FC2ブログ

「愛してる、そばにいて」
第3章 風になる日②

愛してる、そばにいて0161

 ←幸せ100%+α →よくあることだけどSHOCK!!
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 さすがにさっきの今で、つくしの代わりに手を繋がせたり、纏わりつくほどには懐きはしなかったが、桜子が話しかければ愛想よく笑って返事をするくらいには戒も彼女に馴染んだようだ。
 …さすがミッキー。
 戒は自分の腰元につけてもらったキーホルダーを矯めつ眇めつ、超ご機嫌で、片手をつくしに繋がれていなかったら、ミッキーに見入ったまま立ち止まってその場を動かなかったかもしれない。
 「事故に遭われたことは、美作さんから小耳に挟んでいましたが。まさか、そんなことになっていたなんて」
 いまいちまだ桜子の自分に対する親密度がわからず、とりあえずは簡単に端折った説明…階段から落ちて事故にあったことと、そのせいでここしばらくの記憶が一時的にか、混乱しているようなことを、つくしは相手の理解度を図りつつ話してみた。
 結果…むしろ察しのいい桜子にボロボロと、かなり詳しいところまで感づかれてしまったようだ。
 「そうだったんですか、どおりで何度メールしても電話してもナシの礫だったってわけですね」
 「…えっと、そのぉ、そうなんです。ごめんなさい」
 知らない人間だらけの携帯のアドレスだ。
 それらが疎ましくて、突然にそうした知らない人たちに連絡を受けてしまうことがイヤで、かといってそれらのアドレスを消去してしまう勇気が持てずに、結局着信拒否という消極的な解決方法をとっていた。
 「……………」
 気を悪くしたのか、それともショックだったのか、俯いて黙り込んでしまった桜子の様子に、慌ててしまう。
 「あ、あの?三条さん?」
 …だったよね?
 フッと小さく笑った桜子が、気持ちを立て直したように顔をあげて、つくしへとにっこり微笑んだ。
 「桜子、と呼んでください」 
 「桜子…さん?」
 「さん、はいりません。もちろん、敬語も。以前の先輩にもそうお願いしたんですが、中々他人行儀を崩してくださらなくって。道明寺家の若奥様ですし、そう簡単には気を許してはくださらないのかな、と寂しく思っていたんですけど」
 「…………」
 道明寺の若奥様、今のつくしに必ずついてまわる呼称に、戒の手を握っていない方の手をギュッと握りしめ、手のひらに爪を立てる。
 「桜子さん、…いえ、桜子はあたしと親しかったの?」
 おや、と小さく表情を変えた桜子は、だがなにも言わない。
 「そうですね。先輩が日本に帰っていらしてからの縁ですが、時々お茶をご一緒したり、お買いものに付き合っていただいたりしましたよ?仲良くしていただく…途中というところでしたかしら」
 美作商事の次期社長であるあきらの婚約者だ。
 さすがに立ち振る舞いや仕草は上品で物柔らかだったが、その美貌や生まれ育ちにも関わらず、桜子本人はかなりサバサバした性格らしく、ざっくばらんで気さくだった。
 …英徳のお嬢様連中とは、ちょっと違うかも?
 そんなつくしの感慨をまるで読み取ったかのように、英徳の名前が桜子の口から飛び出した。
 「私、英徳の卒業生なんですよ」
 「え?」
 「先輩よりも一学年下に、先輩が在学当時も英徳に在籍していました」
 「…………」
 「もちろん、赤札のことも知っています」




*****




 「いつかこの日が来ることは、俺にもわかってたことだからな」
 「…司」
 「さすがに、俺と一緒にいた10年間のことを、代わりに忘れられちまうとは思ってもいなかったけど」
 司の顔は、えも言われぬ苦痛に引き歪んで、絶望、失望、悲哀、悲嘆、それらすべて人間の苦悩そのものを体現しているかのようだった。
 …こいつがこんな顔をするなんて。
 ―――他人なんて知るか。
 手に触れるもの、目にするものすべてにイラついて、どんなものを手にしても満足することなく、他人に当たることで自分を維持して君臨していた男がただ人になった。
 一人の女を愛して、その女と彼女が産んでくれた息子を大切にして日々を過ごし、毎日にアクセクしながら家族を守って、それこそが幸福だと笑っていた。
 「昔のことを忘れて俺と一緒にいた間も、以前の牧野が完全に消えてしまっていたわけではないように、今のあいつの中にも、俺を愛してくれていたあいつがいるはずなんだ」
 「牧野に、お前の女房だった頃の記憶が戻ることを待ってるのか」
 「ああ」
 「…司」
 弱々しく、小さく微笑むらしくない表情。
 傲岸不遜で、それだけの地位・能力、そして魅力を持って、常に周囲を圧倒してきたこの男に、そんな顔をさせることができるのはこの世でただ一人。
 「思い出しても、お前を赦さねぇかもしれねぇぞ」
 あきらだとて二人のすべての経緯を知っているわけではなかったけれど、高校時代のつくしの司への憎悪を知っていた。
 苦悩に染めた顔を翳らせ、親友の暴挙を擁護したあきらや総二郎を糾弾した。
 『あんたらだけが人間じゃないっていうのにね。道明寺があたしのことをペット扱いしてるのと同じで、あんたらも、仲間内以外は人間だとも思ってないんじゃないの?あたしなんて道端の雑草?小石?目障りだったら蹴り散らせばいい?あたしにも感情があるなんて、思いもしないんでしょ?』
 あの日の叫びを無視してしまった結果が…今ここにある。
 友への友愛と勘違いした、傲慢と怠慢、そして卑劣が、親友自身とその彼が愛した女の人生を歪めてしまったのだ。
 …俺もまた罪人か。
 かつてのハツラツとした少女の面影もなく、病みつかれて怯えていたつくしの姿があきらの脳裏に蘇える。
 周囲の耳目を気にして、それでも声を潜めて…、
 「…それでも、赦されなかったらどうする?お前との10年間を思い出した牧野が、それでもお前を赦さないと、憎悪して離婚してくれと言われたらどうするつもりだ?」




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【幸せ100%+α】へ
  • 【よくあることだけどSHOCK!!】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【幸せ100%+α】へ
  • 【よくあることだけどSHOCK!!】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク