「愛してる、そばにいて」
第3章 風になる日②

愛してる、そばにいて0151

 ←花は花 →だから好きだと言って…。
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「おい、なにやってるっ」
 手首を掴まれて振り返れば、怪訝な顔の司がつくしを見下ろしていた。
 「ど、どうしよう、戒がっ、戒が前の方にいっちゃったのっ」
 子供のことだ。
 夢中になりすぎて、不用意に近づいて雑踏や行列の山車に怪我をさせられることになったらと思うと、焦る気持ちに拍車がかかる。
 そんなつくしの言葉に、司も彼女の手首を掴んだまま、長身をさらに伸び上がらせるようにして人垣の奥を透かし見た。
 「ふ~っ、大丈夫だ。落ち着けよ」 
 「でもっ」
 山車から飛び降りたフェアリーの周囲の人垣が響めき、後退った人々の背がつくしの体にブツかりかける。
 しかし、司がさりげない仕草でつくしの背に腕を回して、人垣から一歩下がらせた。
 「あぶねぇから、こっち来い」
 「う、うん」
 つくしも気がついて、素直に従う。
 「戒…どうしよう」
 もう一度息をついた司が、不安顔のつくしの向きを体ごと変えさせ、顎をしゃくって人垣の向こうを指差しする。
 「あそこ、行列挟んで向こう側見ろ」
 言われた通りに視線を向けたタイミングで、戒の声が彼女の耳にも届く。
 「お母さぁ~ん、お父さぁ~ん」
 「あっ!?」
 見慣れたSPの長身の肩車に乗せてもらってご満悦の戒が、行列の向こうから両手を振って燥いでいた。
 「あのやろう、あれほど大人しく待ってろって言っておいたのに」
 「戒~」
 安堵の後に来るのは、当然のごとく腹立ちで、ホッとした分だけよけいだ。
 長身の司を見上げて指示を仰ぐ。
 「どうする?人垣かき分けて、あっち側に移動する?」
 が、
 「戸川がついてるから平気だろ。とりあえず、あの行列が行っちまわないことには、合流できねぇし、お前もパレード見たいんじゃなかったか?」
 「…そりゃあそうなんだけど」
 とてもじゃないが、戒のせいでそんな気分ではなくなってしまっていた。
 「なんだ?いいのか?」
 「うーん」
 迷う。
 しかし、かといって、
 …パレードも見ないで、こいつと二人で間なんか持たないし。
 「どっち見みち、これだけ人垣になっちまうと、俺ならともかくチビのお前じゃ、山車の上の方しか見えねぇか」
 「チビって」
 なにげに失礼な物言いにつくしのこめかみがヒクつく。 
 …こいつ、なんか昔以上に口悪くなってない?
 だが、昔は口が悪いとかそういうこと以上に、彼の言う言葉すべてがつくしへの嘲りと蔑みに思えたものだった。
 けれど、なぜか不思議に今の彼からは、そんなつくしへの侮蔑を感じない。
 ただ気安い気持ちのままに軽口を叩いているだけで、そこには何の含みも悪意もないのだろうと、司を憎む彼女にでさえ感じられた。
 「…なんだよ?」
 つい司をジッと見つめてしまい、戸惑ったように聞かれて、ハッと我に返って顔を俯ける。
 その視線の先、いつの間にか司に手を握られてしまっていた。
 「手…」 
 「とりあえずパレード終わって一段落ついたら、戸川から連絡入るだろ。俺らは、そこの喫茶で茶でも飲んで待ってようぜ」
 いまさら振り払うほどのことでもないが、抗議しようとするのに先手を打たれて、逆にギュッと握り締められてしまう。
 「お前とまでハグれたら面倒だろ?」
 …別にいいけどね。
 「お、お前、アレ食いたいんじゃないか?」
 憮然としていたわけでもなかったが、司的にも気まずかったのか、とってつけたように声をかけられ、指し示す方向へとつい顔を向けてしまうのは条件反射だろうか。
 しかもなにげに読まれているのが、ちょっと悔しい。
 「……食べたいけど」
 甘いキャラメルの匂いと琥珀色のポップコーンがつくしを呼んでいる。
 「ぷっ、マジかよ。お前、なんだかんだ言って、昼飯もガッツリ食ってたじゃんか」
 「う、うるさいわね。あんたが、食べたいかって聞いたんでしょ?」
 「欲しい?」
 柔らかく微笑んだ司に覗き込まれて、不覚にも赤くなりかけた顔をツンと反らす。
 調子が狂う。
 …ここは夢の国だから。
 だから、この目の前にいる男が大っ嫌いなはずなのに、なぜかその垣根が取り払われてつくしまでもが気安い気がする。
 「い、いらない」
 「く、無理すんなよ、食いたいもん食え。買ってやるから、行こうぜ」
 いるとも言っていないのに、強引に引かれてワゴンへと歩き出す。
 繋がれた手に手を惹かれて歩く道のりがなぜか気恥ずかしい。
 …なんか、ふわふわする。
 嫌悪とか反感とか、辛抱だとか…そんなことを思わず、ただこうして司と二人一緒に歩いたのは初めてのことだった。




*****




 大した距離ではなかったが、人ごみをかきわけるのは一苦労だったけれど、たどり着いたポップコーンワゴンは幸いなことにがら空だった。
 …みんなパレードに行っちゃってるしね。
 「ここのはキャラメル味かぁ」
 別に不満だったわけではない。
 しかし、パンフレットを見てみると、販売場所によりいろいろなフレーバーのポップコーンが売られているようで、どうせなら変わった味のものが食べてみたかったなどと欲が出てきて、つい呟いてしまう。
 「なんだよ?違うのが食いたかったのか?」
 「うーん、そういうわけでもないんだけどね。どうせならさ」
 「なら、別の買いに行くか?」
 「いや、キャラメルも美味しいし、これでいいよ」
 ポップコーン一つ買うのに無駄な時間を使いたくない。
 …せっかく来たんだもん。できるだけいろいろ乗りたいよね。
 来る時にはそれほど乗り気ではなかったくせに、帰る時間も間近な今頃になっての話だが、つくしも戒以上に楽しむ気満々だ。
 「食いてぇなら、電話して俺らが入退場門につくまでに全種類用意させておくけど?」
 どこに電話するつもりはかともかくとして、
 「いやいやいや、それじゃあ、意味ないでしょ」
 自分で買いに行くから楽しいのだ。
 …ま、こいつにはわからない感覚だろうけどね。
 「いいよ、ありがと、これでいいよ。えっと…道明寺、あんたも食べる?」
 「いらねぇ」
 食うわけねぇだろと、冷たい視線をもらい、つくしが肩を竦めて店員を呼ぶ。
 「すみませ~ん、これ二つ……きゃあっ!?」




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【花は花】へ
  • 【だから好きだと言って…。】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【花は花】へ
  • 【だから好きだと言って…。】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘