「だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに」

可愛い彼女

 ←愛してる、そばにいて0171 →恋はやがて永遠に…
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

~だから今日も I'm so happy~


 雨の日の昼下がり。
 珍しく二人揃ってオフの休日。
 牧野とデートをしようって思ってたけど、生憎の雨で、家を出ることができなかった。
 まあ、俺としては全然それで構わないんだけど、いつもチョコマカと動いて、なにげにアクティブな牧野にしてみたら退屈なんだろうな。
 カーテン越し、外を眺めては溜息をついている。
 ほら、また…。
 「はぁ~」
 「退屈?」
 「えっ!?」
 「…溜息」
 キョトンと目を瞬かせた顔がついで苦笑して、へへへとバツが悪そうに指先で頬を掻いた。
 「あ、ごめん。辛気臭いよね?」
 「雨だけど、外出する?車だったら、別に雨でもそれなりに出かけ先に困らないでしょ?」
 「ん~、そうだねぇ」
 頷きはするけど、どうも乗り気じゃないみたい。
 「…でも、こんな日にわざわざ車出してもらうのって、なんだか運転手さんに申し訳ないよ」
 あげくにそんな変な心配をしているから、肩を竦めた。
 どうにも面白い番組もやっていないテレビのリモコンを手持ち無沙汰に弄んで、目的もなくチャンネルを回す。
 一人でいる時にはそれなりに面白いと思って観る番組も、牧野が興味を示してくれないからなんだかつまらない。
 特に憂鬱なわけでもないのに、つい牧野につられてハァ~とため息をついて、テレビのスイッチをオフにする。
 「…ごめん。類の方がつまんないよね?」
 「俺は牧野を見てれば楽しいし、一緒にいてくれるだけ嬉しいから別にいいけど、できたら楽しそうにしてくれればもっといいかな」
 「え~、な、なに言っちゃってんのよ!」
 一瞬きょとんとして、バッと赤くなった顔を牧野が片手で抑えて、盛んに照れてる。
 その顔が凄く可愛い。
 することして、もうそれなりにいろんなこともしている仲なのに、いつまでたってもウブくて、俺の何気ないセリフで顔を赤らめて嬉しそうにしてくれる彼女が好き。
 「本当のことだよ。じゃあさ、俺が運転するからドライブにでも行こうか?」
 「えっ!?」
 自分で運転する機会なんてそうそうないけど、俺も運転は嫌いじゃない。 
 「い、いい、いい、いい」
 今さっきまで恥ずかしそうにほんのりピンク色に色づいていた顔色が一気に青ざめた。
 …なに、それってどういうこと?
 「…なに、その反応」
 「あたし、まだ死にたくない!」
 「むぅ」
 運転はけっこう好きなのに、牧野とのデートでさえ俺が自分で運転しない理由の一つ。
 失礼だよね。
 これでも今まで一度も事故を起こしたことがない優良ドライバーだっていうのに、やたらと俺の身近な連中は俺の運転する車に乗りたがらない。
 まあ、運転する機会自体がないから、ペーパードライバーとほとんど変わらない状態とも言うけどさ。
 牧野なんて、乗りたがらないばかりか、俺にも運転するなと煩い。
 一度なんて、涙ぐんで抗議されちゃったからね。
 本来人の指図になんて従わない俺だけど、牧野にだけは弱いから、無理を通してまでという気にはなれなかった。
 …実はそのことを、とうの牧野だけは気が付いていないとかいうのには、苦笑するしかないんだけど。
 俺のムッとした顔に、牧野もちょっとは悪いと思ったのか、そそくさと俺の座っているソファの横に腰を下ろして、俺が今置いたばかりのテレビリモコンを取り上げた。 
 「テ、テレビ観よっか?」
 「…いいよ、牧野が観たいような番組、今やってなかったし?」
 「え~」
 本気で怒ってるわけじゃないけど、俺の機嫌を伺ってキョトキョト目を泳がせてる彼女の様子が可愛いから、ついつい意地悪してしまう。
 …こういうとこ、俺ってやっぱりSなのかもしれないね。
 普段、彼女のことを小動物とか、わざと牧野を怒らせるようなものにたとえてからかうのだって、本当に彼女がそういう動物に似ていると思ってるわけじゃない。
 …まあ、似てるなぁって思うこともなくはないんだけど、少なくても、牧野が思っているような容姿的な相似性じゃなくって、たとえばリスみたいに口いっぱいに食べ物を頬張って、もぐもぐ食べてる仕草とか、一生懸命に勢い込んで喋ってるところとかが、ご主人様にまとわりついて嬉しそうに懐いている子犬みたいだとか、そんな意味なんだよね。
 それはそれで、正直に言えば、また牧野に怒られること請け合い。
 「あ!そうだ。運転したいなら、Wiiしようよ!」

可愛い彼女

 「…Wii?」
 「そう、たしかまだマリオカートあったよね?」
 勝手知ったる俺の部屋。
 俺の返事も聞かないうちに、牧野がテレビの後ろの壁面収納を探り出す。
 「…凄いよねぇ」
 「ん?」
 「以前はホント、なんにもなくって殺風景な部屋だったのに、いつの間にか、こういう家具が増えたと思ったら、…なんか、いっぱしの?オタク部屋か何かみたいだよ」
 パカッと開けた収納一杯に収めたゲームソフトやら漫画を眺めて、呆れたように言ってくる。
 「何言ってんの?俺よりむしろ、牧野の方がそれで楽しんでるんでしょ?俺、テレビと本があれば十分だもん」
 あとはせいぜい、オーディオ関係くらいで、牧野がいない時に一人でゲームをするほどにはゲーム好きじゃない。
 「そ、それはそうなんだけど。あたしだって、スマホがあれば娯楽には困らないんだから、ちょっとやってみたいな、って言ったくらいでこんなに色々揃えなくても…」
 「いいじゃん?俺もたまに仕事持ち込んで、かまってあげられない時それなりにあるし。俺の都合で、部屋に閉じ込めて無為な時間を過ごさせちゃったりしてるんだから、退屈しのぎの物くらい置いておくよ」
 「…うう、嬉しいんだけどね」
 ま、どちらかといえば牧野はゲームよりも、漫画の方が好きみたいで、こっちの方は定期的に今人気の少女漫画やらレディースコミックやら、女性が好みそうなものを適当に入れ替えさせてる。
 なんでも、学生時代は漫画どころじゃなかったから、この年齢になってかなりハマってしまったらしい。
 「あ、あったあった、マリオカート!」
 「…いいけど、本当にやるの?」 
 正直、気が進まない。
 運転が好き=ゲームでも好きってわけじゃないし?
 それよりもなによりも…、
 「また、俺に負けて拗ねるんじゃないの?」
 「なっ!失礼なっ。どうして、やりもしないうちに初めから、あたしが負けるって決め付けてるわけ!?」
 「……いや」
 そりゃ、これまでの戦歴ってものがあるでしょ。
 それでも、一応は負けてあげようって気遣いが俺にだってないわけじゃない。
 が…。
 気遣いはあっても、元々他人に気を遣うって経験が少ないせいか、上手く負けてあげられないんだよね。
 わざと負けようとすると、絶対バレて、かえってムクれられてしまう。
 「とにかく!今日はいつものあたしとは一味違うんだからっ。…ふふふ、実は、つい最近、進が福引でWiiを当ててきたんだよね!」
 「…へぇ?」
 「さすがにWiiハンドルまでついていたわけじゃないけど、バッチリ練習して、進にも勝ったの、あたし」
 ふふん、と笑った顔が自信に満ちている。
 「今日はあたしが勝って、類の鼻を明かしてあげるんだから、妙な気を使って、手加減しようなんてことしないでよね!」



*****



 「そろそろご飯でも食べに行こうか?」
 「…………」
 「それともシェフに言って、屋敷のダイニングですませちゃう?」
 「…………」
 すっかり勝負に負けて膨れた牧野が、クッションを抱えてソファに蹲ってしまった。
 …だから、言ったのに。
 はぁ、意外に引きずるっていうか、こういう一面があるなんて、俺、最近まで知らなかったよ。
 でも考えてみれば、牧野ってかなり負けず嫌いで負けん気が強い性格してるか。
 思えば、そういう性格でもなければ、赤札貼られて頑張れたはずがなかった。
 ただ、俺に対してはそういう面をあからさまに見せることってあまりなかったから、逆に新鮮だし、こういう彼女も嫌いじゃない。
 「…ね?どうしたら許してくれる?」
 そっぽを向いてしまっている牧野の華奢な背中から抱きついて、顔を背けようとする顔を追いかけて覗き込む。
 「別に…類は何も悪くないでしょ?」
 「でも、気分を害させちゃったんだよね?」
 「……ちょっと悔しいだけだもん」
 …うっは。
 悔しそうに唇を噛み締めて、ウルウル目で睨んでくる牧野がすげぇ可愛い。
 チュッ、チュッと、耳元や頬、薄ら涙ぐんでいる目尻にキスを落とす。
 「どうして欲しい?」
 「………して?」
 「ん?」
 なんでもしてあげるよ、君が嬉しそうに笑ってくれるなら、それこそ俺は星をとってくることさえ厭わない。
 …なんて、そんな臭いこと平気で思えちゃう自分が我ながら笑える。
 でも、本気だった。
 彼女が望んでくれるなら。
 ちょっとだけ機嫌を直した彼女が、バツが悪そうに小さく笑って、おねだり目線の上目遣いで俺を伺う。
 「じゃ、今度は一緒にマリオパーティして?次こそ絶対に、あたしが勝つんだから!!」
 「…………」



~FIN~



紫陽花(白):寛容、広くて優しい心
白紫陽花

【失敗すればやり直せばいい。やり直してダメなら、もう一度工夫し、もう一度やり直せばいい。】
~松下幸之助(日本の実業家、発明家、パナソニック創業者 / 1894~1989) 参照 名言+Quotes

熊本(大分・宮崎)支援情報まとめ→http://www.aratana.jp/pray_for_kumamoto/




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0171】へ
  • 【恋はやがて永遠に…】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

…して?
なんておねだりの先が、まさかのマリオパーティーなんて想像しませんよね笑
類君の内心タメ息が伝わってきますよ笑
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0171】へ
  • 【恋はやがて永遠に…】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘