FC2ブログ

「夢で逢えたら…全207話完+α」
プロミス…遠い日の約束~番外編

プロミス~遠い日の約束~015

 ←不屈のヴィーナス22 →不屈のヴィーナス23
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 『…よう、類。俺』
 3年ぶりに聞く友の挨拶はまったくブランクを感じさせない。
 おそらく酔っているのだろう。
 わずかな呂律の乱れとタバコに焼けた声音の荒みは隠しきれていなかった。
 しかし、類も何食わぬ声音で、淡々と挨拶を返す。
 「久しぶり、司。ずいぶんお見限りだったみたいだけど?」
 実際、類はともかくとしてあきらや総二郎はかなり頻繁に、司にも連絡を入れていたらしいが、司自体が彼らとの交流を拒絶していたのだ。
 『お前だって同じだろ?総二郎とあきらは何かと連絡してきてるけど、お前はこの4年間、一度も俺に連絡してきてねぇじゃん』
 「……寂しかったとか?」
 『ふん、なわけねぇ』
 「でしょ?」
 つくしのことが原因で仲違いする以前から、たとえ親友が相手であっても類が自分から連絡を入れることは稀だったし、司は司で気の向くまま、自分の都合で連絡を入れたり、連絡を受けても無視したり自分勝手な男だった。
 それでも互いが互い、何年ブランクがあったとしても『親友』であることに疑いはない。
 それは今までもこれからも、たとえつくしのことがあったにせよ、それを類でさえも疑ったことがなかった。
 だから連絡をしなかったわけではなく、必要がなかった。
 ただそれだけ。
 「どうしたの?珍しいじゃない。お前から俺に電話寄越すなんて」
 『お前、今フランス来てんだろ?』
 「そう、仕事の都合でね」
 もう私用で海外に出るなど何年もなかった。
 元々の出不精に加えて、今の類には日本以外のよそに行きたい理由がない。
 いや、つくしのいる場所以外のどこにも行きたいという意欲がなかった。
 『実は俺も今、ヨーロッパにいるんだわ』
 「…へえ?どこ?」
 『スイス』
 「スイス?仕事?」
 アメリカに渡米して以来、司もビジネスの世界に叩き込まれたと聞いている。
 大学と会社の二足の草鞋は同じでも、むしろ、鉄の女の指導の下、類よりもさらにハードなスケジュールを課せられていることだろう。
 『いや…ちょっと酒でヘマっちまって、こっちの別荘で今缶詰になってる』
 「………」
 アルコールの多量摂取やら、暴行事件、女性関係による痴情の縺れなど司のゴシップには枚挙がない。
 遠く離れた海外のこと。
 類が実際に司の行状を見聞きしているわけではなかったが、総二郎やあきらの話からそれらの大半が本当のことであることも知っていたし、日本を発った時…具体的にはつくしの存在を司が失った時からその荒廃の片鱗は見えていた。 
 『さすがの俺も死にかけたからな。ババアもビビって静養しろだとよ。監視がついててうぜぇ。遊ぶ相手も自由に呼べねぇし?…一応、来週にはNYに戻らねぇわけにもいかないから、プチ監禁生活もそう長いことじゃねぇけどよ。暇で暇でしょうがねぇ』
 「…私生活はボロボロでも、仕事は頑張ってるらしいものね」
 『ケッ』
 おそらく酒での失敗とは、以前にあきらが話していた『自殺未遂』騒ぎのことで、アルコールと薬物の同時摂取による事故のことを言っているのだと、類も思い当たった。
 そして酒で死にかけていながら、再び飲酒しているのは疑いようもない。
 監視がついているとはいえ、さすがに邸の使用人では司を止め切れるものではないのだろう。
 …お前も。
 人生の奈落へと凄まじいスピードで転げ落ちている友を想う。
 たった一つ狂ってしまった運命の歯車が、一人の男の人生を闇へと逆戻りさせ、一人の女を孤独と悲哀へと閉じ込めてしまった。
 そして類もまた、このままではどこにもいけないことは明らかで。
 つくしを欲しいと想うその心で、この電話の向こうの哀しい男が記憶を取り戻してくれさえしたならと思う自分は偽善者なのかもしれない。
 「…寂しいなら、日本に…帰ってみたら?」
 『あ?誰が寂しいとか言ったよ。退屈だって言ったんだろ?』
 「そうだっけ?」
 だが、司が寂しがり屋なのは昔からのことだ。
 「でも、あっちに帰ればあきらも総二郎もいるじゃん」
 『珍しいな?お前がそんなことを言い出すなんてよ』
 「まあね。お前が珍しく孤独感満載で俺になんて電話してきたから、かな」
 『チッ、だから寂しいんじゃねぇって。ま、いい。ってことで、お前、こっちに来ねぇ?』
 「…今から?」
 『ああ。久しぶりに一緒に飲もうぜ』
 言いたいことはもちろん予想していた。
 だが、
 「無理に決まってるでしょ。俺もこっちには遊びに来てるわけじゃないし、今からまた仕事。明日からもスケジュールびっしりだし、俺は一刻も早く日本に帰りたいと思ってるからね」
 『…はん、なんだよ、三年寝太郎がいやに真面目に仕事とか?似合わねぇよ』
 「そうかもね。でも、お前も仕事に穴を開けたりしたりはしないらしいじゃん。さすがに今回はヘタをしたみたいだけど」
 『他にやることがないからな』
 まさにそのとおりなのだろう。
 スリル――ある意味、道明寺財閥のビジネス規模からすれば、ギャンブルなど足元にもよらぬ桁違いな巨額が動く。
 財閥の安寧と発展のために日々奮闘している司の母親とは、真逆の心情に違いない。
 より闇の奥底へ、破滅へと向かう司との会話は、類でさえも馴染み深い闇へと引きずり込まれそうな恐怖と嫌悪を抱かせた。
 …牧野に逢いたい。
 むしょうに、そう思う。
 「…あきら呼びなよ。確か今ドイツに出張中だから、こっちよりよっぽど近いじゃない」
 そもそもあきらなら、多少無理をしても司の都合に合わせてやるだろう。
 あの優しい幼馴染みならば。
 『ごめんだね。あきらや総二郎はお節介がうぜぇ』
 「…ふ、そうかも」
 『二言目には、無くした記憶を取り戻せだのバカバカしい。記憶喪失だかなんだか知らねぇが、別にそれで特に支障はねぇっつーに、いつまでもグダグダと』
 「………」
 友の転落を知りながら放置する自分と、その破滅を食い止めようと心を尽くす二人ではどちらが友情に厚いのかは明らかだ。
 類は知っている。
 司の転落は決して留めることはできないのだと。
 司が彼女を忘れたままでいる限り、彼女を失ったその瞬間から彼の今のこの状況は予測できて当然だった。
 だが、司は人に言われて自分を曲げたり、人の意に従うような男ではない。
 そうである以上、
 …何をしても無駄だ。
 司の心は壊れかけていた。
 彼の人生で唯一欲した…唯一絶対に必要なたった一人の女の喪失に、悲鳴をあげ続けて。
 『お前も来年、卒業だろ?そうしたら、お前もNYへ来いよ』
 「…NY?」
 『世界の中心はNYだ。花沢物産の本拠地はまあ、日本やフランスかもしれねぇけど、将来を考えるならこっちが妥当だろ?お前からオヤジに言ってやれよ』
 「NYになんか行きたくないよ。もちろん、フランスにもね。俺は大学を卒業しても日本を離れるつもりはないし」
 『は?なんだよ、それ。まさか、女が原因だとか言うんじゃねぇだろうな?』
 類の心臓がドキリと音を立てる。
 隠すつもりじゃない。
 だが、それでも司には知られたくない気持ちと、司にこそ知っていて欲しい気持ち、その二つの相反する思いに引き裂かれる気がした。
 「そうだと言ったら?」
 『バカじゃねぇの?女なんて、星の数、腐るほどいるじゃねぇか。しかも、静クラスの女ならともかく、あの女なんだろ?』
 「………」
 『あの野球ボールの女。総二郎の奴が言ってた時には、まさかと思って耳を疑ったぜ。あんなどこにでもいるような平々凡々とした下品な女に、まだお前が入れ込んでるなんてな。お前、どうかしちまったんじゃねぇの?』





◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ





↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2






関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【不屈のヴィーナス22】へ
  • 【不屈のヴィーナス23】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【不屈のヴィーナス22】へ
  • 【不屈のヴィーナス23】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク