「だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに」

今日から、明日も明後日も。

 ←愛してる、そばにいて0155 →愛はすべてを克服できるか!?
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

~だから今日も I'm so happy~


 『あ~、やだなぁ、雨降りそう。傘持ってきてないのに困っちゃう』
 ふいに別れ際そんなことを言っていた牧野の声が蘇って、傘を片手にこうして待ってる俺は、総二郎に言わせると忠犬ハチ公ってやつなのかも。
 でも、俺は別にそれでもいいかなぁって、ぼんやり落ちてくる水滴を眺めてそんなことを思う。
 「あれ?類?」
 玄関から出てきた牧野が驚いたように俺を見上げて、小首を傾げた。
 なんだかいつもよりも女の子らしくて、可愛い彼女の格好にドキッなのか、ズキッなのかわからない胸の痛みに内心呻く。
 飾らない牧野が好き。
 オシャレした彼女も嫌いじゃない。
 でも、そんなふうに蛹が蝶へと羽化するように変わってゆくあんたに、俺はいつも焦って不安になってしまう。 
 いつか、蝶のように俺の元から飛び立っていってしまうんじゃないか、なんて。
 俺の元もなにも、元々あんたは俺のモノなんかじゃないのにね。
 「類?」
 「雨」
 「え?」
 「雨、降ってきたから」
 「あ、本当だ。やっぱり降ってきちゃったんだ」
 片手のひらを外に伸ばして、はぁっと溜息。
 「牧野って雨嫌いだよね」
 「まあ…。それより、類はどうしたの?類って、今日午前中だけで午後の講義なかったよね」
 「うん。でも、牧野が傘持ってないって言ってたから」
 「は?」
 カタコトの俺の言葉に、目をまん丸にしてる。
 いつも俺に、『ドーブツって言わないで』なんて苦情を言うけど、そうしてる顔がマンマなんだもん、しょうがないよね。
 でも、それを俺が指摘して、ぷんぷん怒っちゃう彼女のフクれた顔が可愛いとか思って、わざと怒らせる俺もなにげに性格悪いかも。
 柔らかそうなぷくぷくの頬っぺたとか、ちょこんと控えめに小作りな顔に乗った小さな鼻とか、いつもはほとんどヌードなのにプルンとした唇とか、ついつい触れたくなってしまう衝動を抑えるかわりに、そんな意地悪をして自分と牧野を誤魔化す。
 俺が可愛いって言ったら、あんたどうする?
 俺が触れたら、きっとあんた困った顔するよね。
 俺がまだ今も、違うか、前よりもずっとずっとあんたのことが好きだって言っても逃げないでくれる?
 でも今はまだ、このあんたに一番近くて居心地のいい‘親友’っていうポジションを失いたくなくって、臆病な俺はどんなアクションもとることもできずに牧野を促して歩き出す。
 「行こ」
 「え?もしかして、あたしを待っててくれたの?」
 慌てて小走りについてきた牧野が濡れないように、傘を傾けて、少しだけはみ出してしまった肩を抱き寄せた。
 「ちょっ!」
 焦って体を離そうとする牧野の華奢な肩を抱いていた手になおさらグッと力を込める。
 「せっかく傘持って待ってたのに、濡れちゃうじゃん」
 「わざわざ待っててくれたのに、傘は一本だけなの?」
 「うん」
 「うんって、花沢類ったら」
 あいかわらず不思議ちゃんなんだから、とかいうわけのわからないボヤきを無視して、空を見上げる。
 真っ黒な雲が空を覆い隠して、いかにも憂鬱な雨空だけど、俺は嫌いじゃない。
 どこまでも降れ降れ、もっと降れ。
 そうしたら、こうやっていつまでも彼女と一緒に一つの傘で歩いていられるから。
 「どうして車じゃなかったの?」
 「だって、車で送って行くって行っても、乗ってくれないでしょ?」
 「そりゃまあ、車で行くほどの距離じゃないもん」
 いつもそのパターン。
 「いいよ、俺、歩くの嫌いじゃないし」
 「こんな雨の日なのに?」
 「雨も嫌いじゃないよ」
 むしろ好きかもしれない。
 「バイトが終わるまでにやんでくれてればいいなあ」
 「バイトの帰りも待ってるよ」
 「はは、さすがにそれは」
 あんたは苦笑してるけど、俺は本気。
 あんたがいないとやりたいことも思いつかないし、他にしたことなんてないんだ。
 ただクルクル変わるあんたの顔を見て、あんたが見てるものを一緒に楽しんで、あんたの楽しそうな声を聞いて、ただこうして歩くのが一番好き。
 「帰りはね」
 「うん?」
 「バイト先に置き傘が置いてあるから、大丈夫。それに、えっとバイト先の子と、バイトが終わった後にちょっと約束があるし」
 「………」
 つまらない。
 とたんになくなってしまった理由に、ムッと小さく唇を尖らせる。
 「あ、ここでいいよ。ありがとう、花沢類」
 手を振って店の軒先へとかけてゆく牧野の後ろ姿を憮然と見送った。
 「牧野!」
 「あ、小島さん」
 そんな風に、出くわした牧野と似たような年格好の女の子ときゃいきゃいハシャギ合ってるのに苦笑して踵を返す。
 …さあ、帰って何しようかな。
 テレビを見る?
 もういっそ眠っちゃう?
 それもいいかも。
 そうしたら、早く明日が来て、あんたに会えるから。
 「今日の約束忘れないでよ」
 「あ~」
 「さんざんこれまで誘っても来てくれなかった牧野さんが、来てくれるっていうから張り切ってメンバー集めたんだから。期待してよ、今日の合コン」
 「こ、小島さん」
 焦ったような牧野の声。
 気がついたら駆け出してしまっていた。
 店内へと消えてゆこうとしていた牧野の肩をぐいっと掴んで引き止める。
 「る、類?」
 驚いたように唖然としている彼女の零れ落ちそうな大きな目をジッと見下ろして、懇願する。
 「行かないで」
 「え?」
 「合コンなんて行くなよ」
 「…類」
 「あんたのことが好きなんだ」

今日も、明日も明後日も。


 目を見開いて絶句している牧野の耳元に唇を寄せてもう一度囁く。
 「あんたが好き。俺をあんたの彼氏にして?」




*****




 茹で蛸みたいになりながら、ブーブー言ってる牧野の手を握って歩く雨の日の夕方。
 嫌いじゃなかった雨の日が、今日から俺は大好きになった。
 「も、もうっ!あんた往来で、あ、あんなこと言うなんて!!信じられないっ」
 しきりに照れて、しきりに悪態をついてるけど、でもいいよ。
 あんたも言ってくれたから。
 『あたしも、類が好き。あたしもあんたの彼女になりたい』
ってさ。



~FIN~



ハナミズキ:私の想いを受けてください
ハナミズキ

【一つひとつの悲しみには意味がある。時には思いもよらない意味が。どんな悲しみであろうと、それはこのうえなく大切なもの。太陽がいつも朝を連れて来てくれるように、それは確かなことなのですよ。】
~エラ・ウィーラー・ウィルコックス(米国の女性作家、詩人 / 1850~1919) 参照 名言+Quotes

熊本(大分・宮崎)支援情報まとめ→http://www.aratana.jp/pray_for_kumamoto/




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0155】へ
  • 【愛はすべてを克服できるか!?】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

つづき

いつも楽しませて頂いています

Love Love な続きが見たいです 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ぎゃーーー!!!
や、やられた…
かっこよすぎです、類…
決めるときは決める。
その判断を間違わない類に完敗…
ドギマギキュンキュンさせていただきました!
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0155】へ
  • 【愛はすべてを克服できるか!?】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘