「だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに」
司①

リラックスタイム

 ←恋はやがて永遠に… →愛してる、そばにいて0172
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

~だから今日も I'm so happy~


 「ん~、面白かったぁ」
 ついつい手に汗握るアクションの連続に、テレビ画面に見入ったまま2時間が過ぎているのも気がつかずにいた。
 程よい弾力の心地よい高級ソファも、クッション抱えたニホンザルよろしくしゃがみこんだ状態でいたから、なにげにかなり疲れてしまったかも。
 …ま、充実?した2時間だったし、娯楽番組観てて疲れたとか文句言ってたら、その娯楽にさえ不自由してる人にタコ殴りにされちゃうよね。
 その等の娯楽にさえ不自由している人の塩梅はどうだと、書斎へと足を向ける。
 …まだ仕事中だったら、邪魔しちゃうだろうしな。
 見上げた時計は23時を回ってるから、時間的にはちょっと微妙な時間帯ではある。
 とりあえずは室内の様子でも探るかと、無駄に重厚な室内ドアに耳を当て、数秒後―――、
 「のわっ」 
 危うく横顔をドアにハッ倒されそうになってしまった。
 「……なにやってんだ、お前?」
 背中に疲労と暗雲を背負った男が、怪訝な顔であたしを見下し首を傾げていた。
 「なに?今日はもう終わり?」
 「いや、疲れて能率上がんねぇから、ちょっと休憩」
 「…ありゃりゃ」
 …あんたも因果な立場だよね、と言いかけて、さすがにこの状態の人間にそりゃないかと言葉を飲み込んだ。
 さっきまであたしがテレビを見て座っていたソファへと向かう道明寺の背中を見ながら、飲み物でも入れようかと居間を一望できる対面式のキッチンへと向かう。
 「何飲む?まだ仕事するなら、疲労回復のハーブティとかの方がいいのかな?」
 …たしか、この間、桜子が置いていってくれたよなぁ。
 「…ウィスキー、ロックでくれ」
 「は?まだ仕事するんでしょ?」 
 「いや、明日までにやんなきゃなんねえやつはとりあえずもうねぇから」
 …なんじゃそりゃ。
 ドカッと豪快にソファに腰を下ろした道明寺が大きくため息をついて、背もたれに仰向けるようにして寄りかかったまま片手で額を抑えて目を瞑った。
 そんなアンニュイな様子にははぁんと合点する。
 まあ、そりゃあね。
 一介のOLのあたしに、大企業の副社長が担っている仕事のことなんてわかりゃしないけどさ。
 これだけ長く付き合って、同棲してればそれなりにわかってくる。
 たぶん、明日、それなりに大事な商談の交渉か契約でも控えてプレッシャー抱えてるんだろうなってね。
 学生時代のやりたい放題、傍若無人な頃とは異なり、道明寺は凄く変わった。
 即断即決、大胆で自信家なところは変わらないけど、意外な程に慎重で勤勉な男になったと思う。
 …意外に生真面目だし、繊細っていうか神経質なところもあるんだよね。
 しょうがないんだから、もうっ。
 もちろんお酒なんて論外。 
 カフェインが含まれている飲み物は避けて、あたしが愛飲しているジュースをグラスに注ぐ。
 でも甘いものが苦手な道明寺のために、あたしが入れるよりハチミツは少なめにして冷水で割る。
 寝る前だったらホットの方がいいとは思うけど、お風呂にも入るだろうしね。
 うっは、酸っぱそう~。
 あまりに身動きしないので、寝入ってしまっているのかと思った道明寺が、あたしの歩み寄る気配に体を起こして振り向いた。
 「なんだ、それ」
 「アイスレモネード」

リラックスタイム

 案の定、あたしが差し出したジュースに顔を顰めて、受け取ろうとしない。
 「…お前なぁ」
 「疲れてるのに、寝酒なんて良くないよ。これはね、あたしが毎日生レモンを搾って作ってる、ビタミンCタップリの飲み物なんですからね!これ飲んで、お風呂にも入ってもう寝ちゃいなよ」
 「ハァ」
 「…別に今日はもういいんでしょ?仕事」
 仕方なさそうに一応はあたしからジュースは受け取ったものの、一向に飲みもせず、コーヒーテーブルにグラスを置いて、そこから動こうとしない男に顔を顰める。
 「そんな疲れた顔して、無理したってどうせもう能率なんて上がらないんだから。それくらいなら今日はもう辞めなって。明日に備えた方が絶対正しい」
 うんでもすんでもない疲れた男の隣に腰を下ろして、屈むようにしてその顔を覗き込む。
 そんなひどい顔した男に、誰が安心してついてくるのよ。
 「寝る」 
 「…うん!それがいいよ」
 よしよし、やっと納得したか。
 とはいえ、だいたい本人も自分が無理してるのがわかってるんだろな。
 実際に、あたしが言えば大抵言うこと聞いて、受け入れることが多かった。
 あたしもたいがいこいつの機微を理解してきたのもあるけど、本当に仕事が詰まってて手が離せない時には、そもそもマンション自体に帰ってこないし、あたしの意見を受け付けるような余裕がないのに書斎から出てくるってことはまずなかったから。
 ただ踏ん切りを付けるきっかけが欲しいんだよね。
 それをあたしが後押ししてあげるのが役目ってところなのかなぁ。
 …と。
 「ちょっと、ちょっとぉ。あんた、寝るんじゃなかったの?」 
 体の向きを変えたから立ち上がるのかと思えば、そのまま横倒しに寝っ転がってきて、あたしの膝の上に頭を乗せ出す。
 「風呂入る」
 「…なら、入ってこい」
 「少しだけ」
 「…もうっ、こんなところで寝ないでよ?」
 こんなところで寝ても疲れなんかとれるはずがない。
 聞くつもりがあるのか、ないのか、返事もせずに目を瞑って、片方の手であたしの手を握り締めてくる。
 目の下のクマやげっそりした顔を見てると、たぶん疲れもそうだけどストレスも相当で、今は甘えたいんだろうな、って諦めて、道明寺の言うとおりに少しこのまま寝かせてあげることにした。 
 …こういうシチュエーションも久しぶりだなぁ。
 くるくるの前髪が少し伸びて、眉にかかっているのを空いてる方の手で流して、そのまま瞑ってしまっている瞼の上に置く。
 手のひらの中でピクピクって瞼が少し動いて、長い睫毛がくすぐったくて笑い出してしまいそうになった。
 ああ~、なんだかあたしも和むぅ。
 穏やかな時間。
 高校時代のジェットコースターみたいな昔が嘘みたいに平和で、優しいこうした時間を積み重ねてあたしたちの今があるんだよね。
 昔だったら照れたと思うけど、それだけの時間を二人で重ねてきた。
 「よし!」
 「…な、なによ」
 人がせっかく?和んで見守りモードになってたというのに、いきなり掛け声をかけられ、びっくりと仰け反った。
 あたしの手を目の上からどかして、道明寺が体を起こす。
 この時間があっという間に終わってしまったのが、かなり残念な気がした。
 …ま、こいつは絶対に早く寝たほうがいいわけだしね。
 あたしの手を握ったまま、ソファから立ち上がると、コーヒーテーブルの上のレモネードを一気飲み。
 さすがに酸っぱかったみたいで顔を顰めていたけど、残さないところがこいつだよね。
 そして、それがひどく嬉しくて愛しい。
 「風呂入って寝るぞ」
 「…風呂入って寝るぞって」
 ニヤリと笑って、あたしの腕を引いてソファから引っ張り上げてくる。
 「ちょっ、なんであたしまで引っ張って行こうとするのよっ!」
 「つれねぇな、お前が風呂に入れって言ったんだろ?」
 「はあ?風呂に入れとは言ったけど、それであたしの手を引っ張ってゆくこととなんの関係があるのよ」
 こ、このパターンは…。
 「俺は疲れてる。お前、俺のことが心配で癒したいだろ?俺と一緒に風呂入って、俺の髪や体を洗えよ」
 「はああああ?」
 …心配で癒したいって、普通あんたが言うことじゃないんじゃないの?
 第一あんたと一緒に風呂に入って、髪や体を洗うだけで済むわけがないでしょうがっ。
 「だから、入らないって!やだ、ばかあ、うぎゃああああ!!」



*****



 次の日元気ハツラツで出勤していった道明寺を見送ったあたしは、会社を半休で休むハメになった。



~FIN~



ニッコウキスゲ:日々新たに、心安らぐ人
ニッコウキスゲ

【いいですか いくらのろくてもかまいませんよ たいせつなことは いつでも前をむいて 自分の道を歩くことですよ】
~相田みつを(日本の詩人、書家 / 1924~1991) 参照 名言+Quotes

熊本(大分・宮崎)支援情報まとめ→http://www.aratana.jp/pray_for_kumamoto/




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【恋はやがて永遠に…】へ
  • 【愛してる、そばにいて0172】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こういう日常いいですよね~!
つくしちゃんみたいに、機微をわかってあげられる人間になりたい!
深いところで繋がっているんだなーと伝わってきます♪
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【恋はやがて永遠に…】へ
  • 【愛してる、そばにいて0172】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘