FC2ブログ

「夢で逢えたら…全207話完+α」
プロミス…遠い日の約束~番外編

プロミス~遠い日の約束~023

 ←愛してる、そばにいて0068 →プロミス~遠い日の約束~024
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 昼中の東京駅八重洲南口ターミナル。
 久しぶりに司以外の全員が勢ぞろいした仲間たちは、周囲の注目を浴びて、なお一層キラキラしく、一般人のつくしには目にも眩しい。
 「……相変わらず、あんたたちといると目立つわね」
 「久しぶりに会って、それかよ」
 ヘッドロックをかけてこようとする総二郎の腕を掻い潜って、つくしが応戦する。
 「ちょっと、やめてよっ!」
 「……牧野に触らないで、総二郎」
 つくしの後ろに立った類が助勢して、邪険に総二郎の手を叩き落とす。
 「いてぇな。ちょっとした親愛表現だろうよ」
 「それでもヤダ」
 「お前な」
 小競り合っている親友二人に苦笑して、総二郎を警戒しつつ、つくしがあきらや女性陣の横へと逃れ寄る。
 「しかし、お前、こんなところまでしか見送りさせないなんて、水臭すぎんだろ」
 「そうですよ、先輩」
 「……南米だなんて」
 「つくし…」
 「つくしちゃん」
 「あたしもついてく!」
 滋の与太はともかく、それぞれの言葉に、つくしの顔が泣き笑いに歪んで、それでも微笑みを見せる。
 「やだよ、空港で愁嘆場なんて、恥ずかしいもん」
 「…誰が愁嘆場なんて見せるかよ」
 類と睨み合っていたはずの総二郎までもが加わる。
 「あたしが泣いちゃうの。それにあんたたちみたいな有名人、空港にまで引き連れていったら、ここ以上に目立っちゃうでしょ?」
 その通りだったかもしれないが、あまりに突然のことに、一同は納得しがたい。
 結局、つくしが任地となった南米・グァテマラに派遣されることになったのは、学長室での応募表明から実に3ヶ月後。
 さまざまな研修や予防接種を終えた今日旅立つ。
 当然、類のみならず、総二郎やあきら、桜子、滋、優紀に和也まで総出の見送りだ。
 それも、実はつくしには思いもよらぬことだった。
 直前まで出発日は教えていなかったし、そもそも海外青年協力隊に参加することさえ、親友たちに知らせたのはホンの一週間ほど前。
 一人で出発して、一人で協力隊メンバーたちと合流するつもりだったつくしは、アパートの前に勢ぞろいしていた親友たちの顔に、驚くより泣いてしまった。
 それだけに、つくしの『あたしが泣いちゃうの』発言には、真実味がある。
 勝気だか、つくしは涙もろいところもあったし、情の深い女だった。
 空港ではなくても、抱き合って愁嘆場を演じているつくしや女たちを横目に、総二郎とあきらがため息を付き、飄々としている類へと視線を転じる。 
 「お前、牧野にこのこと相談されてたのか?」
 「……ううん」
 「は?まさか、お前まで知らされたのが、1週間前とか言うんじゃねぇだろうな」
 「さすがにそこまでじゃないけど、…まあ、そう変わらない感じかな」
 小さく笑みを浮かべる類の横顔には複雑なものがある。
 「たしか東北の家族にも、事後承諾だったんだよな」
 とはいえ、あの頼りない父親と母親のことだ。
 つくしの決めたことに異を唱える柄でもないだろう。
 「弟は?」
 「東京にいるから、ちゃんと話し合ったみたい」
 それでも、類が事情を知ったことを知り、類の元へと進がやってきて、自分ではとても姉を翻意させられそうにもないからと説得を頼まれたこともある。
 「なんで止めないんだよ」 
 「…止めたよ」
 「止めたのか?」
 あきらの問いかけに、類が肩を竦めた。
 「当然でしょ。…でも、あの牧野が、俺の言うことなんて聞くと思う?」
 「お前の言うことなら聞くんじゃねぇの?」
 「…………本当に…は」 
 「「は?」」
 あまりに密やかな声音に、類の言葉を総二郎とあきらは聞き逃してしまった。
 聞き返す二人に、小さく首を振るのみで、あとは類は何も応えない。
 …本当に大事なことは、俺にも相談してなんかくれないんだ、牧野は。
 すべて一人で決めて、一人で進んでゆく。
 どんなにか止めたかったか。 
 誰よりもつくしを引き止めたかったのは、類だ。
 けれど、強い眼差しで、前へと進みたいのだと言い切った彼女に、何を言う言葉があったというのだろうか。
 だから…。
 「牧野…、バス来たよ?」 
 「あ……」
 名残を惜しんで抱きついた滋を抱きとめていたつくしが、背後を振り返る。
 「つくしぃ、せめてうちの車で成田まで送らせてよぉ」
 鼻水まで垂らした美人の壮絶な泣き顔に噴き出すより、つくしの目にも涙が滲んだ。
 「滋さん、ありがと。でも、成田についても、名残惜しいことには変わらないから」
 「……つくしぃ、絶対に暇みて会いにいくから!」
 「ありがと、滋さん」
 とはいえ、F4同様家業に携わって忙しい滋がその言葉を実行するのは、難儀だろう。
 日本にいてさえ、最近ではご無沙汰していだ。
 「でも、ホンの半年ほどのことだよ」 
 とりあえずつくしは、半年で帰国することを類にも約束していたし、そのつもりだった。
 滋が渡米を画策するより、つくしが帰国する方がよほど早そうだ。
 「よく言うぜ。そのホンの半年ほどのことに、泣きまくったのはどこのどいつだ」
 「はははは…まあ、あたしも初めて一人で出る海外だし」
 たしかに妙に感極まった自覚もあり、気恥ずかしい。
 「つくし、これ」
 優紀に差し出された小さな紙袋を受け取る。
 「梅干なの」
 「わぁ、嬉しい。ありがとう」
 心配げではあったが優紀だけは他の友人たちのようには、つくしを引き止めない。
 ただ無事に帰ってきてと、言葉だけでなく眼差しと表情で訴えるだけ。
 「ボクからもこれ」
 すっかり男らしくなった和也からも、選別を渡される。
 「…飛行機の中で、同僚の人たちにも分けて食べて。お煎餅だから」
 「和也くん、ありがとう」
 「みっちり研修も受けてるでしょうから、いまさら私たちが注意するようなこともないでしょうけれど、…とにかく、無茶はしちゃダメですよ、先輩」
 「うん、わかってる。ありがと、桜子」
 桜子の澄まし顔も崩れて、素の彼女が覗く。
 「いつでも、俺らを呼べよ。南米がなんだ、俺らにとっては大した敷居でもない。グァテマラだろうがパナマだろうが、お前が助けを求めれば、どこへでも行ってやるさ」
 「…そうだね、西門さん。頼りにしてる」
 珍しく素直なつくしの頭をくしゃくしゃっと撫でる総二郎の目は、いつもの彼らしくなくからかいを含まず真摯なものだった。
 「総二郎の言うとおりだ。忘れんなよ、俺たちは仲間なんだってことをな」
 「忘れないよ、美作さん」
 総二郎に乱された髪を優しく整えてくれるあきらへと、頷き返す。
 そして最後に…バスのドアの脇に立つ、類の前へと歩み寄る。
 「類…」
 万感の思いを込めて、類の顔を見つめる。
 「…類」
 乗車を促すブーッというブザーの音につくしが思い切る。
 踵を返し…ステップの足をかけたその横を類がすり抜け、通り抜けざまつくしの手から荷物を取り上げてさっさと先にバスに乗ってしまう。
 「る、類ッ!?」
 『お客さん、乗るの、乗らないの?』
 「え?あ、の、乗ります」





◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ





↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2






関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0068】へ
  • 【プロミス~遠い日の約束~024】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0068】へ
  • 【プロミス~遠い日の約束~024】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク