体重を乗せて缶切りを押し切る。
 「う~~っしょぉっ!!
 ガクッ、ゴンッ。
 「わぁっ」
 左手で押さえていた缶が滑って、缶が吹っ飛んで、缶切りを握り締めた拳を思いっきりテーブルに打ち付けた。
 「…ううう、イタタタタタ」
 右手を左手で押さえて、拳を胸に抱えてテーブルに突っ伏して、痛みに呻く。
 「ふわぁぁ、朝から何やってんの?牧野」
 「…る、類」
 うう、涙がちょちょ切れる。
 「なに?どうしたの?」
 寝ぼけた顔で髪をかきあげていた類が、蹲っているあたしの顔を見て眉根を潜めて、足早に歩み寄ってくる。
 「怪我したの?」
 「ん、ちょっと打ち付けただけ…」
だから平気、と言いかけたのを待たずに、胸に抱え込んでいた手を掴まれて覗き込まれる。
 いつもはのほほんとしているのに、凄く怖いくらいに真剣な顔。
 「…………」
 「…………」
 「あ、あの、類?」
 あたしの拳を右に傾けたり左に向けたり、観察していたと思ったら、大きな手が指先にそっと触れて、握り締めたままだった手を開かせた。 
 「いたっ!」
 引っ込めようとしたのを、強い力で引き止められた。
 痛いことされるのではと密かに怯えているあたしの顔をチラッと見て、宥めるように軽く撫でられて患部に優しく触れられる。
 「…痛い?」
 「うん、少し」
 「けっこうやっちゃったね。骨に異常がないといいけど」
 「え~っ!?」
 ま、まさか、骨折とか?
 これまでかなり波乱万丈な学生時代を送って、集団リンチだのなんだのかなり凄い経験もさせられたけど、意外なことに骨折はしたことがなかったのよね、あたし。
 …どんだけ丈夫なんだっていうのは置いておいて。
 ビビるあたしにクスリと笑って、ポンポンって頭を撫でてくれる。
 いつもはなんだかんだといじめっ子だけど、こういう時の類は凄く優しいし真摯だ。
 「たぶん骨折とかそこまではいってないんじゃないかな。ヒビ…くらいは入ってるかもしれないけど」
 「ええっ!!」
 うそ、うそ、うそん!!
 ヒビくらいって、凄い怖いじゃないのよ。
 真っ青になるあたしをよそに、冷凍庫から保冷剤を持ってきてくれて、
 「イス座って?」 
 「…う、うん」
 動揺しているあたしにあれこれと指示を出して、保冷剤を手渡してくれる。
 「それ、とりあえずあててて?その間に、着替えて支度してくるし、車出すから病院に行こう」
 「え~、病院行くのぉ?!」
 …びょ、病院はちょっと嫌だなぁ。 
 「…ヒビ」
 「ひっ」
 「入ってたらイヤでしょ?…っていっても、ヒビだと自然治癒が基本だからたいしてやってもらうことないけど」
 「うう…」
 骨折とか無縁だった身としては、たとえヒビでも怖いんですけど。
 「大丈夫だよ。手が砕けて取れちゃったとかじゃないんだし、そのまんまにしておいても治るものなんだから、そんなに心配しないの」
 「…………」
 いや、慰めくれてるんだとは思うんだけどさ。
 手が砕けて取れちゃって、とか、けっこうこの人怖いことズバズバ言ってくれてるよね。
 しかもたぶん…悪気なくじゃなくってわざと。
 「…類、根性悪い」
 「ええ――ッ!」
 わざとらしく心外だと驚いてるけど、身支度を整えに部屋を出しな小さく笑った顔が確信犯で、あたしは思いっきり呆れてしまった。
 …あ、でもなんだか、かえって気が紛れた?



*****



 「はい、牧野あ~ん」
 「……は、恥ずかしいよ、類」 
 「え?二人っきりなんだから、いいじゃない?」
 目の前に差し出されたスプーンをより目になりながら眺めて、期待してる類の顔に内心大きく溜息をつき、覚悟を決めて口を大きく開けた。
 とたん、器用に口の中へとグラタンが差し入れられる。
 ペースといい、タイミングといい、ナイスなテンポで。
 「一度、こういうのやってみたかったんだよね」
 ニコニコニコ。
 「牧野、前から柴犬とかハムスターみたいだったけど、こうしてると本物のペットみたいだよね」

君はペット

 …さいですか。
 そうは言うものの、いくらなんでも犬やハムスターとかの小動物だったら、類の膝の上に乗せられて、ひと匙づつ食べ物を口に運んでもらうことまではしないと思う。
 …どちらかといえば、鳥の雛?
 まあ、どちらにせよ、やっぱりペットか。
 「…あのさ、いくら手の骨にヒビが入ったって言ったって、自分でご飯くらい食べれるんですけど?」
 「ダメ、だって、俺が楽しいんだもん」
 に~っこり。



~FIN~



アルストロメリア(赤):幸い
赤アルストロメリア

【逃げない、はればれと立ち向かう、それがぼくのモットーだ。】
~岡本太郎(日本の芸術家 / 1911~1996) 参照 名言+Quotes

熊本(大分・宮崎)支援情報まとめ→http://www.aratana.jp/pray_for_kumamoto/




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0196】へ
  • 【My Sweet Lover 】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

100話分コメント書くぞ!と気合いいれて筆無精が腰をあげたんですが、ホント情けないやら…
こんなことこ茶子様に愚痴ったらダメですね笑
今日からまた頑張ります!笑
意外にペットと同居できるのは類だと思うのは私だけですかね?
甲斐甲斐しくやってるイメージです。
あきら…?とも思ったんですが、色んな始末やらが出来なさそうで笑
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0196】へ
  • 【My Sweet Lover 】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘