FC2ブログ

「夢で逢えたら…全207話完+α」
ビューティフル・ライフ~番外編

ビューティフル・ライフ02~V.Day ver.

 ←ビューティフル・ライフ01~V.Day ver. →ビューティフル・ライフ03~V.Day ver.
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 お昼寝の時間になり、娘たちとママはベッドルームへ。
 賑やかだった家族の居間もだいぶ落ち着きを取り戻していた。
 「じゃ、今回は生まれるまでのお楽しみにしておくんだ」
 「…らしいな」
 お茶からコーヒーに飲み物を変えて、父子、二人っきりの語らい。
 「いわずもがな、なことだけど、俺は何も気にしてないから」
 ん?と視線だけで聞いてくる父親に、わかってるくせにと、要が小さく笑う。
 「キャサリンはずっと気にしてくれてたみたいだけど、もう俺は道明寺の跡取りであることにこだわってないし。もちろん、望まれれば協力は惜しまないつもりだけど、実際問題、コーマック家で精一杯ってところだから、こっちはこっちで後継問題に関してはカタを付けて欲しいのが正直かな」
 「親戚連中はかなり反発してんだろ?」
 「まあ、遠縁にしろ、お義父さんにとっては実子じゃないし、養子縁組してるとはいえ、俺よりもっと近い血縁は山ほどいるしね」
 「……そうか」
 結局、すったもんだの末、要の親権は母親の恭子へと戻っていた。
 さまざまな話し合いの結果だったが、現在道明寺家の後継者問題に関しては宙ぶらりんになっている。
 「これで、男の子でも生まれてくれれば、俺も肩の荷が降りる気がするんだけどね」
 「…………」
 司には何も言えない。
 言うべき言葉がないからだ。
 たしかに現在、要は母親の婚家での後継者として求められていて、とてもではないが実家である道明寺家のあれやこれやにまで責任を持つことなどできないだろう。
 「おばあ様も、本心では認めてるんだろうけど、俺への遠慮があるんだろうね。ありがたい話だけどさ」
 楓はつくしと司の結婚に関しては早期に認めていた。
 だが、後継者問題に関しては言及せず、鉄の女にしては曖昧だった。
 おそらく、長く後継者として擁立してきた孫息子への愛情と遠慮もあったのだろうし、まだ生まれてもいない新たな孫に未来を託すには、年をとりすぎてもいた。
 「俺としては生まれてもいない子供に、道明寺の某かの責任を負わせたいとは思っていない」
 「父さん」
 「お前もそうだが、道明寺を継ぎたいと自ら望むのならともかく、あくまでも一族経営にこだわって、子供たちによけいな負荷をかけたくねぇな」
 司なりの愛情。
 そして、自分の過去の経験からくる達観。
 「そうだろ?いくらでも会社を任せられる優秀な人材がいる中、ボンクラかもしれねぇ、我が子にそこまで期待してどうする?」
 「…まあね。俺をボンクラだと言われるのは心外だけど」
 思わぬ息子の言葉に、目を瞬かせ、すぐにニヤリと笑う。
 「思ってねぇだろ、お前は」
 「まあ」
 「俺も思ってない。お前が望んでくれるなら、これ以上ない後継者には違いない。が…お前の好きにしろ。お前の人生だ」
 「…………ありがと」
 「おう」
 優しい時間。
 ゆっくりと作ってきた親子の絆。
 母と義父との間にも、確かな家族の絆があったが、この父や義母、妹たちとの間にも柔らかく優しい絆がある。
 それぞれに大切な人達。
 …キャサリンに言わせたら、俺は『お得』なんだろうな。
 二つの家族があり、それぞれから愛されてる―――愛している。
 「そうは言っても、キャサリンのお腹の子が、次は男の子なら…って期待はあるんだよね?」
 「俺はどっちでもいい」
 「父さんはそうだろうけどさ。だから、今度は生まれるまで性別を聞かないことにしたわけ?」
 「………」
 父の無言が答え。
 「……でも、今の状況だと、それも微妙だよね」
 司がチラリと自分に瓜二つの息子へと視線を向ける。
 「キャサリンに話してないんでしょ?」
 「……ハァ」
 司の横顔に疲労が見える。
 このいつも自信に満ち溢れた父親らしくない頼りなげな顔。
 先ほどの幸福に満ちた顔とは真逆の昏い表情に、要の幼い頃に垣間見た父の闇がわずかに覗く。
 「サマー・バケーション(※夏休み)でもねぇのに、こんな中途半端な時期にお前がこっちに来た理由はそれか?」
 「俺も伊達にコーマック家の跡継ぎじゃないからね。ドイツでもね、お母さんにしてみれば、心中穏やかじゃないみたいで、ピリピリしてるよ」
 「…ふん」
 コーマック家の後継者として要を必要とした司の元妻・恭子だったが、それでも長年、要を道明寺家の跡継ぎにすることにこだわっていた女性だ。
 恭子の屈託もある意味仕方が無かったことだろう。
 司にしてみれば、つくしの反応こそ気になりこそすれ、恭子のことなど眼中になかったが、息子の手痛い指摘は続く。
 
 「これまでの父さんのイロイロを振り返ってみると、俺も考えなしな行動だけは取るまいと肝に銘じるところがあるよ。こういうのって、人のふり見て我がふり直せっていうのかな?」
 「生意気なこと言ってんじゃねぇよ」
 「父さんの場合は、シャレにならないでしょ?」
 カラかってるわけではなさそうだが、嫌味な口調には多少なり、要なりの非難も含まれているのだろう。
 言葉に詰まっている珍しい父の姿を堪能しつつ、それでも実際問題笑い事ではないのは、要にもよくわかる。
 それは世間体とか、会社的にというよりも、この父にとって最大の関心事であり唯一気にする必要のある対象である妻の反応。
 「……DNA鑑定は」
 「……………」
 父親の表情から言われるまでもないことなのは、あきらかで、だが…。
 「あいつにとっちゃ、いまさら俺に隠し子の一人や二人現れたところで、呆れるだけでそれほど苦に思うことじゃねぇだろうよ」
 「そう?」
 要にしてみても女性ではないので、女性感情というのは理解できないが、いくらあのあっけらかんとしてサバサバした義母でも、そう簡単に割り切れるものではないと思う。
 だが、司の表情は、その自分の言葉を確信しているというよりは、また別の憂鬱を抱えていることに気がついた。
 「もしかして、まだ別にあるわけ?」
 両手を膝の上で組んで、額をあて、再びため息をつく父の姿に確信する。
 「身から出た錆とは言え、もしかして人生最大のピンチってやつみたいだね。俺やだよ、この年になっていまさらまたグレないでよね」





◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ





↓ランキングの協力もよろしくです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2






関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【ビューティフル・ライフ01~V.Day ver.】へ
  • 【ビューティフル・ライフ03~V.Day ver.】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ビューティフル・ライフ01~V.Day ver.】へ
  • 【ビューティフル・ライフ03~V.Day ver.】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク