FC2ブログ

「愛してる、そばにいて」
第2章 罪②

愛してる、そばにいて0079

 ←愛してる、そばにいて0078 →愛してる、そばにいて0080
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「行くぞ」
 司の差し出す手に手をとられて車に乗る。
 すでにその習慣が、つくしの日常であり、周囲の者たちもいつの間にかその光景に慣れた。
 二人が手を繋いで登校してきた初日は、物見高かった生徒たちも、今ではつくしが司のお気に入りであることを周知して、あれほどひどいイジメを繰り返してきたくせに、手のひらを返したようにおもねる者たちまでもが出ていた。
 それでも男子生徒がつくしに近づくことを司が許さなかったから、女生徒たちだけの話ではあったけれど。
 しかし、あの浅井百合子たちでさえ、手のひらを返したような態度なのがつくしを苦笑させた。
 総二郎とあきらはさすがに大して態度を変えなかったが、それでも司がつくしを連れ回すことをいつの間にか自然に受け入れていた。
 類は相変わらず、校内で姿を見せない。
 どうやら、静がフランスに去って以来、屋敷で鬱々と過ごしているらしかった。
 …あの人たち、なんかおかしいとか思わないのかな。
 つくし自身も、総二郎やあきらに助けを求めようと思っていたわけではなかったけれど、彼らのあまりのこだわりのなさに呆れてしまう。
 どう見ても、つくしが司を好いていないことなど他人から見て一目瞭然だろうに。
 …関係ないのか。
 つくしが誰を好きで誰を嫌いでも、肝心なのはおそらく司が誰を気に入っているのか、なのだろう。
 そこに感情の齟齬があろうと、つくしの意志など簡単に無視されてしまう。
 弱肉強食。
 まさに優雅に見えるセレブの世界こそ、厳しい序列に縛られ、その中の頂点に立つ者こそ、道明寺司なのだ。
 「…腹、もう平気か?」
 シートに腰を下ろして手を繋いだままだった司の指先が、つくしの薬指を撫でる。
 つい昨日、屋敷に届けられたばかりの司の印だとかいうペアリング。
 司の手にも同じデザインの指輪が輝いている。
 「平気」
 車窓の外を眺めたまま、振り返りもせずつくしが答える。
 そんな無礼でそっけない態度にも、意外なことに司は寛容だった。
 司の命令に従うこと。
 司の言いつけを破りさえしなければ、予想に反して、わりに司はつくしの意思を尊重しているとも言えた。
 「男どもと口きいたりしてねぇよな?」
 「……してないよ」
 誰が司の意思に逆らってまで、つくしに関わろうとするものだろうか。
 つくしに親友よろしく愛想を振りまく女生徒たちとは裏腹に、男子生徒たちはむしろつくしを避けていた。
 少しでもつくしに関心がある素振りを見せれば、司によってどんな仕打ちを受けるとも限らなかったから。
 そうでなくても、もともと英徳の生徒たちはつくしを蔑視してた。
 司がつくしに近づくことを許している男は、ごくわずかな人数だけ。
 老齢の教師たちは別として、総二郎とあきら、それにどうした基準なのか、和也のことだけは大目に見ていた。
 もっとも和也はつくしの幼馴染みで、彼を異性とは見ていないつくしの認識を、司もわかっていたからかもしれない。
 あるいは、恋敵として取るに足らない存在と見下していただけだったのか。
 「腹痛い時くらい、学校休めよ」
 「…もう大丈夫だって言ったでしょ。病気じゃないんだから、一々休んでられないわよ」
 あれほど心配していた生理は…あのあとすぐに来た。
 かなり量は少なかったし、期間的にも短かったが、もともと生理不順で、ほとんどあるかないかわからない時もあったから、特に珍しいことでもない。
 おそらくさまざまなショックもあったのだろう。
 次の夜を心配する間もなく、ホテルから邸に帰ってすぐに訪れた生理に、つくしは涙が出るほど嬉しかった。
 いつもは憂鬱な生理痛がこの上なくありがたいものに思えた。
 …でも、ずっと生理でいられるわけじゃない。
 さすがに生理中は襲いかかってくるほど見境がないわけではなかったようだが、あのホテルでの一夜だけで、もうこのケダモノに体を求められることがないなどと思えるほどつくしもおめでたくはない。
 現に、まだ司基準の男女交際ゴッコは続いていた。
 普段、ロクに学校にも来ていなかった男が、つくしの通学に付き合っている。
 「なあ、具合悪くないなら、ガッコなんてサボってどっか遊びにいかね?」
 「……具合悪くないんだから、学校に行くんじゃない」
 「チッ、バカ真面目っつーか、お前ってホント、融通利かねぇ女だよな」
 「放っておいて。別にあんたに付き合ってくれだなんて言ってないでしょ?」
 つくしのケンモホロロな態度に再び舌打ちを打って黙り込む。
 「じゃあさ」
 まだ、なにかあるのか。
 うんざりだ。
 「午後からでいいから、総二郎たちとクラブに行かねぇ?」
 「…………」
 「なあ?いいだろ?」
 ねだるような甘え声に眉根を寄せる。
 窓に映った司の顔は、声音と同様、おもねるようで妙に甘ったるい。
 小さくため息をつき、つくしは窓の外から司の方へと向き直る。
 「それって、命令?」
 「…………命令って」
 「言うこと聞かないなら、あたしの首に縄でもつけて引きずってゆくってこと?」
 つくしの喧嘩腰の言葉に、司の眉根がムッとよる。
 それに内心気後れしながら、それでも譲歩すれば譲歩するだけ隷属させられてしまう予感に、つくしが意地を張る。
 どうしてもと言うのなら、逆らうことはできないだろうけれど。
 司がしばし、つくしの顔をジッと見つめる。
 怒っているわけではないようではあったが、司の視線を受け止め続けるのは、ひどく胆力が必要だった。
 それでも視線を外さないつくしに、意外にも先に視線を外したのは司の方で、仕方なさそうにため息一つで、つくしを誘うのを諦めたようだ。
 「別に…命令ってわけじゃねぇし」
 「……そ。じゃあ、行かないから」
 「でも、帰りは車、回させるから、寄り道せずに真っ直ぐに帰ってこいよ」
 それが司の譲歩であることは間違いない。
 「わかった」
 本当は長期無断で休んでしまっていたバイト先の団子屋に詫びを入れに行きたいところだった。
 母の話のよると、団子屋の方から連絡が入って、ある程度虚飾にまみれてはいたが、事情は説明されてて、辞める話になったらしい。
 生真面目なつくしにしてみれば、なんとも申し訳なく後味の悪い話ではあった。
 …優紀、心配してるだろうな。
 家族とはそれなりに定期的に連絡をとっている。
 だがさすがに優紀になにをどう説明すればいいのかわからず、連絡しずまいで、音信不通状態だった。
 …それに、優紀にも迷惑がかかったらいけないし。
 偶然なのか必然なのか、その後、今のところ進が再び暴行を受けたということはないらしい。
 年頃の娘が、年頃の男の家に長期滞在しているというのに、相変わらず、母と父は呑気というか、能天気な様子で、むしろ彼女が司に気にいられて屋敷に引き入れられた幸運を喜んでいる。
 …いっそ、全部話してしまおうか。 
 そう思ったこともある。
 しかし、
 『こうなったら、つくし!この幸運をなんとしても逃さないでよ!!道明寺様のハートをガッチリと掴んで離したらダメ。あんたが玉の輿に乗ってくれることだけが頼りなの。パパもいよいよ会社での立場が危ういし…あんたを英徳に通わせ続けたあたしたちの苦労も、やっと報われるのねぇ』
 母親の声音はけっして冗談ではなかった。
 この突然に訪れた玉の輿のチャンスを喜び、それを逃すまいと必死で、電話をかける娘の暗い声音に気がつかないほどに夢中だったのだ。
 自分の母親だというのに、その時に覚えた嫌悪感は忘れられない。
 これで最後だと思うたびに、裏切られて次々に訪れる絶望。
 …もし、ママたちに本当のことを話して、それでもそのことさえも『幸運』だと言われてしまったら。




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0078】へ
  • 【愛してる、そばにいて0080】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0078】へ
  • 【愛してる、そばにいて0080】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク