「愛してる、そばにいて」
第3章 風になる日④

愛してる、そばにいて0201

 ←愛してる、そばにいて0200 →Will you marry me?
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「そんなこと言われなかった。あの人はそんなこと言ってなかったっ」
 「………」
 「第一、そんなことを受け入れられるはずないじゃないっ!?」
 「そうですか?」
 問い返す桜子の言葉が、あまりに本気で問いかけているようで、つくしはガーンと頭を殴られたような衝撃に、思わずぐっと唇を噛み締め、涙がこみ上げそうな目で桜子を睨みつけた。
 「はぁ、先輩、唇を噛み締めないでください。傷ついてしまいますよ?」 
 自分が爆弾を投下したというのに、相対する桜子はどこまでも冷静で、つくしの激情を一顧だにしていない。
 「あ、あんたは、あたしが、あたしがあいつのことを憎んでいるのは、フリだとでもいうわけ?」
 「…どうでしょう」
 「全部が全部、あんたに話せたわけじゃない。でも、あたしがどれだけあいつのことを憎んでるか。…恨んでるか、胸を切り開いてこのあたしの思いのすべてをあんたに見せるられたらって思うわよ」
 「恨んでいらっしゃるのを疑っているわけではありませんよ」
 小さく息をつき、桜子がつくしから顔を反らして、車の窓の外へと視線を流す。
 「でも、人は日常の中に憎しみや哀しみを埋没させられる生き物ですからね」
 「………」
 「慣れることができるんです。小さな優しさや温もり、愛情に負けて、すべてを水に流すことすらできてしまう。ましてや、先輩、あなたは…なおさら。そんな風に短い付き合いの私でさえも思えてしまえる人なんですよね」
 「…桜子」
 「逆に私はそういうもので、すべてを忘れたり赦したり出来ない人間です。たとえ今が幸せなのだとしても、どうしても過去の遺恨が蘇ってしまうし、悔しさを堪えることなんてとてもできない。執念深いんでしょうね。執念深くて、未練がましい。おそらく道明寺さんも私と同じ人種でしょう。そんな私たちと先輩を同列に考えることなんて、とてもできないんですよ」
 何をどう言っていいのかわからない。
 けっして桜子がつくしを蔑んだり侮ったりしているわけではないのは理解できたが、それでも彼女の憎悪や怨嗟を信じていないのはなんとなくだが感じられた。
 「それに、愛しているからといって憎まないわけではないように、憎んでいるからといって愛せないわけじゃない」
 「……っ」
 呟きは密やかで、だがハッキリとつくしの耳にも届いていた。
 …なんでよ。
 …どうしてよ。
 そう思う傍らで、たしかに以前のように司を憎む一方で、他の何をも見ないでいることはできない自分をも自覚していた。
 彼もまた一人の人間であり、愛情や温もりを持ち、誰かに優しくしたり何かを哀しんだり、苦悩を抱え、幸福を求める一人の人間に過ぎないことを知ってしまったように思う。
 気づきたくなかった。
 ただただ、彼を憎み恨んで…嫌い続けていたかった。
 ホンの少しでも彼に対して、情を感じたくなどなかったというのに。
 …あたしはまたあの時の二の舞を踏もうとしているの?
 何度虐げられても、苦しめられても、バカで愚かな自分は、憎み続けることすらできずに、また新たな不幸を生み出そうとしているのか。
 …絶対にそんなのイヤ。
 「楓社長が本当のところ、何を画策されるおつもりなのか、私には測りかねます。でも」
 「……桜子?」
 「もしかしたら」
 「もしかしたら?」
 怪訝に問い返す。
 「もしかしたら…ただ、試してみたかっただけなのかもしれない、そんなことを思うんです」
 「試すって何を?」
 つくしにはわからない。
 会社のために、我が子さえも切り捨てる覚悟を示したあの怜悧な女性が、自分を使って何を試そうとしているかなど。
 少しだけ逡巡したようにいいあぐねて、結局まとまりを付けることができなかったのか、桜子はただただ横に首を振った。
 「それは…いえ、考えすぎでしょう。鉄の女と言われる女性に感傷などあるはずもありませんね」
 「桜子」
 「そんな顔をなさらないでください。はぐらかしたわけではありません」
 そうは言われてもつくしには、桜子が何かを含んで隠しているようにしか思えなかった。
 …あの人の意図って何?
 このまま、ただ流されるままで、今度は楓の思う壷なのではないだろうか。
 その思う壷が果たして何かわからない以上、つくしには抗いようもないのだが、今は、楓が自分を邪魔に思っている…という一点に置いて、利害が一致していることに重きを置かざる得なかった。
 「…あたし、何をしたらいいんだろう」
 改めてそう思う。
 「何をとは?」
 「あんたやあいつのお母さんが、あたしと同じように道明寺と離婚することを望んでいるのはわかってる。でも、信じてついて行っていいのかな」
 「それしかないでしょうね。信じられるか、信じられないかはともかく、今先輩が、道明寺さんから自由になるために力になれるとしたら、楓社長以外他にいるとは思えません」
 「………あの人はあたしに何をさせたいの?」
 桜子が揶揄るような憐れむような、そして複雑な笑みを浮かべ肩を竦める。 
 「先ほど私が言ったじゃありませんか」
 「え?」
 「道明寺さんの願望…先輩が道明寺さんを再び受け入れ、愛して…今の立場から逃げようとしないで留まると安心させる」
 「!?」
 「先輩が逃げようとすればするだけ、拒絶すればするだけムキにさせてしまうでしょうし、用心して囲いこもうとするでしょうね。今の道明寺さんにはそれしかないのだから。でもそれでは、ダメなんですよ。毒を盛るには、相手の懐奥深く…密やかに気づかれないように、画策しなくては。謀って待て、…そう言われたんでしたわよね?ようはそういうことなんだと思います。先輩には、どこまでの覚悟がおありになるんでしょうね。望みを叶えるためにはあらゆる苦痛や、困難を飲み込んで汚泥に塗れる覚悟がなければ。綺麗なままでいようなんて、甘いことでは道明寺さんから逃れることなど夢のまた夢。あらゆる犠牲を払っても自由になりたい…ぜひとも先輩がそう望んでくださることを、私は願ってやみません」




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0200】へ
  • 【Will you marry me?】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

今日も短編更新ありがとうございます!
こちらのお話は次にまたターニングポイントが来そうでわくわくドキドキして次回更新を楽しみにしています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0200】へ
  • 【Will you marry me?】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク