「愛してる、そばにいて」
第3章 風になる日③

愛してる、そばにいて0180

 ←Orz →キスして、そして囁いて…
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「なんのことかしら?」
 惚ける態度は何十年ものだかの年季ものだ。
 司も大概狐と狸の化かし合いには慣れたものだが、今、この母親と不毛な化かし合いをする気にはなれなかった。
 だから、一言だけ。
 「よけいな干渉はいいかげんにしてくれ」
 「私が一言、聞いただけであれこれ言い出すなんて、よほどあなたには後暗いことでもあるのではないかと穿ちたくなってしまうわね」
 「…聞いてるんだろ?」
 「つくしさんのことね」
 今度は楓もシラを切ることはやめたようだ。
 「愚息のやってきた事柄の中でももっとも愚劣で、とんでもない災厄。誤魔化し続けて…10年。さすがの私も、あなたの逃げ切り勝ちかと呆れていたところですよ」
 「…………」
 「それで?私が10年前にあなたに言ったことをまた繰り返せば、今度こそあなたは忠告に従うのかしら?」
 「…いや」
 「それなら私から言うことは何もないわ。あなたのその目を見れば、何も言わずともわかりますもの。ただ…そうね、それでもあえて言うのなら、一度綻びた策略は、けっして繕いなおすことなどできないものよ。必ず破綻する。あなたの破滅か、あるいはつくしさんの、それとももしかしたら、この道明寺財閥の崩壊へと繋がるかもしれないわ」
 「……ふ」
 とんだ妄想だ、とは司も言わない。
 母親の危惧することはありえないことではないし、それをこそ恐れて、10年前の楓は司の犯罪を見て見ぬふりをしたのだ。
 「これだけは言っておきます。あなた自身が、自分自身の愚かさや脆弱さゆえに自ら滅びるにせよ、この道明寺を道連れにすることだけは赦しません」
 「あんたならそう言うと思ってた。なら、なおさらのことよけいな手出しはしない方がいいぜ?俺は実際、今でも10年前とそう変わってるわけじゃない」
 「………」 
 「俺はあいつらのためなら、何を捨ててもかわまない。あいつを俺から取り上げようとするなら、この道明寺ごとブッ潰すことも厭わねぇよ。俺にはあいつや戒以上に大切なものも、必要なものも何一つない。守るものが多いヤツほど、勝負には勝てねぇものだろ?」
 手元のファイルから顔を上げた楓の顔は、まったく表情を変えていなかった。
 ただ自分によく似た…だが妄執に憑かれて、青白く窶れた息子の顔を、怜悧な眼差しでジッと見据えるばかりだ。
 「我が息子ながら、痛々しいものね」
 「はっ?」
 嘲る口調ではなく、楓の声音はむしろ憐れむように優しかったが、だからこそ司の耳にはなおいっそう嘲りに聞こえた。
 「まあ、いいわ。そんなことを話したくて、あなたをここに呼んだわけではありません。とりあえず、襲撃事件に関するあなたの対処の仕方を、私も支持します。ただでさえ世間の心象が悪い今、せっかく世論も沈静化しているというのに、再び騒がせる元になるだろう事件を、この時期に公表するのは得策ではありません」
 楓の言葉に、司は皮肉に笑んで黙礼する。
 「後、屋敷にですが…」
 「…………」 
 「2,3用事があったので、帰るつもりだったのですけれど、あまり歓迎されそうにもないですわね」
 いわずもがな、だ。
 もちろん、司に楓の帰宅を阻止する権限も権利もなかったから、どうしても屋敷に戻ってつくしに接触すると言うのなら、このまま母親に先回りして、つくしや戒を連れて外泊するつもりだった。
 我ながら子供じみた怯懦だが、今あの状態のつくしを楓に会わせたくなかった。
 …会ったからって、ババアに何ができるわけでもねぇ。
 以前のように、つくしが楓に助けを求めようとしたとしても、もう未成年の頃でもなく、また既成事実がある以上、母親には何もできないだろうし、つくしに味方するメリットもないだろう。
 おそらく楓とつくしの利害が一致するとすれば、‘離婚’の一点だっただろうが、司には離婚の意思がない以上、いくら楓といえどゴリ押しなどできるはずもないし、そうであれば下手に司のへそを曲げさせるようなマネをするとも思えなかった。
 それでも…、弱味を敵対者に見せないのは当たり前のことで、楓こそ司にとっての最大の敵対者なのだ。
 もちろん、それを楓もわかっている。
 「とりあえず今回は、時間もないことですし、屋敷にはよらないわ。それでよろしいかしら?」 
 「…ああ」
 安堵?微塵もない。 
 だがとりあえずは、無意味で、無様な行動はしなくて済みそうだ。
 「じゃあ、俺はこれで失礼する」
 「ええ、ではまたいずれ。つくしさんや戒にもよろしく言ってちょうだい」
 楓らしからぬ世辞に、フンと鼻を鳴らし、司は踵を返す。
 が―――、
 「司」
 「………」
 呼びかけられた声に無言で振り返れば、組んだ両手に顎を乗せ、楓の何食わぬ横顔。
 呼ばれたと思ったのは気のせいだったかと、今度こそ司が部屋を出かける。
 「顔色が悪いわ。休息も経営者としての重要な義務よ。自己管理なさい」
 それは上司としての言葉だったのか、あるいは…。
 …バカバカしい。
 この女に母親の情などあるはずもない。
 「ええ。肝に銘じておきます。社長」
 今度こそ司は、部屋を退出した。




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【Orz】へ
  • 【キスして、そして囁いて…】へ

~ Comment ~

NoTitle

更新ありがとうございます。
楓&つくしの対面で何かが動き出すと思ったのですが、今回は無いのですね。。残念。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【Orz】へ
  • 【キスして、そして囁いて…】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘