FC2ブログ

「昏い夜を抜けて…全483話完」
第九章 暁闇②

昏い夜を抜けて450

 ←犬も食わない20 →言葉はいらない06
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************


 盆休みを挟んで10日間ほどの休暇の間に、類の『知人女性強制猥褻疑惑』のスキャンダルは衆人に知れ渡るものとなり、一般社員たちの動揺が広がる中、まるでそのタイミングを図ったかのように、彼の辞職及び自己都合退職が公示された。
 公示された書面には、それはすでに事件発覚前から内定していたことであり、会社幹部たちの間では周知されていたということだったが、知らされていなかった一般社員たちにしてみれば、不祥事発覚後、ロクな調査もせずの処分のように目に映り、そこかしこ、半信半疑だったモノたちの間でもまるでそれが事実である証明がされたかのようにまことしやかに囁かれることとなった。
 「…せめて聴聞会なり調査委員会の調査が終えられるまで、退職を保留されるべきでは?」
 深刻な顔で進言する三田村に対して、類の方はあまりにいつもと変わらず。
 「書類ってこれだけ?かなり詰めて頑張らされてたはずなのに、こんなにギリギリになってもまで山積みってどういうことなの?」
 恨めしげな類の子供みたいな不平不満に、はあぁっと溜息をつく。
 三田村にしてみれば今更だ。
 だが、さすがの彼も今回の事件に関しては前もってなんの情報も与えられていなかったのだ。
 どうしても対処がゴテゴテになってしまい、恨みがましい視線を向けてしまうのも致し方ないことだった。
 「…私にくらいあらかじめ予告してくださるものと信じていましたのに」
 「だってしょうがないじゃん。俺のせいじゃないよ。まさか、ああいうことが素っ破抜かれるなんて普通、その本人が前もってわかるはずがないだろ?」
 シレっと言われるが、その言葉を素直に信じる三田村でもない。
 「…よくおっしゃいますね。だからこその、名義変更をされたのでしょ?」
 少し前、用心のためだと言われ、類の新会社のCEO(※最高経営責任者)は類から三田村へと変更していた。
 元々ベンチャー発祥で、どこにマークされていたというわけでもなく、会社構成員に関してはほとんど覆面のようなのではあった。
 類が何もなく、意味もないことをするとは三田村も思ってはいなかったので、ある程度のことは覚悟していたが、まさかセックススキャンダル―――それも証拠付きの極めて黒に近いグレーな犯罪疑惑のスッパ抜きとは、さすがの彼も度肝を抜かれた。
 執務机に頬杖を付き、書類にハンコを押す類の顔は、不貞腐れた子供そのものだ。
 しかも、三田村になじられたからではなく、間違いなく違う理由で。
 「で?牧野の有給消化の手続きはとっておいてくれた?」
 「…ええ、ただまだ1年経っていない状態ですので、10日間ほど。土日を挟んでも今月末までしか残り日数はありません」
 「まあ、それは仕方ないかな。牧野に怒られちゃうかもしれないけど、いっそ江島に退職届作ってもらおうか」
 生真面目なつくしのことだ、複雑なものもあるだろうが、事情が事情なので仕方がない。
 実際、つくしがいつ類の前に再び現れてくれるのか、類にもハッキリとはわからないのだ。
 果たして、本当に彼のもとへと帰ってきてくれるのかさえも。
 類にとって、問題は司ではなかった。
 つくしの最終選択―――。
 類を選ぶ…そう言ってくれた時のように今もその意思を持ってくれているのか。
 あるいは今はもう、かつて愛した司へと心を傾けてしまったのか。
 それでも…。
 …俺にはもう待つしかないんだ。
 電話の向こうのつくしに、何度、自分に助けを求めてくれと懇願してしまいたかったか。
 司から逃れて、自分のもとへと帰ってきてくれ、と。
 彼女の優しさと弱さに訴え、縋りつく誘惑は、なんと甘美で容易なものだったか。
 …静の時のように?
 あまりに成長していない自分を自嘲して、それでも耐える苦痛に身悶えた。
 …巻き込みたくない。
 それは本当のことだけれど。
 だがつくしは本当にわかっているのだろうか。
 今、彼女は最後の選択を二人の男たちから委ねられ、彼らの生殺与奪を手にしているということを。
 …彼女がいなくては、もう生きていけない。生きていたくない。
 「やれやれ、これでとりあえずは、ここでやらなきゃならない書類は終わりかな?もういい?三田村?」
 手渡された書類を確認し、三田村が頷き、類が伸び上がる。
 「ああ…これで、明日から休暇だね」
 「…休暇ではなく、謹慎ですから」
 きっちり訂正してくる三田村に、類が微笑む。
 「お前はなんとも思わないわけ?」
 「…はい?」
 首を傾げる秘書を意味ありげに見上げ、類は椅子から立ち上がって、夕焼けの残滓が入り込む大きな窓辺へと歩み寄った。
 …ここから見下ろす景色も、これでももう見納めか。
 それだけは、少しだけ惜しい気もした。
 以前の彼にはもちろん何の感慨もなかったことだけれど、秘書として一緒に働くなるようになったつくしが、すごい綺麗な景色が見えると、いつもとても喜んでいたから。
 …ま、別に東京タワーとか、なになにタワーとかでも喜んでくれるだろうし。
 どこにいっても、なにを見ても、彼女はそれぞれに小さな喜びや幸せを見つけては類にも教えてくれる。
 「プライベートなことです」
 「ん?」
 「私がお仕えしているのは経営者としてのあなたであって、私はあなたの教育係でもなければあなたの細君(※妻)でもないわけですから」
 なんだか、言い草が笑える。
 「ぷっ、なにそれ。俺もこんなゴツイ奥さん嫌だけどさ」
 「それに…」
 「………?」
 「倫理観がどうの、犯罪がどうのというのであれば、もっとえげつない方法で人を追い詰めて死に至らしめてしまうような経営者などいくらでもおりますよ」
 大企業の論理と人の野心の間に翻弄され、かつて権力闘争の末に父を失い、嘱望されていた未来を閉ざされかけた男の目に昏いものがわずかに覗く。
 人には誰しも、昏い闇があって、そこから抜け出せる者、抱えたままそれでも未来へと踏み出すことができる者がある。
 そして、また闇に留まったまま、もがき苦しみながらその連鎖から抜け出すことができず、新たな哀しみを生み出してしまうのもまた人間だった。
 …お前にさえ、『昏い闇』はあったんだものね。
 光そのもののような、明るい笑顔としなるような強さを持つ、彼のただ一人愛する女を思い浮かべる。
 類にとって、闇も光もどうでも良い。
 ただ、すべてが彼女へと帰結する。
 闇であり、光であり、愛であり…それらすべてであるつくしへと。
 「三田村、じゃあ、そろそろここでの仕事の店じまいとしようか」





◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ





ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2






関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【犬も食わない20】へ
  • 【言葉はいらない06】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【犬も食わない20】へ
  • 【言葉はいらない06】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク