「愛してる、そばにいて」
第3章 風になる日②

愛してる、そばにいて0170

 ←そんなある日の午後~普通の日 →ビビディ・バビディ・ブー
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「先輩を騙したりはしません」
 にわかには信じ難い言葉。
 けれど、不思議にその昏い眼差しの奥…影を帯びた目のどこかに、つくしは桜子を信じられる何かを見つけていた。
 …なんだろう。
 それはもしかしたら、つくしの自惚れにすぎなかったのかもしれない。
 しかし、言うなれば桜子のつくしへの‘好意’。
 桜子自身は、利害の一致という言い方をしたが、なぜか桜子がつくしをけっして嫌っていない、それどころかそこはかとない好意をあきらかに滲ませているように感じられたのだ。
 …どうして?
 ほとんど初対面に近い。
 だが、その初対面の時ですらそうだったのだと、あらためて気が付く。
 「…信じてくださらなくてもかまいません。けれど、私があなたの力になる存在だと、そう認識してくださっていればかまわないんです」
 信じる…とはまだ言えない。
 しかし、
 「あたしにどうしろと言うの?」
 「なにも…」
 「なにも?」
 意外な言葉に、つくしは目を瞠り瞬かせる。
 「私が言うべきことは特にはありません。ただ、先輩の望みが私の望み。けれど、先輩が道明寺さんに惑わされて、その望みを失くしてしまわれることだけは避けたいんです」
 つくしの望み。
 そんなのは決まっている。
 道明寺家を出る。
 永遠に道明寺司の手から逃れ、自分の…牧野つくしの人生を取り戻す、それだけが今の彼女の望みの全てだった。
 だが、それが具体的にどうすれば果たされるのか、あるいはどういった状態であれば、その望みを達成できたことになるのか、今のつくしには五里霧中で、いまだ一歩を踏み出すことさえ出来ていない。
 いや、今やっと一歩踏み出せたところだったといえよう。
 桜子の導きによって。
 司が作り出して、つくしがあがくことを忘れ、出口を探さずに諦めていた迷宮から、抜け出すためのすべを模索して、今この場に。
 司が離婚に応じてくれないことは、つくしもわかっている。
 それは単なる彼女の推測や疑念などではなく、ハッキリと司本人の口から宣言されてしまっていたし、態度も物語っていた。
 反面、離婚の可否を除けば、今のところ何一つ無理強いはされていない。
 過去の司の所業を思えば、今の彼は信じられないくらいに紳士的だ。
 どうかすると、つくしの中の記憶の方こそ悪夢の生んだ妄想なのではないかと、彼女が自分を疑ってしまうほどに司は変わり、つくしへの対応や態度もまるで違っている。
 けれど、それでも…司の異常な執着が、つくしへの束縛が、その悪夢が現実のものなのだと彼女に証明していた。
 「道明寺さんは魅力的な男性です」
 「あんな男っ!」
 反駁しようとしたつくしに、桜子は自分の唇に指をあててみせ、周囲をチラリ、チラリと見回して、衆人の目があると無言で諭す。
 「客観的な評価ですよ。実際、先輩もそう感じられたことがあるんじゃないですか?」
 「……そんなこと」
 ないと言えただろうか。
 否定する言葉が、存外に小さな声だった気がして、つくしは密かに動揺した。
 彼を魅力的だと、たとえ恨んで憎んでいてさえも、思わずにいられる女が果たしてこの世にいるのかと、桜子の目がつくしの内心を見透かしていたから。
 「あいつはあたしにひどいことをしたの」
 「ええ」
 「だから…、どんなことがあってもあたしはあいつを赦せないし、赦したくもない。絶対に赦したりはできないのよ」
 震える肩を自分の両腕で抱きしめ、グッと泣き出したいような情動を堪え、つくしは唇を噛み締めた。
 その言葉は我ながらどこか空々しく、自分に言い聞かせるようではなかったか?
 しかし、今、目の前にいる司が過去とはまるで別人のようだったからといって、だからどうだというのだろう。
 何食わぬ顔で彼女を騙し、搾取し続け、そして今もなお夫ヅラで彼女を束縛し続けている。
 たとえ、過去、記憶を失ったつくしが、そんな司に騙されて彼を愛した事実があろうとも、そんな年月は夢幻…司の生み出した悪夢に過ぎない。
 …実態なんかない。
 そこに戒という…一つの結果が生み出されてしまったことが、つくしの混迷を深め、迷いを生む原因の一つになってしまってはいるが、それでも、司を赦し今の現状を許容することは‘牧野つくし’としてのアイディンティティの崩壊を意味する。
 …‘道明寺つくし’なんて現実の存在じゃなかったんだよ。
 つくしの心は、いくつもの相反する想いに千々に惑い混乱していた。
 だが、そんな彼女に桜子は言う。
 まるで宣託の巫女のこどき怜悧さと…無慈悲さで。
 「けっして道明寺さんを、赦さないでください。そして、自由になって」
 「桜子?」 
 「見てください」
 桜子が大広間の人々へと手を向け、つくしを差し招く。 
 「虚飾の世界。煌びやかで美しいのは見た目ばかりで、実際には、人の憎悪と悲喜交々の感情が渦巻く場所です。先輩はここをどう思われましたか?」
 「……」 
 「この場所にも、先輩の軌跡があって、この10年間のあなたがいるはずなんです」
 「10年間のあたし」
 「ええ。でも、それは道明寺さんがあなたを囲っておくために創った檻の一つだった。私は思うんです。檻に囚われた野生の獣は、その世界で囚われているうちに、いつしかそれが当たり前になって、外の世界こそを夢幻だと錯覚してしまうのではないのかと。そして、少しでも広い場所、安らかな場所を見せられると、そこだけがあたかもその獣にとっての唯一安全な場所であり、自分にとってすべてであると勘違いして抗うことを忘れてしまう」
 言わずもがな、桜子が言う囚われた獣とはつくしのことで、今の彼女の状態を揶揄したものなのだろう。
 「ここは本当にあなたの世界ですか?あなたがいたいと思える場所ですか?」
 …ここはあたしのいるべき世界ではない。こんなところにいたいとは思えない。
 答えは簡単だった。
 「ううん、違う。あたしは、こんなところにいたいとは微塵も思えない」
 「道明寺邸は?」 
 「絶対に違うわ」 
 「それなら、今の現実を…あなたが置かれている場所がどのようなところなのか、道明寺司が本当はどんな男なのか、あなたはもっと直視して見るべきです。道明寺さんの創り出した檻に甘んじて微睡むのではなく、現実を見て、機会を待たなければ」
 「…現実を見て、機会を待つ」
 かつて、そうしてつくしは過酷な現実を耐えたのではなかったのか。
 自由への渇望を覆い隠し、解放へのチャンスを待った。
 ―――敗れ去ったけれど。
 「ええ。きっといずれチャンスは巡って来るはずですよ」
 けれど、今度はあの時とは違う。
 味方がいる。
 …一人じゃない。




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【そんなある日の午後~普通の日】へ
  • 【ビビディ・バビディ・ブー】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

更新ありがとうございます!やっぱ桜子さんのキャラ大好きです。
これから道明寺に対して、どうどんでん返しが来るのかが楽しみで仕方がないです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【そんなある日の午後~普通の日】へ
  • 【ビビディ・バビディ・ブー】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘