「だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに」

可愛いあひるの子

 ←愛してる、そばにいて0179 →お前だけ…ロックオン
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

~だから今日も I'm so happy~


 パーティっていうとロクな思い出がない。
 まあ、シチュエーション的に仕方がない状況ではあったんだけどね。
 類に誘われて参加することになったパーティ。
 無意識のうちに右見て左見て、いつもながら、注目度が半端ない…隣の人ね。
 見上げた視線の先、昔見た童話の王子様そのまんまみたいな人がそこにいる。
 普段のオヤジ青年が影を潜めて、「なに?」って柔らかく微笑まれるだけで赤面してしまう。
 …まいったなぁ。
 もう類に妙な幻想は抱いていないつもりなんだけど、やっぱり見惚れちゃうよね。
 「あ、牧野、ちょっと上向いて?」
 「え?」
 大きな手のひらが近づいてきて、頬にあてがわれてクイッて上向かされてしまう。
 …なになに?
 胸のドキドキ感が半端ない。
 わざわざ屈んで覗き込んでくる綺麗な顔とビー玉みたいな目の威力。
 ジッと見つめられるだけで、テンパちゃって、ここがどこで、何をしに来たのか、そんなことのすべてが頭から吹っ飛んでしまいそうだ。
 伏し目がちの睫毛の一本一本までもが見える距離に、内心ひ~!
 ま、まさか、この人、こんなところでとんでもないことするつもりじゃ…。
 今までだってあえて人前でイチャつくような人じゃないけど、人目を気にしないことだけは確かだから、何をされるかわかったもんじゃない。
 惚けてる場合じゃないでしょ、あたし!
 …コクリ。
 「あ、あのね?類」
 少しだけひんやりとした指先が耳たぶに触れて、
 「…ズレてる」
 「……………」
 ククッて、耳たぶを引っ張られたかと思ったら、あっさり手が離れてニッコリ。
 「イヤリング落とさなくて良かったね」
 「あ、ありがと」
 …か、勘違い?
 あっという間に、顔中に熱が集まってきて思わずあてた手に触れた頬が火照ったように熱い。
 ダメだと思えば思うほど、よけいに茹蛸みたいに赤くなって、自分でもどうしようもなくなってしまった。
 …さ、最悪。
 恥!
 「……ぷくく」
 「類?」
 少し離れた顔が、笑ってる。
 目尻に滲んだ涙を拭ってまで笑うこと?
 憮然としてるあたしの髪を撫でて、素早く頬にチュッ。
 「類ッ!」
 「…だって、期待したんでしょ?」
 「き、期待?」
 …み、見透かされちゃった?!
 さすがに体を起こした類があたしを促して、会場の中心へと歩き出す。
 「キス。落ちそうだったイヤリングを直してあげただけなのに、変な牧野」
 「っ!」
 悪戯っぽい横顔を見れば、確信犯なことなんて一目瞭然。
 この人は、またあたしをカラかって!
 ムカつくのに、どうせ勝てやしないんだからと、ぷくっと頬を膨らめて、睨むだけに留める。
 …まさかこんなところで、蹴り上げるわけにもいかないもんね。
 「でも、妙な緊張もとれたんじゃないの?」
 「え?」
 「牧野が思うほど、俺たち注目されたりしてないから」
 「………」
 さっきまで面白そうに笑っていた顔が苦笑して、小さく首を傾げる仕草に目を瞬いた。
 「凄い緊張してたからさ」
 「…そりゃするよ」
 ただでさえ異世界に飛び込んだアリス…はあれかもしれないけど、白鳥の群れに飛び込んだあひるみたいな気分なんだもん。
 白鳥の子があひるの群れの中では馴染めなかったように、どんなに白鳥のフリをしたってあひるはあひる、違和感なく溶け込むことなんてできるわけがないよ。
 「別に溶け込まなくってもいいんじゃないかな」
 「…は?」
 「ほら、そんな不安そうな顔をしない」
 不安そうな顔…と言われて、自分がどれだけ心細く思っているかを今更ながらに思い知らされた。
 でも、そんなこと言えない。
 類と付き合い続けるってことは、どうしてもこういう世界にも関わらざるえないんだから。
 「…ハァ」 
 それでもつい溜息が溢れてしまう。
 そんなあたしをジッと見下ろしていた類が小首を傾げた。
 「この前さ」
 「うん?」
 「一緒に動物園行ったじゃない?」
 …またこの人は。
 人が真面目に聞いていれば、いきなり脈略もない話を平然とし出すんだから。
 でも、脈略もない話……ではなかったらしい。
 真摯な眼差しであたしを見つめて、優しく微笑んでくれる。
 「社交界なんて、動物園みたいなものだよ」
 「………」
 「みんな白鳥みたいな顔して踊ってるかもしれないけど、あひるだって平気な顔で交じってるかもしれないし、そこには狐も狸もいて、司みたいな狼もいる」
 「…狼?」
 言いえて妙なたとえにクスリと笑ってしまった。
 「じゃあ、あんたはなんなの?」
 「ん~、怠惰な猫?」
 ぷくく、自分のことをよくわかってるんだと吹き出してしまう。
 ポンポンと小さく頭を叩いてくれて、料理のテーブルに案内される。
 「何食べる?」
 「えっとぉ」
 え、食べていいの?
 いや、いまさらだけど、あたしたちの他にお料理を食べてる人なんて、ほとんどいないよ?
 「好きなの食べな。どうせ、みんな挨拶回りや黒い世間話に忙しくて、ロクに食べないんだから。なにげに名の知れたシェフが作ってる逸品だからさ、まるっきり食べられないんじゃ、もったいないでしょ?」
 もちろん、類が『もったいない』なんて思ってるわけはなくて、それがあたしの気持ちを解きほぐすためのジョークなんだってことくらい、あたしにだってわかってる。
 「じゃあ、えっと、そこのお肉とエビと、サラダ」
 「了解」
 いつもは物臭な類が、手際よく料理を取り分けて、お皿を渡してくれる。
 …やっぱりこういうところサマになるんだよね。
 普段は怠惰な猫そのもので縦のものも横にしない怠け者。
 でも、あたしにとってはどんな類でも王子様で、憧れずにはいられないし…大好きな人。
 クッション抱えて、ゲラゲラ笑いながらバラエティ番組見ている類も好きだしね。
 「白鳥とあひるや鴨なんかが混成で泳いでることなんて、普通にあるんだからさ」

可愛いあひるの子

 「…は?」
 「狸と狐の中に、子ザルが紛れ込んでいても、誰も気にしないし、他人なんてどうでもいいじゃない?」
 「…類」



*****



 「ところで、子ザルってもしかして、あたしのこと?」
 に~っこり。
 「…………」



~FIN~



ハイビスカス(赤):常に新しい美、勇敢
赤いハイビスカス

【名誉を失っても、もともとなかったと思えば生きていける。財産を失ってもまたつくればよい。しかし勇気を失ったら、生きている値打ちがない。】
~ゲーテ(ドイツの詩人、小説家、劇作家 / 1749~1832) 参照 名言+Quotes

熊本(大分・宮崎)支援情報まとめ→http://www.aratana.jp/pray_for_kumamoto/




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0179】へ
  • 【お前だけ…ロックオン】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

類君またちくっと毒吐いてる…笑
でもこの毒があるから、つくしも対等に?!付き合えていると思うんですよねー。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0179】へ
  • 【お前だけ…ロックオン】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘