「愛してる、そばにいて」
第3章 風になる日③

愛してる、そばにいて0183

 ←愛してる、そばにいて0182 →愛してる、そばにいて0184
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 つくしは何度も小さく深呼吸を繰り返し、息を整えた。
 そうでもしなければ、この目の前の強大な人物に対抗し得る力が根こそぎに奪われてしまいそうだったからだ。
 もう一度だけ長く息を吐き出して、唇を舐めたつくしがそれでもなんとか言葉を絞り出す。
 「それは、あたしに対する警告ってことですか?よけいな反発はやめて、心から夫である道明寺…あなたの息子におもねって、妻にしてもらった幸運を喜んでいろとでも?」
 その言葉に、楓はいかにも意外なことを聞いたとばかりに目を見開き、口元に手をあてクスリと笑う。
 もちろん、そんな表情さえも彼女のパフォーマンスの1つにすぎないのかもしれない。
 しかし、その薄笑いにはあきらかな憐れみが含まれ、怖気て縮こまりかけていたつくしのカンに触って、彼女本来の意気地を発奮させた。
 自分を睨むつくしに、楓が微苦笑する。
 「ふふふ、そう。私の言葉をあなたはそうとったのね?」
 「………」
 「そうだとすれば、あなたは案外頭が悪いのかしら?」
 「嬲るのはやめてください」
 甚振られるのはもうたくさんだ。
 さすがに楓も、つくしが笑えるような気分ではないのは理解していたのだろう。
 すぐに表情を戻して、脇に置いてあったファイルをつくしへと差し出す。
 「なんですか?」
 「あなたに差し上げるわ」
 楓に目で促され、つくしがファイルを手に取り中を確認する。
 それはこれまで…この10年間つくしが学んできたことの記録やその評価、また道明寺夫人として関わってきた活動に関する報告書だった。
 「これ…」
 「今のあなたには、必要なものなのではなくって?戦うには武器が必要。そして何より、自分には何が出来て何ができないのか、自分自身を知ることこそが、もっとも重要なことなのではないかしら?」
 「………」
 腕時計を確認する楓の顔を、つくしがジッと見据える。
 その真意を見定るために…。
 だが、この目の前の、巨大企業に君臨する女帝の心中を見極めるには、今のつくしにはあまりにも荷が重く、計り知る術さえもないのだ。
 「あなたは今、何もされていないそうね?」
 叱責だろうか?
 いや、そうではなかった。
 「それで本当によろしいの?」
 「…どういう意味ですか?」
 「よけいな反発はやめて、心から夫である司におもねって、妻にしてもらった幸運を喜ぶ。そんな人生をあなたは受け入れた、そういうことなのかしら?」
 「っ!?」 
 今度はハッキリとした嘲りだった。 
 「道明寺司の妻として、生涯過ごすつもりでいらっしゃるの?と聞いているのよ」
 「ありえないっ!」
 叫んだのは衝動。
 けれどもちろん、それは衝動なはずがなかった。
 …解放されたい。
 …本当の自分を生きたい。 
 ずっと、ずっと…本当にずっと、司に囚われたその日から、願い続けたただ一つの悲願。
 「それならば、学びなさい。そして、謀って機会を待つべきです」
 「………え?」 
 「だたむやみに反発して目を塞ぎ、耳を塞いで沈黙していてなんになるというの?状況が周囲からあなたの都合の良い方に変わってゆくとでも?」
 自分でもわかっていた。 
 けれど、だからといって具体的にどうすればいいというのか。
 今の自分には、昔に比べればわずかにとはいえ、味方と言える人間がいる。
 しかしそれで、どう司に対抗してゆくべきなのか、また果たしてそんなことが本当にできるのかさえわからなかったのだ。
 またたとえ、奇跡的にでも司から逃れられたとして、自分はどこへ行けばいいのだろう。
 これからどうして生きてゆけばいいのか、皆目見当もつかなかった。
 このままでは、彼女の父母がそうであるように、正しく司に寄生して生きているのも同然になってしまう。
 そう思いつつ、つくしは日々を無為に過ごすだけで何もしてこなかった。
 それを楓が糾弾している。
 司の母親が。
 かつて彼女が救いを求めた唯一の人物。
 「あなたの望みは何?私があなたに力を貸すと言ったら、あなたは私に何を訴え、求めるのかしら?」 
 「解放を」 
 「………」
 「道明寺からあたしを解放してください。あなたの息子と離婚して、自由になりたい」
 「………」
 「………」
 沈黙が続いたのは、おそらくホンのわずかな時間に過ぎなかっただろう。
 「そろそろ時間ね」 
 夢から覚めた気がした。
 だが柔らかく笑む楓の顔に、つくしは確信する。
 それをこそ…つくしの離婚を望む言葉をこそ、楓も望んでいたのだと。
 それはそうだ。
 これまでもさんざん聞いてはいなかったか。
 庶民出身のつくしを楓は疎んじて、夫婦の仲を裂くべくさまざまな画策を行ってきた人物だと。 
 …そうだ。この人にとって、あたしは目の上のたん瘤だったんだ。
 「いずれあらためて、お会いするわ。今は、あなたからその言葉を聞けただけで十分」
 「…離婚させていただけますか?」 
 「それは私が決めることではないし、どうにかできるものでもないわ。あなたも…司も、もう未成年ではないの。親が干渉できる年齢でもないし、今の司は私でさえも容易にどうにかできる存在ではないのだから」
 「………」
 楓の言葉に、つくしはぐっと手のひらを握り締める。
 楓はつくしにとって最後の希望の綱。
 楓ならば、強固に縛り付けられたつくしの鎖を解き放つ力があると信じ込んでいた。
 だが考えてみれば楓の言うとおり、今の司が少年の頃とは異なり自分自身の権力を持っていたとしてもおかしくはなかったし、第一つくしの自覚はともかくとして、今の彼らはもう立派な成人なのだ。
 「けれど、力になることはできるし、ぜひともあなたにも協力して欲しい」
 ハッとつくしが顔をあげる。
 すでに楓は席を立っていた。
 その横顔にはなぜか複雑なものが浮かんでいた。
 彼女の思惑どおりにことは運んでいるはずなのに、楓の顔がどこか哀しげで苦しげに見えるのは、つくしの気のせいなのだろうか。
 「…結局、司は負けたというわけね」
 「え?」
 ―――賭けに。
 しかし、楓はあえてその先を言わない。
 恋も愛も、本来道明寺財閥の次期総帥となるべき者には、初めから必要なものではなかったのだから。
 ホンの少し今楓が感じている感情は感傷に過ぎない。
 あまりに幸せそうだった息子の柔らかい笑顔がふいに過ぎって、楓は自嘲した。
 …どちらにせよ。
 どちらにせよ、今のつくしの目には、かけらとも司への愛情など見受けられなかった。
 その目の冷たさが、本来ないはずの楓の感傷を呼び覚ましただけのことだろう。
 「機会を作りたいなら、相手を油断させること。それがどんな交渉事でも、勝負でも重要なのは同じことです。あなたが司から離れたいと本当に思っているのであれば、反発するのではなく、表向き司を受け入れなさい。そして学びなさい」
 「それってっ」
 「あなたと司が夫婦であることは既成の事実です。そして、司には黒も白とする力がある。私の力が必要だというのなら、私の忠告に従うこと。それが絶対です」
 「………」
 黙り込んだつくしをいちべつし、楓が部屋の出口へと向かう。
 「ああ、そうでした」
 「……?」
 「あなたは香水をつけてらっしゃらないのね?」 
 「え?」
 思わぬ問いかけ。
 元々そんな習慣はつくしにはなかった。
 司などは男性でもコロンを身につけているくらいだ。
 思い起こせば、英徳の生徒たちもそんな生徒が多かったように思う。
 …セレブのおしゃれってわけ?
 「以前には司がプレゼントした香水をつけていたようだけれど、そうね、今度は私からあなたにプレゼントしてよ?後で届けさせるから、それをお使いなさい」




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0182】へ
  • 【愛してる、そばにいて0184】へ

~ Comment ~

NoTitle

毎日更新本当ありがとうございます。
この回の楓社長はなんだか素敵ですね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0182】へ
  • 【愛してる、そばにいて0184】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘