「だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに」
司①

恋の病に薬なし

 ←君の笑顔が花咲くように… →72億分の1の奇跡
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

~だから今日も I'm so happy~


 「えっ、あんたまさかその状態でシャワー浴びるつもりなの?」
 季節外れのインフルエンザをもらったとかで、日頃の過労もあったんだと思う。
 鬼の霍乱というにはかなりひどい状態で、たしかに解熱剤の効果で熱は37度まで下がってるけど、ゲッソリ窶れた顔をみれば、とても回復したとは言い難い状態。
 なのに―――、
 フラつく体でトイレにでも向かうのかと思えば、おもむろにパジャマの上下を脱ぎだして、シャワー室へ。
 グラッと倒れ掛かった体を慌てて支えれば、案の定、まだまだ地熱があって、フラつくのも当たり前だと呆れてしまった。
 「まったく、お風呂くらい入らなくたって死にゃしないわよ。無茶はやめなって」
 「いいから、放っておけよ」
 言いだしたら聞かないのは、昔からだから仕方がないと諦める。
 「ね、せめてお風呂はやめなさいよ?ささっとお湯で汗を流すだけで十分でしょ?」
 「…ああ」
 いつもはなんだかんだと減らず口を叩く口も、あまり憎まれ口も言う気分ではないのか、一応は素直に頷いている。

恋の病に薬なし

 肩を貸して浴槽のヘリに座らせて、汗でピッタリ体に張り付いてしまっているランニングや、パンツを脱ぐのを手伝ってあげる。
 いつもは甘いコロンの香りだけで、ほとんど汗の臭いなんて感じないのに、ムッと濃いこいつ自身の体臭と汗の匂いに頭がクラクラした。
 「…くせぇ?」
 「えっ!」
 フテくされたような拗ねたよな、最近ではあまりしなくなったどこか子供っぽい表情で、道明寺が見上げてくる。
 熱で潤んだ目が頼りなげで…どこか色っぽい。 
 …び、美形って、こういう時にもすごい破壊力あるのね。
 とかとか、我ながらこいつ相手になに言ってんだかって、思考に一人照れてテンパった。
 「えっと…だ、大丈夫だよ。あんた元々体臭濃い方じゃないし…その…」
 「……?」
 ジ~っと見つめられて、知らず顔が赤らんでくるのを自覚してしまう。
 …な、何意識してんのよ、病人に。
 しかも、長年付き合ってて、いまさらな男なんだよね。
 「なに?」
 「その…あたし、あんたの匂い、嫌いじゃない…し」
 一瞬目を瞬かせて、何を言われたのか理解していなかったみたいだけど、すぐにその言葉の意味がわかったらしく、ニヤリと笑って悪い顔。
 気のせいか、さっきより覇気が戻ってきてる?
 元々野獣並みの体力持ってるヤツだから、一度調子が上がってくればあっという間に回復しちゃってもおかしくはない。
 「へぇ?嫌いじゃない?」
 「……ほらっ、お湯流しちゃうよ?…って、ちょっと!?」
 シャワーヘッドを掴んで、首のあたりからお湯を流してあげようと伸ばした手を掴まれて、そのまま広い胸元に引き倒されるようにして、引き寄せられ間近で顔を覗き込まれた。
 「俺の匂い、嫌いじゃない?」
 「……そうよ。なによ、臭いとでも言われたいの?」
 「そうじゃねぇだろ、素直になれよ」
 見透かした揶揄る顔が凄いムカつくけど、一応相手は病人なんだからと自分を宥める。
 「…また熱出ても知らないから」
 「お前が素直に言えばいいだけだろ?」
 …この駄々っ子め。
 それでも甘くねだる眼差しに意地を張りきれない。
 「……ぃ」
 「あ?」
 「けっこう好きっていうか」
 「けっこう?」
 この野郎、病人だと思って調子に乗りやがってっ!
 ギッと睨んでやるけど、もちろんどこ吹く風で、これも惚れた弱味、病気のぶり返しが怖くて、仕方なく敵の要求に応じてやる。
 「だ、か、ら!あんたの匂いは大!好きだから、全然平気。もうっ、これで満足?!」
 「すげぇ満足。俺もお前の匂いすげぇ好き」
 すごい嬉しそうな満面の笑顔。
 もうここまで来ると、ガキっていうより、ほとんどワンコの域?
 でかい図体の犬がわっさわっさと尻尾を振っているイメージがふいに脳裏に浮かび上がって、吹き出してしまいそうになってしまった。
 だいたい具合悪いくせに、なんなのよねぇ、こいつのこの無邪気さって。
 たわいないことで喜んでいる男の顔に、毒気も抜かれて苦笑した。
 ニヤけて緩んだ手を振り払って、さっさと事務的にシャワーのお湯を体にかけてあげる。
 「ほらっ、汗流してあげるから。ちゃっちゃっとベッドに戻るわよ!」
 …もう夏も目前っていう季節だから、まだいいものの。
 冬だったら、絶対に阻止していた。
 「で?」
 「……で?」
 なにが、で?なのよ、なにが、と伸び上がって棚上に置いてあるバスタオルに手を伸ばしながら、振り返って聞き返す。
 「お前、どこまで世話してくれんの?」
 「どこまで?」
 どこまでってそりゃあ、ここまでやったんだから、体も拭いて、ベッドまでまた連れて行ってあげるわよ。
 「なに?一人で立てそうもないってこと?」
 「ちげぇよ」
 困ったような含んだ苦笑いに、なんだなんだと首を傾げていたら、おもむろにバスタオルを羽織らせようと伸ばした手を掴まれて、またも引き寄せられてしまった。
 「ちょっと、いいかげんにしなさいよ。また調子に乗って………ぎゃっ!」
 無理やり手を押し当てられた先、逞しい腰に巻いたバスタオルを持ち上げるこんもりとした熱い小山の感触に飛び上がる。
 「こんなんなっちまったんだけど、お前責任とってなんとかしてくれる?」




*****



 「うぎゃあああああぁぁぁ!この変態っ!!あんたいったい何考えてるのよっ」
 ガッコーンッ!!
 「いってぇぇぇ!!」
 広いお風呂場に道明寺の悲鳴が谺した。



~FIN~



赤いバラの蕾:純粋な愛に染まる
赤バラの蕾

【わたしたちは踏みなれた生活の軌道から放りだされると、もうだめだ、と思います。が、実際はそこに、ようやく新しいものが始まるのです。生命のある間は幸福があります。】
~トルストイ(ロシアの小説家、思想家 / 1828~1910) 参照 名言+Quotes

熊本(大分・宮崎)支援情報まとめ→http://www.aratana.jp/pray_for_kumamoto/




web拍手 by FC2





※なんの内容もない上に、普通に?お下劣なオチですみませんm_ _m
関連記事
総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【君の笑顔が花咲くように…】へ
  • 【72億分の1の奇跡】へ

~ Comment ~

あはは、こんな風に?さらっと読めるラブな日常も大好きです!
大型犬がぶんぶん尻尾振ってるの可愛いじゃないですか♪
つくしの前だけ無邪気な少年っぽさを見せる司大好きですよ!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【君の笑顔が花咲くように…】へ
  • 【72億分の1の奇跡】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘