FC2ブログ

「愛してる、そばにいて」
第3章 風になる日①

愛してる、そばにいて0114

 ←愛してる、そばにいて0113 →愛してる、そばにいて0115
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「え?」
 つくしがもう一度、問いかけ直した。
 が、説明している医師にも、それ以上何か言えるべきものがあったわけではなかったのだろう。
 「もちろん、今のところはそうだろう、という憶測でしかありません。以前の記憶喪失の折にも説明されたこととは思いますが、まだまだ脳は現代の医学でも究明されていない多くの謎を含んだ分野です。もしかしたら、今は脳が混乱していて、認識違いをしているだけのことなのかもしれない。もしかしたら、突然明日には全てを思い出されるのかも」
 「「…………」」
 医師の語る説明でさえ、ほとんどが‘もしかして’、ifだ。
 わからない、というものをそれ以上問いかける言葉は、つくしにしてもタマにしてもなかった。
 というか、今のつくしはそれどころではなかったのが本当のところ。
 自分の今の状態がどうだとかそんなことよりも、遥かに大きな衝撃。
 …あたしが、27才?記憶がなかった10年間?
 見るともなく、両手をベッドに腰掛けている自分の膝の上に広げて、呆然と眺める。
 …変わってない。
 ように見える。
 だが裏に返し、表に、そして握って開いて…とあらためて観察すると、些細なようでいて見過ごし難い大きな違いに嫌でも気づかされた。
 …手の荒れがなくなっている。
 司に囚われるようになって、一流のケアを受けるようになったからだろう、家事で荒れた手は確かに改善してはいた。
 生活に追われるばかりで、ほとんどオシャレらしいオシャレをすることがなかった自分の爪先が、綺麗に整えられ磨きたてられていても、それほど奇異なことではなかったかもしれない。
 しかし、それでもほっそりとした、この手の美しさはどうだろう。
 …これって真珠の爪、白魚みたいな手ってやつ?
 自分でそう思って、だが、とても笑えなかった。
 一朝一夕ではない手の美しさ。
 まるで生まれた時から労働などしたことがないとでもいうような、シミ一つない手入れの行き届いた手に違和感を感じずにはいられない。
 自分の顔をその違和感のある手で、ペタペタと触ってみる。
 10年の月日が流れたというのなら、それだけの年輪がありそうなものだったが、さすがに手の感触だけではわからなかった。
 だが、年をとったはずの今の素肌の方が、むしろスベスベと瑞々しい気がして、それがまたどこか空恐ろしい。
 「あたし…」
 震える声の呟きは、存外に大きかった。
 「…若奥様?」
 タマの言葉が、逆効果につくしのパニックを引き起こすことになってしまった。
 「若奥様って、なんですか?あたしは、そんなこと言われるような身分じゃありません!!」
 …第一。
 「それに若奥様って、結婚した人への呼称ですよね?あたしは、あたしは、あたしはっ!!」 
 『お前は俺と結婚するんだ』
 ふいに男の声が耳元に蘇った気がして、つくしは両耳を押さえ、そのまま頭を抱えて膝の間に蹲った。
 「いやあぁ、いやあぁ、うう…あぁ……いやあっ、そんなの…いやあぁ」
 「道明寺さん、落ち着いて」
 つくしの様子に危険を感じた医師が、彼女のパニックを収めようと声をかける。
 だが、その呼びかけが、さらなるつくしの恐慌を誘ってしまった。
 「やああっ、違うっ!あたしは牧野よっ!!そんな、道明寺なんて名前じゃないっ、そんな名前であたしを呼ばないでっ!!牧野つくしっ、あたしの名前は牧野つくしなのぉっ!!!」




*****




 ピッ、ピッ、ピッ、ピッ。
 規則正しいその水滴の音が、薬のもたらした強制的な深い眠りにいた彼女の意識を呼び覚ましてくれた。
 …でも悪夢はまだ続いているのね。
 ぼんやりと見上げた病院の天井の壁紙が教えてくれた。
 シミ一つない白い壁紙が、どこか歪んで禍々しく見える。
 それが自分の心象風景なのか、あるいは単なる幻覚に過ぎないのかと小さく笑ってしまう。
 トントン。
 聞こえたノックの音に、半ば誰の訪問かを予想して、つくしは無感動にドアの方向へと顔を向けた。
 ガチャリ。
 彼女の応えを待たずして開いた扉の向こう―――だが、そこにいたのは彼女の予想とはまるで違う人物だった。
 部屋の中を覗き込む小さな影。
 まだ彼女が目を覚ましていることに気がついていなかったのか、バチッと視線があってしまい、びっくり眼に驚いている。
 …誰?
 これまでつくしが見たことがないほどに、綺麗な顔立ちをした幼稚園児くらいの小さな男の子だった。
 …ううん、どこかで見たことがある、かも。
 「目!覚めてたのっ!?」
 すぐに嬉しそうな歓声が上がって、ベッドの傍へと駆け寄ってくる。
 「タマに内緒で来ちゃった。いつまでたっても俺を呼んでくれないんだもん」
 拗ねた顔が誰かに似ている。
 クルクルの巻き毛と端正な美貌が、すぐに誰と似ているのか思い至って、そして、かつて見た写真の中の子供時代の顔と重なり絶句する。
 驚愕と衝撃。
 「お母さんっ!お母さんっ!!」
 小さな手が、横たわったままで目を見開き、身動き一つできないでいる彼女の頭を撫で、懐いて顔を寄せてくる。
 顔いっぱいに浮かんだ信頼と愛情に満ちた、…司によく似た子供の顔。
 …うそ、嘘よ。
 これまで見てきたどんな悪夢の中にさえ出てこなかった過酷な現実。
 …ああ。
 つくしは内心呻く。
 見開いたつくしの目から、我知らずポロリと涙が零れ落ちた。
 …こんなの嘘よ。




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0113】へ
  • 【愛してる、そばにいて0115】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0113】へ
  • 【愛してる、そばにいて0115】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク