FC2ブログ

「中・短編」
一日遅れのハッピー・バースディ…15話完+α

一日遅れのハッピー・バースディ07

 ←一日遅れのハッピー・バースディ06 →一日遅れのハッピー・バースディ08
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 …俺はお前を今でも愛してる。
 自分で言ってみて、あらためて自覚するだなんて、自分らしくないと司は密かに自嘲した。
 だが、真っ直ぐにつくしを見た目にはすでに強い意志と彼女への激しい渇望を浮かべ、躊躇は微塵もなくなっていた。
 なんだかんだと言いつつ、結局自分が原因で別れることになった過去への罪悪感と引け目がつくしへと向かおうとする本能を押し留めていたのだ。
 …無意味なことだったけどな。
 「…なに、バカなことを言ってんのよ。あんたには恋人がいるんでしょ?」
 「恋人?」
 怪訝な司の顔は、まったく思い当たることもないと言っていた。
 だが、
 「…あれ、噂じゃないわよね?M&Gグループの社長令嬢だっけ?」
 そういう類の話題に疎いはずのつくしが知っていたことに、司がわずかに驚く。
 興味がないこともそうだったけれど、司と交際していた当時はあえてそうした類の話題を避けて見ないようにしていただけなのだ、つくしの場合は。
 …あんたの結婚は、私事なんかじゃないんだから。
 どうしても経済界人たちと接する機会があれば、そうした話題にも飛び火した。
 なに食わぬ顔で調子を合わせながらも、遠く隔たった…過去愛した男の近況に胸を痛めて苦笑で誤魔化した日もある。
 
 「…10年前と同じことだ」
 「え?」
 驚くつくしへと、司が複雑な笑みを返す。
 「これも俺の仕事の一貫って奴か?バックについている会社が変わっただけのことだ。ただ、あの時とは違うのは、それも俺の意思一つでどうとでもなるってことだ。今の俺にはそれだけの力がある」
 ただ、どうでもよかった。
 一度目の妻と離婚した時、つくしのことが脳裏に浮かばなかったはずもない。
 けれど、いとも容易く彼を捨て去って、他の男と幸せに暮らしている彼女を見る勇気がなかったのだ。
 そして投げやりに受け入れた二度目の結婚。
 二度目が三度目になっても、司の心は微塵とも動かず、それだけに不毛な結婚生活だった。
 暴力を奮うまでもない。
 仮面夫婦?
 一緒に住んだことさえもない男女を夫婦とは言えまい。
 「ババアも最近ではさすがに諦めたみたいだな」
 「…あんた、今までの奥さんとの間にお子さんは?」
 子供が生まれているのなら、つくしの耳にも入りそうなものだから、聞かなくても答えはわかっている気がした。
 「いねぇな。もちろん、外にも…だ」
 二度目の結婚までは、跡継ぎを望む言葉をかけられることもかなりあった。
 けれど、三度目の離婚が決まった時に、遠まわしではあるが、椿の次男を養子に取ることを楓に打診されてもいた。
 当然、司にしてみればどちらでもいい。
 次の結婚にしても、まともな性生活ですら送れるとは自分でも思っていなかったから。
 どうせ、女を抱くのも生理的な欲求というやつを果たすだけなら、妻でなくてもいいのだ。
 つくしがブルリと震える。
 「…?寒いのか?」
 「えっ」
 手から伝わるつくしの体温が、冷え始めている気がして司が首を傾げた。
 「とにかく、手を離して」
 「…嫌だと言ったら?」
 「大声出すわよ」
 ニヤリと笑った顔が、できるものならやってみろと、動じていない。
 けれど、司もつくしを追い詰めることが本意なわけではないようだ。
 案外アッサリと手を離して、肩を竦める。
 けれど、焦って司から取り戻したつくしの手が、まだ半ばまで残っていたつくし自身のワイングラスに触れて、横倒しに赤い液体を振りまき、彼女のオフホワイトのブラウスとスカートを赤く染めて汚す。
 「あっ…」
 「……大丈夫か?」
 「ああ…もうっ」
 自分の半身を眺めて思わず呻く。
 「下に入ってるブティックで着替えを取り寄せてやる」
 「あ、…いや、大丈夫だよ、ありがとう」
 もちろん遠慮するのは、つくしの変わらぬデフォルトだ。
 司も一々、この場で説き伏せようとはしない。
 どちらにせよ、素直に聞き入れるような性格ではないのは、互いに熟知していた。
 「ごめんね。あたしのことより、あんたの方にはワイン、かからなかった?」
 「ああ、俺は大丈夫だ。…たしかに、もうここにいつまでもいる理由もなくなったな」
 「…道明寺」
 司も膝の上のナフキンを取り去り、椅子から立ち上がった。
 「行くぞ」




*****




 ハァ…結局、こういうことになっちゃうんだから。
 溜息をつきつつ、勧められたワンピースに目を向ける。
 にこやかな笑顔で店員が勧めてくるシフォン・ワンピースはたしかに若すぎもせず、地味でもなく、ハツラツとした魅力のつくしによく似合うカットのデザインだ。
 「それと、それ、後はそれだ」
 懐かしすぎる光景。
 司が抑えた最上階のスウィートルームに、服の見本市よろしく、下階のブランド・ショップから持ち込まれた衣装が所狭しと並べ立てられる。
 これが予定された見本市だったならば、さらにマヌカンたちによるファションショーまでもが繰り広げられたことだろう。
 着るはずの当の本人よりも、一緒に在席している司の方がよほど熱心につくしの衣類を選んでいる。 
 「…あのさ、好意は嬉しいんだけど」
 「別に気に入らなきゃ、家に帰ってから捨てるなり送り返してくればいいだろ?」 
 「………」
 つくしにはとても捨てることなどできるわけもない。
 かといって、たとえ司に送り返したとしても、受け取る男ではないし、つくしに合わせて買ったものを返されても困ることだろう。
 昔とは違う。
 つくしも年を得て、そうした事情は察することができるくらいには大人になっている。
 それでも一応は申し出ずにはいられない。
 それがつくしなのだ。
 「…自分で支払うとかは」
 「却下に決まってんだろ」
 そして、司もまた女に金を払わせるような男ではなかった。
 だから、
 「……そうだよ、ね」
 つくしは、そう言うしかなかった。





◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ





↓ランキングの協力もよろしくです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2






関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【一日遅れのハッピー・バースディ06】へ
  • 【一日遅れのハッピー・バースディ08】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【一日遅れのハッピー・バースディ06】へ
  • 【一日遅れのハッピー・バースディ08】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク