FC2ブログ

「夢で逢えたら…全207話完+α」
プロミス…遠い日の約束~番外編

プロミス~遠い日の約束~017

 ←不屈のヴィーナス24  →不屈のヴィーナス25
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「牧野ッ」
 大学の構内を歩いていると、背後からかけられた馴染み深い声につくしが振り返った。
 周囲の女生徒たちの目がハートになって、彼の一挙一動を追っている。
 「…花沢類」
 いつもは飄々としているか、わざとつくしをからかってニコニコ笑顔の大判振る舞いで彼女を赤面させる彼の顔が、心なしか青ざめ強張っている。
 …類?
 いつもは周囲の視線が気になるのに、今は類のどこか切羽詰まった雰囲気と挙動につくしは首をひねる。
 周囲を気にすることなど考えつきもしない。
 「ど、どうしたの?こんなところまで。えっと、もしかして連絡くれた?」
 ここのところ、類はつくしの苦情を受け入れ、たいがいは大学の構内まで立ち入ることなく門前で待っていることが多かったのに。
 「いや…どうせ、あらかじめ連絡いれたって、あんたがまともに捕まった試しはないし、どうせいることは知ってるんだから、ここ来た方が早いでしょ」
 「まあ、それはそうかもしれないけど…」
 いきなり肩にかけていた大ぶりのトートバックを取り上げられ、手を取られ引っ張られる。
 類への自分のあんまりな言動を反省して以来、あまり邪険な言動は慎もうとは思っていたつくしだったが、さすがに大学構内での手繋ぎは目立ちすぎる。 
 …うっひぃ~。し、視線が痛い。
 もう花道状態だ。
 いくら周囲を無視しようとしても、この状態ではあまりに辛い。
 なまじF4の影も形もなかった大学なだけに、定期的に訪れる超絶美形の噂は構内でも知れ渡り、今やつくしもまたちょっとした有名人だ。
 とはいえ、つくし単独ではそうそう目立つこともなく、噂の人物だとバレることも少ない。
 あくまでもつくしはごく普通の女子大生。
 それが類が現れただけで、こうも派手な騒ぎになる。
 「ちょ、ちょっと、類。あたし、この後、図書館で明後日提出のレポートを仕上げちゃいたいんだけど?」
 「そんなの俺が後で見てあげるよ。なに?この後、バイト?何時から?」
 つくしの言動など見通されている。
 が、今回に限って類の推測は外れだった。
 再来週に迫った海外派遣に伴って、つくしは3年生進級時にすでにほとんどのバイトを辞めてしまい、最後に残っていた家庭教師のバイトも先週終了させたばかり。
 そこで類の不審な言動の理由に思い当たる。
 …あっちゃ、もしかしなくても、もしかしないよね?
 知られてしまったのだ。
 どこから洩れたのかはともかく、間違いない。
 「あのさぁ…」
 どうする?
 つくしにしてみても、もちろん類に黙って消えるつもりなどではなかった。
 ただ話したい時に類が日本にいなかった。
 それだけ。
 もちろん、どう話を切り出せばいいのか、しりごみしているうちに気が付けば期日が間近に迫っていたところもある。
 「その…」
 「他にも何かあるなら、全部、手伝うし協力する。だから、今日は俺に付き合って」
 いつになくストレートに強引な類にシドロモドロになりながらも、強く握られた手を振り払えない。
 ましてやその原因に思い当たってしまえばなおさらで、結局言いなりに歩くしかなかった。
 けれど、怒っているのだろうか。
 口調にそれほど変化はないけどあきらかに類の口数が少ない。
 いや、元々彼はおしゃべりな男ではなかった。
 ただ、つくしが居た堪れないだけなのだろう。
 「もう…、強引なんだから」
 話題を探して、仕方なく普段の自分を装うしか間が持たない。
 俯き加減で言う苦情は、けれど、ほとんど愚痴とも独り言ともしれない弱々しいものだった。
 「…勉強見てくれるって言ったって、医学生のあたしとあんたじゃあ、勉強してるジャンルがまったく違うじゃない」
 「一般教養くらいはなんとかなるよ。なんだったら、牧野専用に医学生用の家庭教師を雇ってあげてもいいし、どうとでもする。…お前にその時間?いや違うな。俺の好意を受けることができる場所に、お前がいるつもりでいるならね」
 「…………」
 やはりだ。
 つくしの推測は容易に肯定された。
 やわやわと物語の王子様のように優しげな風貌だが、その実、類はかなり強引で頑固な男だ。
 意思を曲げないというよりも、いつの間にか彼のペースに巻き込まれ、気が付けば彼の意思に従ってしまっていることも少なくない。
 けっこう策士だよね…。
 それが意識的になのか、無意識なのかはともかくとして。
 この3年間、この広い背中をずっと見てきた。
 熱い手の主の背中ではなく、このひんやりとした…だが、誰よりも優しい男の手に手を取られ、守られて。
 …あんたが、ずっとあたしを支えてくれていた。
 きっと彼がいなかったら、もっと早くに司を諦められていたことだろう。
 でもたぶん心は死んでいた。
 生きたまま、まるで死んでしまったかのように。
 司を忘れたフリで心の一部に蓋をして、見ないフリ、聞こえないフリ、気がつかないフリで、もしかしたら人を愛する心そのものが壊れてしまって、もう二度と誰かを愛したり、愛したいという勇気が失われてしまっていたかもしれない。
 気が付けば、そこにも、そしてここにも愛がある。
 たしかに、一つとして同じ愛などないかもしれなかったが、生きてゆくためにはそれでいいのだ。
 十分なのだと今のつくしは知っている。
 だから……。




*****




 類に連れ込まれた車の中でも、行き先を運転手に告げただけで類は無言。
 手は握られたまま、つくしを拒絶したかのように車窓の外を眺めてこちらを見ない類の冷淡な態度は、つくし的にもかなり辛かった。
 どこへ行くつもりにしても、今のつくしに逆らうつもりはない。
 やがて景色は大学から街へ、そして今や見慣れた類の邸へと。
 武士屋敷のような重厚な塀が途切れて、門前を車が通り抜けてゆく。
 「お待たせしました」
 運転手の声掛けに類が無言で頷き、すぐに開いたドアをくぐって車から降りる。
 当然、手を握られたままのつくしも、類の動きに合わせて引っ張り下ろされた。
 「いらっしゃいませ」
 顔馴染みの使用人に挨拶され、つくしも挨拶を返す。
 「…こんにちは、突然にお邪魔して…って、ちょっ。…ええっと、小田嶋さん、ありがとうございました!」
 のんびり雑談をする間もなく、無言の類に手を引かれ、慌てて運転手にも礼を言い置き類の後を追う。
 辿りついたのは類の私室。
 内心で躊躇する彼女の気持ちを慮ったのか、部屋の手前で、握られた手は離されていた。
 「…入って」
 「え、あ…うん」
 この部屋へは何度となくつくしも訪れていた。
 年頃の男女。
 しかし、そこにつくしの彼への認識が現れていたのかもしれない。
 彼を警戒したことがなかった。 
 彼がつくしを一人の女性として愛していると告白していてさえなお。
 鈍感で残酷だった。
 それを今この時にこそ痛感する。
 最初、彼が怒っていると思っていた。
 けれど、今はつくしにもわかっている。
 彼は怒っているのではない。
 哀しんでいるのだ。
 「部屋のドアはそのまま開けておいて。今の俺は、自分を抑えられる自信ないし…もしもってことがあるからさ。牧野、俺に襲われたくないでしょ?」





◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ





↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2






関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【不屈のヴィーナス24 】へ
  • 【不屈のヴィーナス25】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【不屈のヴィーナス24 】へ
  • 【不屈のヴィーナス25】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク