FC2ブログ

「中・短編」
意地張ってんじゃねぇよ!…30話完

意地張ってんじゃねぇよ!29

 ←ベイビー・ステップ22~完 →意地張ってんじゃねぇよ!30~完
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 怒鳴られたっていい。
 罵られたってかまわない。
 でも、ちゃんとあたしの気持ちを正直に話す。
 もしかしたら、それですべてが終わってしまって、道明寺のお母さんと話したこともご破算になってしまうのかもしれなかった。
 それでも、必要なことなんだ。
 よほど意外だったのか、顔をあげて、見上げた道明寺の顔はぽかんとしていて、さっきまでの怒気が見事に四散していた。
 「…おま」
 「本当に、ごめん」
 道明寺に口を挟まれる前に、もう一度謝ってしまう。
 なんだ、って思った。
 一度思い決めてしまえば、なんてことはなかった。
 本当に馬鹿な意地を張っていたんだなって、少しづつ呆然した様子から、目を瞬いて表情を和らげてゆく道明寺の顔を見て思った。
 「あたし、本当に馬鹿だったって反省してる。つまらない意地を張って、大切なことを忘れてたんだって、この2ヶ月で思い知ったよ」
 「……大切なことってなんだよ」
 もう道明寺の声も怒ってはいない。
 ただ、あたしの言葉を聞こうと耳を澄ませてくれていた。
 そうなんだよね。
 あんたはたしかに傲慢な俺様男だけど、あたしの真剣な言葉に耳を傾けられないような奴じゃなかったんだ。
 …ああ、本当にいろいろなことを忘れかけてたな。
 自分の中の焦りに、何もかもまるで目を塞がれ、耳を塞がれていたかのように迷い込んでいたんだって自覚する。
 「お前にとって大切なことってなんだ」
 もう一度聞かれて、あたしは真っ直ぐに道明寺を見つめて、ハッキリと口にする。
 「あんたを好きだってこと」
 言葉の意味をもう誤解されないように、ゆっくりと…あんたにこの気持ちが伝わるようにと慎重に言葉を紡ぎ出す。
 「あんたが大好きで、これからもずっとあんたと一緒に生きていきたいってこと。これまでも、あんたとずっといるために、ただそれだけのために……頑張りたかったんだよ」
 「…牧野」 
 「就職もね、ずっと隠してるつもりじゃなかったの。でも、結果的にそうなってしまったことは本当にごめんなさい」
 「俺が邪魔すると思ったか」
 …そうだね。
 「それもある」
 嘘は付けない。
 道明寺も自覚していたようで、怒らずに苦笑してくれた。
 「まあ、そりゃそうか。実際、あらかじめ相談されてたら邪魔したくはなったかもな。俺がお前とすぐにでも結婚したいって思ってるの、お前も承知してくれてるって勝手に信じてたからな」
  「……うん」
 …嬉しい。
 こんな時になんだけど、今もそう言ってくれる道明寺の気持ちはあたしも嬉しかった。
 だけど、違うんだよ。
 結婚したくないのでもなければ、あんたのそんな気持ちに気づいていなかったわけでもない。
 「自信がなかったの」
 「………」
 「あんたの隣に当たり前みたいに、堂々と立っていられる自信。あたし、この5年間、本当に頑張ってきたんだよ?」
 西門さんや美作さん、優紀や桜子、滋さんなんかは、もっと大学生生活を楽しめって言ってくれることも多かったけど、あたしにとって自分を磨くための努力は全然苦ではなかった。
 もちろん時には挫折してしまいそうになってしまうことも、全くなかったとは言えないかもしれないけれど。
 でも、その努力の先に道明寺との未来があると思えば…あたしのために頑張ってくれている道明寺に負けないくらい、あたしも彼のことが好きだと思える自分を誇りに思っていた。
 でも…、道明寺が日本に帰ってきて、雑誌の中や噂で聞く中での道明寺、あるいは携帯やテレビ電話の中でだけ話す道明寺とはまるで違って、実物のこいつはあまりに大きな男になっていた。
 わかってるつもりだった。
 だけど、本当はわかっていなかった。
 この若さで、道明寺HDという大きな会社を背に背負って立つこの男の凄さを。
 誰よりも身近に見ることを許されていたからこそ…怖気づいてしまっていた。
 本当に、あたしはこいつの隣に相応しいって、自分に自信を持っていられる?って。
 しかもこの先もずっと。
 時にはもしかしたら、一人で立っていなければならないこともあるだろう。
 それは道明寺を信じるとか信じないとかいうことではなく、どんな立場の人にもある人生の必然ってやつだよね?
 「でも、いくらあたしが頑張ったとしても、滋さんや桜子、他のお嬢さまたちはずっと小さな頃から頑張って身につけてきた当たり前のことなんだよね」
 「…それはっ」
 「いいから、黙って聞いて!」
 情けないことだってわかっている。
 他人と自分を引き比べて、それでなるものでもないことだなんて、とっくにわかっていたことだったのに。
 怖気づいていた。
 自信をなくしていた。
 それでも…。
 「たとえあたしがどんなに情けない女でも、あんたはきっと守ってくれる」
 「……牧野」
 「そんなのわかってるよ、わかってた。それでも、あんたに守られるだけの自分で、情けないままの自分でいるのは、あたしにはとても耐えられなかった」
 自信が欲しかった。
 なんでも良かった。
 これまで頑張ってきたことが無駄じゃない。
 たとえ誰かに勝ることはできなくても、自分なりの成果を手にして少しでも自信に繋げられればって。
 それをすべて就職することに転嫁するなんて、安易すぎることはわかっていたけど、『道明寺司の女』それ以外の価値が欲しかったんだと思う。
 結局、その『道明寺の女』でいるための自信ってところが笑っちゃうんだけどね。
 「ハァ……」
 溜息をつかれてしまった」
 「…価値ってなんだよ。お前肝心なこと忘れてねぇ?俺の隣に誰が立つのか、立つのが相応しいのかなんて、誰が決めるのでもない。誰に認めて欲しんだよ?俺じゃねぇのか、どうなんだよ?」
 「本当だね」
 本当にそうだ。
 「でも、これがあたしだからさ」
 牧野つくしっていう面倒臭いけど、意地を張っていられなくなったらそんなのあたしじゃないって思ってた。
 「それで?今はもう自信がついたのか?」
 「…ん、ないかな」
 「おいっ」
 憮然とした顔をされたけど、それが正直なところなんだもの。
 嘘をつけないから仕方がない。
 「でも、それでもあんたの隣にいたいの。自信がなくても、嘲られても…それでもなによりあんたの方があたしにとっては大切なの」
 「牧野」
 「あんたがあたしに、もう愛想を尽かせてしまっているのだとしても、それでもあたしは諦められない。あんたに赦して欲しい。もう一度、あたしにチャンスをちょうだい?」
 あんたの気持ちを傷つけてきたことを償う機会。
 あんたを愛することを赦された特別な地位がもう一度欲しい。
 ぐいっと手首を引っ張られて、抱きしめられた。
 大きな胸。
 温かい。
 本当にこの場所にあたしは飢えていた。
 雨霰と降り注いで与えられる愛情に、あたしは傲慢になっていたんだって気がついた。
 ずっと…ずっとこの場所があたしのためにある保証なんてどこにもないのに。
 それなのに……、
 「…俺がお前を離すわけがねぇだろ。お前が俺を好きだから、俺はお前を好きなんじゃない。俺がお前を愛してるんだ。たとえお前が俺をどう思ってたって、ただ、俺が愛してる。お前だけ、俺にとって必要なものはお前だけなんだよ」
 「道明寺」





◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ





↓ランキングの協力もよろしくです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2






関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【ベイビー・ステップ22~完】へ
  • 【意地張ってんじゃねぇよ!30~完】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ベイビー・ステップ22~完】へ
  • 【意地張ってんじゃねぇよ!30~完】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク