FC2ブログ

「中・短編」
一日遅れのハッピー・バースディ…15話完+α

一日遅れのハッピー・バースディ04

 ←一日遅れのハッピー・バースディ03 →一日遅れのハッピー・バースディ05
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「…幸せ、か」
 一人ソファに腰掛け、見るともなくテレビを見ながら、そっと独りごちる。 
 結局、司との打ち合わせはロクに内装にまで言及する時間がとれず、司の次のスケジュールの都合で、翌日に見合わせることとなった。
 とはいえ…。
 …自信がない。
 また二人っきりで会って、あんな会話を繰り返すなど苦痛以外の何ものでもなかった。
 「今更過去のことを掘り返してどうしようって言うの?」
 恨み言を言いたいにしても、不毛にすぎるだろう。
 トゥルルルルルルルル、トゥルルルルルルルル…、
 突然鳴り出した、固定電話の音に思わずビクついてしまう。
 留守がちな家だ。
 普段から留守電設定になっている。
 だからすぐに留守電に切り替わり、聞き慣れた夫の声が部屋に響いた。
 『つくし?まだ帰ってないのか?』
 …でなきゃ。
 そう思うのに、なぜか根が生えたようにソファから立ち上がりたくなかった。
 『携帯も通じないし…、困ったな』
 ボヤく声に、そう言えば携帯をどこに置いたかと記憶を探る。
 …ああ、そうだ。シャワーを浴びるのに洗面所に置きっぱなし。
 雅也もいつものことだから、たいがい予想もついているのだろう。
 『まあ、どうせ充電が切れたか、どこかに置きっぱなしなんだろうな。…この間やった物件の施主から電話があって、ちょっとトラブル発生。ちょうど近場だから、このまま今日明日で、享と凌を連れて、あっちを見てくるよ』
 「…え?」
 ぼんやりと聞いていた脳みそが、その言葉にやっと覚醒し出す。
 『ジャストタイミングでそろそろ正月休みだし、特に大きな物件もないだろ?ソウルの物件ついては、俺の寝室の方に資料を置いてあるから、なんかあったら連絡して?と、いうことで、悪いけど、このまま俺はバカンスに入るから、あとはよろしく』
 「ちょっと!!」
 慌てて受話器を上げた時には、すでにもう通話は切れていた。
 …信じられない。
 たしかに雅也の言うとおりで、仕事は盆暮れ休みに向かっていた。
 だが、雅也は事務所の経営者なのだ。
 しかも、今は司のマンションの他いくつかの物件の依頼のために、幾人かのスタッフを連れて一時期的に日本に居を移しているが、本来の彼らの本拠地はカナダなのである。
 クリスマスこそ日本のように盛大なものだが、正月はほとんど日常と変わらない。
 せいぜい1月1日が休みなくらいで、特に特別視することなく、当然仕事も通常通りに動く。
 それなのにだ。
 「まったく、こういうところだけは、郷に入っては郷に従えなんだから、雅也さんたらっ」
 もちろん、サポートのつくしがしっかりしているからこその身勝手だとも言えた。
 なにげにけっこう雅也はちゃっかりもしている。
 とても優しい夫であるのだが、気を抜くと仕事をサボりたがるのだ。
 …なんだか花沢類を思い出すあたしって失礼かな?
 まあ、クリエイティブな人間というのは、けっこうそういう勝手さを持つ人間も少なくはなかった。
 雅也のことだ。
 折り返しかけたとしても、今度は自分が出ないかもしれない。
 つくしに叱られる気配には敏感で、けっこう居留守を使うことも少なくなかった。
 「ハァ、仕方がない。たしかに問題が起きなかったら、特に雅也さんがいなくてもなんとかなるもんだし」
 それよりも凌だ。
 お邪魔虫になっていなければいいけれど。
 「まったく、いくら二人共可愛がってくれているとはいえ、あたしもたいがい甘えすぎかな…」
 そうは思うものの、こうして雅也と二人三脚で過ごしてきた10年間なのだ。
 そして5年前からは、チームに享が加わった。
 もしかしたら…この居心地のよい蜜月がもうすぐ終わる時が来るのかもしれない。
 「それも仕方がないよね」
 穏やかな日々に未練がないわけではなかったけれど、いつでも彼女の人生は波乱に満ちて順風満帆とは行かなかった。
 一つには頼りない両親のせいで、そしてもう一つには、…司のせいで。
 彼と出会った運命を厭うことができないのだから、甘んじて受け入れるしかないのだろう。
 溜息を一つ落とし、洗面所へと携帯電話を取りに戻る。
 携帯自体は、あっさりと見つかった。
 けれど…、雅也からの着信に混じって入っている一つの名前に、再び溜息をつく。
 …まったく。
 留守電はなし。
 …まだ、寝てる時間じゃないか。
 いっそ、深夜まで気がつかない方が良かった。
 けれどさすがに居留守を使うわけにも行くまい。
 …そうだよ、仕事だよ、仕事。
 疑念はあるが、仕事の話である可能性も50パーセントくらいはあるではないか。
 トゥルルルルルルルル、トゥルルル……、
 『…ああ』
 ああじゃないだろ、ああじゃ。
 名前くらい名乗れと思いつつ、それでも、
 「あの…、真々部ですけど」




*****




 昨日の再会では、たしかにあれ以上に昔話を連綿と蒸し返すことはなかった。
 それでもポツリポツリと入り込む雑談が、過去へとつくしを引き戻し、妙な錯覚を抱かせた。
 まるで、過去の再現のように気安く慕わしい空間が、切なく寂しく…哀しいなんて。
 …まったく。
 自分で自分の感情が制御できない。
 司の目の中にある何かに気がつきたくない。
 そう思う一方で望んでいる自分も自覚していた。
 …でも、もういまさらだよ。
 それに自分だけのことじゃない。
 当時、司を諦めたのはつくしに力がなかったからだ。
 彼に相応しいものがなかった。
 そして今もその当時と大して状況は変わっていないのだ。
 ふと通りすぎた書店の飾り棚に並んだ雑誌に目が止まる。
 今日、これから会おうという男の横顔が目を引いた。
 20才代の彼よりもずっと渋みも深みも増した魅惑的な横顔。
 『…道明寺司氏離婚成立。年内にもM&Gグループ社長令嬢・サリー・マックブライス嬢との婚約発表か?』
 ♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦、♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦
 ハンドバックで鳴り響いた着信音で我に返って、その雑誌から目を引き離す。
 慌ててバッグを探れば、息子からの電話だ。
 自然、浮かんだ笑みはすでに母親の顔。
 たとえそこにどんな情念があったとしても、我が子の存在さえあれば耐えられる。
 『…ママ?』
 「そうよ。パパや享小父さんと一緒にいるのが楽しすぎて、ママのことなんて凌は忘れちゃったのかと思ってたところじゃない」 
 『忘れてなんかいないよっ!!』
 「本当?昨日もメールだけで、電話くれなかったでしょ?」
 とはいえ、つくしはつくしで時間的なタイミングで、電話できなかったのだからお互い様と言えたかもしれない。
 それでも、可愛い息子から電話をもらえたなら、たとえどんな時でも時間を見つけて電話に出ただろうことは間違いなかった。
 彼女の最愛の息子。
 その父親によく似た可愛らしい顔を見るだけでどんな疲労も、苦痛も忘れることができた。
 …せめてあんたのことだけは、あたしが絶対に幸せにしてあげる。
 何を犠牲にしても今度こそ、凌のことだけは。
 だから、絶対に誰にも知られるわけにはいかないのだ。
 たとえ心を欺いても、それだけが今の彼女の真実だった。





◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ





↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2






関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【一日遅れのハッピー・バースディ03】へ
  • 【一日遅れのハッピー・バースディ05】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【一日遅れのハッピー・バースディ03】へ
  • 【一日遅れのハッピー・バースディ05】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク