「愛してる、そばにいて」
第3章 風になる日②

愛してる、そばにいて0153

 ←はっぴぃ、きゃっぴぃ →もっと、ずっと…いつの日も
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 てっきり以後の予定をすべてキャンセルして、屋敷に真っ直ぐに帰るものと思っていたつくしの予測は見事に外れていた。
 司が向かったのは、ディズニーランドの門前に堂々とそびえ建つ施設附属の高級ホテル。
 驚いて立ち尽くす彼女に首を傾げ、
 「…おぶるか?」
 「え?あ…いやいやいや、大丈夫だから」
 危うくホテルのど真ん中でおんぶされそうになってしまった。
 そんなことになってしまったら、いくら時間的にまだ人通りが少ないとはいえ、あまりに恥ずかしすぎる。
 …というか、こいつ、恥ずかしかったりしないわけ?
 元々人目など気にしない男ではあるが、見栄っ張りなところもあったはずだし、学生時代ならともかくいまや世間でも名の知れた著名人なのだ。
 外聞とか考えないのだろうか。
 いくら妻とは言え、いかにも高級スーツを着こなしたセレブ然とした男が、女をおんぶして歩くなど外聞が悪いだろう。
 ここは海外ではない。
 日本なのだ。
 あるいは大人物を通り越して、さらには厚顔無恥をも通り抜けてしまったに違いない。
 とりあえずは強引に事を運ばれてしまう前にと、足を進めれば、司も無理強いすることはなかった。
 元々ディナーはディズニーランド近くのホテルのレストランでする予定ではあったのだけれど、明日には司も早朝から会議があって、宿泊するつもりではなかったはず。
 にも関わらず、天下の道明寺財閥次期総帥の威光なのだろう、急な利用にも、支配人自ら下にも置かぬ対応で、特に渋られることなく客室へと案内された。
 しかし、パーク内の混雑具合からして、さすがにホテル側もおいそれとは急な依頼に応じることが難しかったらしく、、用意されたのは司にしてはこぢんまりとした一室。
 もちろんつくし的には十分豪華な作りで、さすがにディズニーリゾートの付属ホテル、乙女チックな内装にうっとり。
 場所を移したことや、キャラクターグッズに囲まれたホテル内の非現実的な空間と雰囲気が、ちょうど良い彼女の気分転換になったようだ。
 ホテルに着いて、司が部屋の用意の交渉を終えるまではどうしても緊張が解けていなかったつくしも、いつの間にかリラックスして、完全ではないにしても、パークホテルの異世界を楽しむ余裕が戻り始めていた。
 「可愛い」
 「…狭めぇな」
 真逆に近い感想で、当然それぞれについたため息はまるで反対の意味なのだろう。 
 「申し訳ございません。本日は時期的にも繁忙期でして、好天気に恵まれ、突発的に訪問されたお客様も多数で空き室のご用意が間に合いませんでしたので」
 それでもスウィートルームには違いない。
 揉み手の支配人の恐縮とは裏腹に、部屋のスペック自体は最高級だった。
 「わっ、すご~い、ここからパーク内が一望できるんだぁ」
 何気なく手持ち無沙汰にバルコニーの外を眺めて、つくしが驚きに明るい歓声を上げる。
 そんな彼女の輝いた顔を見て、憮然としていた司の不満顔も晴れ、手のひと振りで随伴していた支配人を追い払う。
 「では、ごゆっくりファンタジアの世界をご堪能ください。明日の朝はこちらでルームサービスを…ということでしたので、当ホテルより道明寺様への歓迎の意を表しまして、特別なブレックファーストをご用意しております」
 「特別なブレックファースト?」
 司は片眉を上げただけだが、つくしが反応して、バルコニーの外の景色から意識を戻して支配人へと聞き返す。
 「はい、朝食を食べながらパークのイメージキャラクターたちと会えるというキャラクターブレックファースト、通称キャラブレのことでございますよ、奥様」
 『奥様』の呼称には内心顔を顰めて、だがその素敵なイベントの予告につくしが胸を躍らせる。
 現金なことにさっきまでの、どこか鬱々とした気分も吹き飛ぶ嬉しさだ。
 「もしご希望であれば、お好きなキャラクターを呼ぶことも可能ですが?」
 ついキラキラした期待の目で司を見上げてしまう。
 「言ってみれば?」
 司は半ば呆れているようだったが、特にバカにするでもなく、好きにしろと促される。
 「えっと、じゃあ、ミッキーとミニーで。デイジーとかもダメですよね?」
 ミッキーの名前にはわずかに支配人の眉根が寄った気がしたが、あっさりと快諾してくれた。
 「大丈夫です、たしかに承りました。では、ごゆっくりお寛ぎください」
 退出してゆく支配人を見送って、ついニマニマと笑ってしまっているつくしを見下ろし、司が肩を竦めた。
 だが、険しくなりがちだった司の表情も、すっかり緊張が解けて和んで表情が和らいでいる。
 「嬉しそうだな」
 「嬉しいよ。…あたし、ここのホテルに泊まるのって初めて」
 「へぇ?」
 「あんたは…って、ディズニーランドに来るのも初めてなんだっけ?」
 「いや、俺は初めてじゃねぇよ。ここのは俺も今回が初めてだが、ガキの頃にカルフォルニアとフロリダのは行ったことあるな」
 「はあ~?」
 やはりスケールが違う。
 「ま、戒も喜ぶんじゃねぇの?」
 「…あ」
 うっかり戒のことを忘れていた。
 自己嫌悪。
 やはりまだまだ母親としての自覚が足りないのかもしれない。
 しかし、落ち込む間もなくチャイムが鳴らされ、司が対応に出る。
 間もなく…、
 「お母さあああんっ!」
 抱っこしてくれていたSPの戸川に下ろされるか下ろされないかの間で、いつもは大好きなお父さんをも通り抜け、一気に戒がつくしへと駆け寄り飛びついた。
 ドガッ!
 「わっ!!」
 「ひどいよぉ、俺のこと置いてっちゃうなんてっ!」
 「………戒ぃ~、お母さん、あんたのせいで、危なく今、この壁にアタマで釘打ちしそうになったから」



*****




 ざあああああっ。
 キュッ。
 とりあえずつくしもそうだが、司もソフトクリーム爆弾が被弾していたそうで、互いにシャワーを浴びて、身支度を整えることに。
 大した被害ではなかった。
 だが…、
 …あの人、道明寺のことを恨んでるんだよね。
 高校生時代、英徳学園は司の小宇宙だった。
 彼がその小宇宙の中心で、司が右と言えば右、黒を白といえば白。
 その中で彼に逆らったつくしが、こうして10年たった今も、その小宇宙に似た囲いの中に囚われ続けている。
 …英徳の卒業生とかには見えなかった。
 また、それほど年が近い相手には見えなかった。
 おそらく年の頃は40代前後だったのではないだろうか。
 そうであれば、司の学生時代の怨恨の相手ではなさそうだ。
 特に特徴のない人物だったが、司への激しい憎悪と怨嗟が際立ってつくしの印象に残っている。
 …なんか、悲しそうだった気がする。
 それに司がどうのというより、道明寺財閥がどうのと言っていなかっただろうか。
 あるいは司への個人的に恨みというより、会社関係のことでのいざこざなのかもしれない。
 …どっちみち、あたしには関係ないことだよ。
 なのにどうしてか、気になって仕方が無かった。
 また、ひとつだけ確かなことがある。
 どんなに司が変わったように見えても、やはり司は司で、またそんな男を生み出した道明寺という一族もまた、他人の怨嗟や憎悪をものともせずに、肥大し人を踏みつけ傲岸不遜に君臨し続けている反吐が出るような存在なのだと。
 そして、いまその反吐が出る者たちに、自分もまた連なり、他人の憎悪や悪意を受けてしかるべき対象と成り果てているのだ。
 …今のあたしは、人から見てあいつと同類みたいなものなんだ。
 いや、違った。
 けっして同類などではない。
 同類にも劣る、寄生虫のようなもの。
 ドン、ドンッ。
 ビクッ。
 つい暗澹たる思いに自分の中に沈み込んでいたつくしが、ドアを叩く音に驚いて浴室のドアを振り返る。
 …戒?
 『おい』
 「っ!?」
 まさかっ。




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【はっぴぃ、きゃっぴぃ】へ
  • 【もっと、ずっと…いつの日も】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【はっぴぃ、きゃっぴぃ】へ
  • 【もっと、ずっと…いつの日も】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘