「だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに」
司①

Stay with you

 ←愛してる、そばにいて0169 →そんなある日の午後~普通の日
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************


~だから今日も I'm so happy~


 「わりぃ、ちょっと適当に暇潰してて?」
 「あ、うん」
 久しぶりのデートの約束で訪問した道明寺邸。
 居間に入ると、ソファの前のコーヒーテーブルにノートパソコンを置いて、何事か真剣な顔でキーを打っている道明寺の横顔。
 …ありゃ、あれか。
 あたしが来るまでのちょっとした時間に、と仕事を始めたら、手が離せなくなってしまったといういつものパターン。
 最初、外で待ち合わせしようと道明寺が言ってくれたんだけど、前日までドイツだかフランスに出張で、その前もほとんど深夜帰りとかいうハードスケジュールのこいつ。
 たまのオフくらいゆっくり休めばいいのに、デートしようと誘ってくれたから、少し遅めのスタートで、あたしがここまで出向くことにした。
 …でも、誘ってくれたことは嬉しいんだよね。
 それにあたしも道明寺に長い間逢えないと、寂しくて辛くて我慢できなくなってしまう。
 NYから約束どおり帰ってきてはくれたけど、立場が立場だから、いつも道明寺は忙しくて、そうそう気軽に会うことはできなくって…。
 道明寺の負担にはなりたくないっていつも思ってるけど、でもやっぱりあたしもこの人のことが好きなんだよね。
 我儘な心が願ってしまう。
 もっと逢いたい。
 もっとたくさんデートして、噂になったりする綺麗な人たちじゃなく、あたしのことが好きなんだってわからせてよって。
 彼ともっともっと、ずっと一緒にいたい。
 本音と遠慮がいつも天秤みたいに揺れ動いてる。
 だから、大変なんだろうな、ってわかっていても、道明寺から誘われると強く断れないし、嬉しい気持ちを抑えきれない。
 …どうしようかなぁ。
 今日は待ち合わせじゃなかったから、暇つぶしの単行本は持ってこなかったし、音が出るのは邪魔になるだろうからテレビはNGだよね。
 スマホがあれば大抵の娯楽にはなるから、ま、いっか。
 とりあえずは、とキョロキョロ、居場所を探して窓際に置いてあるローソファへと歩み寄る。
 中央にある道明寺がいるソファとは違って、コーヒーテーブルのかわりにそのまま床に寝転がっても良さそうなフロアマットが敷いてあって、やたらと広い居間にもう一つ、壁のない個室があるみたいだ。
 しかも、4畳半くらいのサイズのマットにはスリッパが置いてあるから、靴が脱げると喜々として上がり込む。
 …うふふ、やっぱ部屋の中でまで靴履いてるとか馴染まないよねぇ。
 っていうか、5年前はもちろんのこと、確か前回ここに来た時にはこんなものなかったよね?
 前回もたしかこんな感じで、出かける前に少し待たされて、邪魔にならないようにと広い部屋の片隅、ソファから持ち出したクッションを背もたれがわりに、出窓に腰掛けて暇を潰した覚えがあった。
 お行儀のことはともかくとして、出窓だとやはり座ることを前提に作られているわけではないから、当然座り心地は悪いし高さ的に安定が良くなくって、短時間とはいえけっこう疲れたなぁ。
 かといって、別室で暇を潰すくらいなら、たとえ会話をしないにしろ、道明寺と一緒の部屋で彼の気配を感じていたかった。
 はは…あたし、けっこう恋する乙女してるかも。
 一心不乱にパソコンに向かい合っている道明寺の横顔を眺めながら、ローソファに腰を下ろして、ソファの肘掛に立てかけられている数冊の雑誌に気がついた。
 旅行雑誌?
 珍しいな。
 仕事でどこか、また海外出張か何か出かけるのかな。
 どう見ても観光雑誌なのが解せないけど、道明寺のお母さんもホテルを経営してるくらいだから、リゾートホテルとかの開発や経営にも関わっていそうだもんね。
 人様の部屋でやるにはかなり図々しいけど、まあ道明寺は何も言わないだろうと、カウチポテトよろしくソファに寝転がって雑誌を広げる。
 えへへ、やっぱりソファでゴロゴロとかいいよねぇ。
 あたしの狭い部屋にはソファなんて置くスペースはとてもないけど、やっぱり憧れちゃうよ。
 まるで自分の部屋みたいにくつろいで、ソファに懐く。
 手持ち無沙汰に見るともなく、そこにあった旅行雑誌をパラパラと捲って暇を潰す。
 いいなぁ、旅行かぁ。
 もう随分行ってないよね、そういえば。
 高校に入ってからうちはああいう状態だったし、バイトバイトに追われて友達とどこかに行く余裕なんてずっとなかった。
 それでも、高校時代、道明寺と知り合ってからは、カナダだの南の島のリゾートだの、普通の女子高校生ではそうそう行く機会がないだろう場所にも連れて行ってもらったし、いろんな経験をさせてもらった。
 …いいことばかりじゃないけどさ。
 そんなことを考えながら、南国の青い空だの青い海、白い砂浜、それに美味しそうなフルーツだのに魅入ってしまっていた。

Stay with you

 うふふ、こんなところに道明寺と二人で行けたら楽しいだろうなぁ。
 「こんなところでのんびりできたら、素敵だよねぇ」
 ついいつの間にか、口に出して呟いてしまっていたらしい。
 「…ん?どこ」
 声と同時に、道明寺があたしに伸し掛るようにしてソファに割り込んでくる。
 「重いんですけど…」
 「体重全部乗っけてねぇだろ?」
 「狭いし」
 「そっかぁ?寝転がっても大丈夫なように、大きめのソファにしたから平気だろ?」
 …そりゃ、一人で寝転がるには十分な大きさだけどね。
 「このスペースいいだろ?好きにしてりゃあいいのに、俺が仕事してるとお前って遠慮して俺の近くによらないからさ」
 「えっ?ここもしかして、あたしのために設置してくれたの?」
 「おう、直にラグに寝転がってもいいぜ?お前の場合には、その方がいいだろ」
 見透かされている。
 なんだかなあ。
 こいつってこういうところ、優しいっていうか一途っていうか、…何も言えなくなってしまう。
 しっかし、それはそれとして、ベッドじゃないんだから、二人で寝転がるにはやっぱりかなり辛い。
 ピタッと密着してでもいないと、転がり落ちちゃいそう。
 「それがいいんだろ?」
 口にも出していないのに、あたしの思ってることを勝手に察して、ニヤニヤ笑いながら首筋に吸い付いてくる。
 チュッ。
 「もうっ。…で?仕事終わったの?」
 「ちょっと休憩」
 「はぁ?たしか、あんた今日空いてるから、デートしようって、あたしを呼び出したのよね?」
 「………今、やってるのが終わったら空く」
 「ハァ」
 …まったく。
 それなら、終わってから呼び出せばいいものを、待ってる間、あたし暇じゃん。
 溜息をつきつつ、雑誌にまた意識を戻す。
 「で、どこか気に入ったとこあった?」
 チュッ。
 「ん~、そうねぇ。やっぱり海が綺麗なところとかいいよね」
 「島?」
 「かなぁ?昔あんたに連れて行ってもらった島とかの景色、綺麗だったよねぇ。あたしにとってはどこもかしこも物珍しいけどさ」
 「ふぅん?」
 チュッ、チュッ、チュッ、チュウ。
 「やっぱり、あの海の透明度とか空の青さは、別世界って感じで、凄くリゾート気分に浸れるから…って、クスクス、やだ!あんた、さっきから、ちゅうちゅう吸い付いてきてくすぐったい」
 振り向いたあたしの口にキスしてこようとする道明寺の唇を手のひらで防いだら、今度はその手のひらにわざと大きな音を立てて吸い付かれてしまう。
 「いいじゃん」
 「いいことあるか」
 いやぁ、我ながら甘いなぁ…なんて、恋人とジャレあって、バカみたいなことを言い争いあって、クスクス笑い合う。
 近づいてくる唇を避けて、顔を引いたり横に反らしたり、また笑ったり。
 でも…甘く細められた熱っぽい目と合ってしまったら、その瞳の誘惑に視線を反らせなくなってしまって、自然に目が閉じていた。
 ちゅうぅぅぅ、ぽんっ!
 「ふっ」
 「…ぷっ」
 うふふ、はははと意味もなく笑い合って、もう一度だけキスをして、あやしく蠢いてきた手を今度こそ振り払う。
 「もうダメ!せっかくのお洗濯日和なのに、あんたが時間作れるって言ったから、あたしここに来たんだよ?さっさと仕事終わらせて、一緒に外に出かけよう?」
 目に力をこめて断固と言い切ったあたしに苦笑して、道明寺が渋々立ち上がる。
 「俺より洗濯かよ」
 「だから、今日はあんたを優先してあげたでしょ?」
 「へいへい」
 ぼやきつつも、あたしの言葉に従って戻ってくれる道明寺に、嬉しさと楽しさがこみ上げてまたクスクス笑いが溢れてしまう。
 …あ~、幸せだな、なんて?
 「ああ、そうだ」
 「ん?なぁに?」
 突然、何かを思い出したように道明寺が振り返る。
 綺麗な人が優しく笑うと、本当に凄い破壊力なんだなぁって、実感できる本当に素敵な笑顔。
 「来月、俺、1週間ほどまとまったオフがとれそうだから」
 ガバッ。
 あんまりに驚いて、思わず起き上がっちゃった。
 「え?ホント?!」
 「おう、お前もその頃、夏休みだよな?久しぶりに、二人でどっか旅行にでも行こうぜ?」
 「うわあぁっ」
 嬉しすぎて、幸せすぎて、ニヤけた顔が戻らない。
 思わずソファに座ったまま、ぴょんぴょんと跳ねてしまった。
 「ぷ、ガキか、お前は。俺が仕事してる間に、行きたいところ、それ見てピックアップしておけよ?」
 道明寺も、まるであたしの顔をそっくり映したような幸せそうな顔でクシャリと笑った。



 …あ、でもバイトどうしよう。



~FIN~



ベルフラワー:楽しいおしゃべり、誠実、感謝
ベルフラワー

【人の世に道は一つということはない。道は百も千も万もある。】
~坂本龍馬(江戸時代末期の志士、土佐藩郷士 / 1836~1867) 参照 名言+Quotes

熊本(大分・宮崎)支援情報まとめ→http://www.aratana.jp/pray_for_kumamoto/




web拍手 by FC2



※Stay with you=君といる
関連記事
総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0169】へ
  • 【そんなある日の午後~普通の日】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

バイトは休みましょう笑
彼の部屋に彼女の私物や、彼女のための物が増えていくって嬉しいですよね♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0169】へ
  • 【そんなある日の午後~普通の日】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘