「愛してる、そばにいて」
第3章 風になる日③

愛してる、そばにいて0199

 ←ハートKiss →愛してる、そばにいて0200
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「なるほど、最近の先輩はリア充されてるというわけですね」
 「…リア充って、それ使い方間違ってると思う」
 いつものお茶の手習いの帰り道。
 基本、桜子も道明寺家の車で西門邸への送迎をしてもらって、時間や都合が合えば、どちらかの屋敷にも寄り道をしてお茶をする。
 稀に都合が合わず、初日の時のように行きが別々になることもあった。
 「お茶だけでなく、語学や経済、過去通信大学で履修されていた科目の勉強もされているんですよね?」
 「まあ、なにをしたらいいのかわからないし、どこまであたしの記憶があるのかないのか、そこも確かめたかったからね」
 少しづつではあるが、勉強を再開していた。
 それは以前のつくしがしていたように新たな知識の吸収、若奥様修行の一環などではなかったが、楓の示唆のとおり、自分のできることできないことを知り、また望むことを達成するためにはどうしても必要なことだと自分でも判断したからだった。
 ただ桜子の揶揄るような視線の意味は、つくし自身も自覚していることだったから、むしろ自分こそが疚しさを感じていたのかもしれない。
 まるで桜子は葛藤するつくしの自我の半身を象徴するように、常に彼女の中の矛盾と困惑を指摘して、ともすれば流されてしまいそうな彼女をあるべき道筋へと引き戻してくれる存在ともなっていた。
 あえて核心を突くことなく、桜子がその成果を尋ねてくる。
 「それでどうなんですか?記憶喪失にはいくつかタイプがあると聞き及んでいますけど?」
 つくしも自分なりに調べられることは調べてみた。
 医師の説明だけでは、納得できないこともあったからだ。
 つくしの場合は、ある時期からこれまでの記憶のすべてを忘れてしまう持続性全生活史健忘というタイプで、その後その失われた記憶を取り戻し、逆に失っていた間の記憶を喪失してしまったという…いわゆる逆行性健忘へと移行した特殊なもの。
 短期間であればそれなりに事例があるらしいが、彼女の場合は10年という歳月にわたっていて、専門家である医師でさえも、まだまだ解明されていない部分が多いという脳の問題だった。
 「以前のように自分が誰かわからないことは今の場合ないんだけど、前回の記憶喪失だった期間にあったことや出会った人のことはいっさい思い出せない」
 「ええ」
 「でも、昔は触ったこともないタイプの携帯電話のスマートフォンも普通に取り扱えるし、以前のあたしだったら習ったこともないテーブルマナーもなぜかできちゃっているの」
 意識してのことではない。
 むしろ意識してしまうと、できるものもできなくなってしまう。
 ‘Do you have time for tea?(お茶をする時間あります?)’
 ‘Yes,I don't have any particular plans.(うん、特にこれといった予定ないし)'  なにげなく問いかけられ、それになにげなく応対して、ふいに気が付く。
 「今…」
 「ま、英語くらいは日本でも中等教育で普通に習いますしね。先輩は一番フランスが長かったんでしたっけ?」
 「…あ~、たぶん?」
 それこそ覚えていない。
 たしか、アメリカで数年過ごした後は、戒をフランスで出産したと聞いていたはずで、少し前まではスイス在住だったとか。
 「えっとさ、一応、語学関係は大丈夫みたいなんだよね」
 「みたい?」
 自分でも曖昧な言い方になってしまっているとわかっているが、そうとしか言い様がないのだ。
 フランス語だの、ドイツ語を話せる自覚などほぼ皆無なのに、いざ先ほどのように話しかけられば、日本語で会話するように意識せずとも自然に受け答えできてしまう。
 日本語の中に不意に交じる和製英語のように、違和感なく理解できる。
 「自分でもそこのところはよくわからないんだけど、自分でできることとできないことを忘れているだけで、いざ、直面するとそれなりにちゃんとできてたりするみたいで、この間もほら、パーティ参加したじゃない?」
 「ええ、M&Iカンパニーと日相研の事業提携祝賀パーティですね?」
 もうパーティなどには参加したくないと、美作商事主催のパーティで懲りたはずだったが、その後も必ずではなかったけれど、それなりに司のパートナーとして参加していた。 こんなことがいったい自分にとってなんになるのかという思いもなくはなかったけれど、どんな場所であっても世界が広がることによって、萎縮していた心と気持ちが立て直されてゆくのを自覚したからだ。 
 …道明寺邸だけが世界じゃない。
 そして彼女は水槽の中でなければ生きていけない脆弱な生き物などでもなかった。
 「西門さんに誘われて…初めてダンスをしたんだけど、意外にも足を踏まずに踊れたんだよね」
 「ふふ、あの時は見ものでしたわよ」
 なにを思ったのか、上品に手を口元にあてた桜子がぷっと吹き出して、コロコロ笑い出す。
 なにを笑われたのかわからなくて、つくしは目を瞬かせて小首を傾げた。 
 「えっと、あたし的には特に失敗はしてなかったつもりなんだけど、やっぱりなんかおかしいことしてた?」
 「あら」
 大真面目に問いかけてくるつくしに苦笑して、桜子が首を横に振って否定する。
 「違いますよ。先輩は不慣れた場所でよくやってらした…というか、初めて?の時はさすがにキョロキョロしたりして、違和感バリバリでしたけど、その後は堂々としたもので、さすがは道明寺家の若奥様然としてらっしゃいますから、安心なさってください」
 「…ありがと?」
 褒められたのだろうが、それはそれで素直に喜べるものではなかったから、つくしとしては複雑だ。
 「道明寺さんですよ」
 「へ?」
 「先輩が西門さんのリードで踊ってらした時、たまたま近くで道明寺さんのお顔を拝見してたのですけど、凄い顔をしてらっしゃいましたよ?」
 「すごい顔?」
 司が美形なのは、彼を好いていないつくしでさえ認める事実だ。
 いまさらなにを言っているのかと、怪訝に見つめるつくしの顔がおかしいとまた桜子が笑い出す。
 「ホント、先輩って鈍いっていうか。本当にお分かりにならないんですか?」
 「鈍くて悪かったわね」
 桜子が辛辣な女だとわかっていて付き合っていても、のらりくらりと甚振られると、本当のことでもムクれたくなってくる。
 「もうっ、子供じゃないんだから拗ねないでください。……嫉妬です」
 「は?嫉妬?」
 「嫉妬して、悋気も顕に先輩たちを睨んでたんですよ。とても怖くて、でも凄まじく美しい横顔でしたわ。私、前から思ってましたけれど、美しい男性の嫉妬した顔って、なんだかゾクゾクして、とても色っぽいものなんですのね」




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【ハートKiss】へ
  • 【愛してる、そばにいて0200】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ハートKiss】へ
  • 【愛してる、そばにいて0200】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘