FC2ブログ

「中・短編」
Middle story(2~5話完結)

イナビリティ・ワールド 前編

 ←昏い夜を抜けて456 →ワイキキでうきぃぃっ!(ハワイ編)
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 大きなウィンドウの窓辺から入る日差しって気持ちがいい。
 通り過ぎる人たちのファッションや、表情をただ見ているのも楽しかった。
 犬を散歩する人。
 ふざけあってる小学生。
 高校生のカップル。
 手と手を繋いで微笑みあっている老夫婦。
 あたしはその中のどれでもないけれど、ホットティを傍らにテーブルに肘杖をついて、そんな街の人々の様子を一人眺めている。
 …え?ちょっと寂しすぎないかって?
 いやいやいや、全然。
 こんなまったりとした時間が好き。
 時々、思い出したように左手の下の雑誌のページを繰る。
 ふと見た腕時計の時間は、そろそろ14:20になるところ。
 …珍しいな。
 カレは時間に几帳面で、めったにあたしを待たせたことがない。
 別にいいのに、って思うのに、少しでもあたしを待たせてしまうことをイヤなんだって。
 そんなふうに言ってくれる彼の優しさに惹かれて付き合いだした。
 待ちぼうけをしているあたしの横顔が、『すごく寂しそうで可哀想になっちゃうんだ』なんていつも言われてしまう。
 どんだけ不幸そうなのよ、とか思うのってひにくれているかな。
 それでも、あたしを幸せにしたいと言ってくれる彼の気持ちが嬉しくて、世界中の誰よりも好きだから、大切にしたいんだと言ってくれるのが嬉しい。
 昔の私は、守られるだけで満足できる女じゃなかった。
 人に幸せにしてもらわなければ、幸せになれない女じゃないなんて、言い切れた少女の時代はもう遠い。
 …傲慢だったと思う。
 …世間知らずだった。
 ふと捲ったページで手が止まる。
 「…へぇ、相変わらず無愛想な顔しちゃって」
 ファンの女の子たちに見られたら、凄いブーイングとかされちゃうそうだけど、あたしの前には今は誰もいないんだから、言いたい放題だ。
 ピンと、写真の男のシワ一つ無い形の良い額を弾いた。
 当然文句を言うこともなく、がなり立てられることもない。
 それがちょっとだけ寂しいとか、哀しい…とか、バカみたいだよね。
 …そういえば、あたしがこの人を幸せにしてあげたい、そんなことを思ったこともあったな。
 今思うと笑っちゃう話だとは思うけど、大真面目にそんなことを思ってたんだよね、あの頃は。
 …青春ってやつ?
 カランコロン、というドアベルの音がして、無意識にドアの方へと視線を向ける。
 見慣れた優しい笑顔が、あたしをすぐに見つけてくれて、
 「ごめん!待たせちゃった?」
 ハアハアと息を切らせて歩み寄ってくるカレ。
 開口一番に謝ってくれるのが嬉しい。
 「大丈夫、あたしが勝手に早めに来ちゃっただけだから」
 「携帯に電話してくれれば、よかったのに」
 口を尖らせたさまが拗ねた子供みたいで、ちょっと可笑しい。
 あたしよりも2才年上で、いつも落ち着いているのに、ね。
 そういえば、あいつもあたしの前でだけはガキっぽかった。
 つい何かと連想してしまうのは、もう持病みたいなものだね。
 仕方がない。
 「連絡くれれば、もっと早めに来ることもできたのに。遠慮するなよ」
 「ありがと、今度からそうするね」
 素直に頷いた。
 「でも、仕事は大丈夫だったの?急に大きな案件が入っちゃったんでしょ?」
 元々デートの約束をしていた日曜日。
 本当だったら朝から会う約束だった。
 でも連日連夜の残業に、疲れている彼の体調を慮って、適当な理由をつけて昼からの予定にあたしの方から変えてもらっていた。
 「今日、良かったの?」
 「もちろんだよ、牧野に逢うのが俺の大優先」
 臆面もないセリフに頬が熱くなる。
 ストレートなカレの言葉が凄く嬉しいと思う。
 「…でも、ごめん。実は夜から一度打ち合わせが入ってるんだ」
 「え?あ、そうなんだ。休日に大変だね」
 よほど大きな仕事なんだろうな。
 基本、残業はしても休日出勤は避けていた人なのに。
 「ハァ…そんなわけで、夜は一緒できないんだt。…普通、日曜日に呼び出しとかないだろうって感じ」
 「会社?」
 「うん。今度から一緒に仕事をすることになっているパートナーの担当の人は、かなり厳しい人でね」
 「ゴネられてるの?」
 「はは…そういうわけでもないんだけどね。理不尽なことを言われてるわけじゃない。でもまあ、なかなか企画のOKが下りないのはホント。俺だけのことじゃないからさ、迷惑かけられないし」
 「…うん、わかるよ」
 あたしだって、一社会人だ。
 ただ昔のように、頑張っていないだけ。
 毎日の仕事を最低限こなして、ただ毎日の糧を得る。
 昔の貧乏だった時の生活と大して変わらないようなのに、どこかそれが虚しくて。
 花のOL生活を満喫してるっていうのに、なによ、この後暗さ。
 そこそこの会社に勤められて、そこそこのお給料を貰って。
 一応エリートと呼ばれる優しいカレ。
 一人暮らしの部屋はワンルーム。
 でも女の一人暮らしには十分な広さだし、昔と違ってソコソコ余裕があるから、ちゃんとそれなりに好みのものを飾ったり置いたりもできている。
 充分素敵なあたしのお城。
 これ以上望むことなんて何もない。
 「6時くらいまでは大丈夫だから、映画でも見る?」
 「うーん」
 どうしよう。
 確かに見たい映画があったけど、いいのかな。
 「その後、夕食を一緒してアパートまで送るよ。この埋め合わせは必ずするから」
 両手を合わせて謝ってくれる。
 「大丈夫、気にしないで」
 たぶん、これがあたしの望んでいた平凡な幸せってやつなんだと思う。
 お休みごとにデートして、会えない時にも電話をしたりメールをしたり、たまにお互いの家に遊びにいって夜を過ごすこともある。
 そんな毎日を過ごして、付き合いが順調に長くなれば、いずれ結婚とか…そんな風にきっと時は流れてゆくんだろう。
 いずれ子供が生まれて?
 どうしてそれが色褪せて見えるの?
 妙に淡々とした未来像。
 なんの苦難もないけど、トキメキもない。
 もしかして、あたしって枯れてるのかな。
 「牧野?」
 「…ううん、なんでもない。じゃあ、そうと決まれば、早く行こう」




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【昏い夜を抜けて456】へ
  • 【ワイキキでうきぃぃっ!(ハワイ編)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【昏い夜を抜けて456】へ
  • 【ワイキキでうきぃぃっ!(ハワイ編)】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク