FC2ブログ

「昏い夜を抜けて…全483話完」
第九章 暁闇①

昏い夜を抜けて444

 ←犬も食わない17 →言葉はいらない03
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 なんだか妙に笑いたくなってしまった。
 「…何を笑っているのです」
 どうやらその衝動に素直に従ってしまっていたらしく、志保子の声が怒りに震え、ますます視線を険しくしている。
 一応、母を愚弄しているつもりはない。
 よけいな反感を買いたいわけでもないので、片手の甲で口元を抑え、もう片方の手を上げ母の勘気を宥める。
 「いえ、すみません。お父さんも仰ったセリフだったもので、自分の評価が人にとってどんなものなのか、あらためて教えられた気がして、つい笑ってしまいました」
 「…私が言っていることは、冗談などではありませんよ」
 志保子の少しも和やかさを含まない冷たい声音に、類の顔からも表情が消える。
 元々楽しくて笑っていたのではなかった。
 ただ、類の本質をそこまで理解していながら、そんな彼が初めて執着した女を侮り、取り上げようとする両親の浅慮が少し寂しかったのかもしれない。
 …いまさら、だけどね。
 「牧野を殺しでもしますか?」
 「……っ」
 「それとも、どこぞの誰とも知れぬあなたの崇拝者を使って、彼女を襲わせて、自殺にでも追い込むとでも?」
 目の間に立っているはずの息子の姿が遠ざかり、二重写しによく似た面影の男の姿に変わる。
 類は志保子似だと誰もが口を揃えたが、だが彼女にとっての類は夫の変わり身。
 まるで昨日あったことのように、過去の光景がフラッシュバックして、志保子は口元を抑えた。
 …私じゃない。
 何度訴えたかっただろう。
 けれど、心の奥底で…。
 そうよ、きっと私は望んでいた。
 …七生、あなたなんて、私の前から消えていなくなればいい、と。
 「見果てぬ夢…」
 だがしかし、ポツリと志保子が呟いたのは、先ほど類が言った言葉だった。
 「夢なんかじゃない。私にとってあなたが花沢を継ぐことは夢なんかじゃない」
 ただ、それだけが生きられる理由だったのだ。
 生きていても良いのだと、赦されたたった一つの理由。
 愛もなく、ただ花沢の後継者を生み出すためだけに妻にと求められて…もし、その義務さえも果たせなかったとしたならば、志保子の人生はいったいなんだったというのか。
 …何のために、あの子は死なかければならなかったの?
 自分さえいなければ、そう思って涙を流したあの日。
 けれど息もできぬほどの罪悪感に、その思いを憎悪に変えた。
 「そ…うよ、あなたをこの花沢の当主とするためなら、私はなんでもするわ」
 指先が冷えて、震える唇から絞り出された言葉が自分の言葉だなどと、志保子自身も信じられなかった。
 それでも、人は一度罪を犯してしまえば、もう簡単にそのボーダーを超えられるものなのだと、自分は知っている。
 何度も何度も…悪夢に見たあの光景を、たとえ繰り返すことになるのだとしても。
 「…そう、ですか」
 類が視線を落す。
 その唇の端に浮かんだ笑みは、自嘲だったのか。
 「…俺は、思った以上にあなたに似ているのかもしれませんね」
 「類」
 「わかりました」
 あっさりと顔を上げた類が、踵を返し、ノブを回してドアを開け放つ。
 「それなら、俺があなたに対して言えることは、もう何もない」
 「私は本気ですよ。あなたがこの花沢を…私を捨てると言うのなら、私にはもう何も失うものなどないっ。それくらいなら、あなたの大切な人を道連れにすることも厭いません」
 「そうですね、あなたになら出来るのかもしれない。でも、それなら俺は、あなたの執着自体を壊して差し上げるしかないようだ」




*****




 「…どちらに向かわれますか?」
 運転手に告げられ、頬杖をついて車の外を眺めたまま、チラッと視線だけを向ける。
 「そうだね、どこにしようか」 
 特に決めていなかった。
 …どこでもかまわない。
 「そうだね、今日は久しぶりにメイプルにでも泊まろうかな」
 「よろしいのですか?」
 ここのところ、類が両親に動向を探られそうな定宿を避けていたのを知っている運転手が問い返す。
 彼は花沢家ではなく、類個人が雇っている使用人だった。
 「ま、いいんじゃないの?そろそろ放浪生活も終わりかな」
 どちらにせよ、もはや両親に類を拘束できる力などないのだ。
 あとはただ、人の狂気が大切な彼女を傷つけないように、ただそれだけ。
 「高階のお祖父様にはちょっと申し訳ないかな」
 類を買っていた祖父。
 もしかしたら、さまざまな人間たちの不幸の元凶を作り出した男。
 どちらにせよ、祖父との関係もしょせん、狸の化かし合い。
 …まあ、利益は上げて差し上げたんだから、そこはそれで我慢してもらうしかないよね。
 携帯電話のメモリから、一つの番号を呼び出す。
 正直、たびたび接触をとるのもどうかと思う相手だが、まあ、それもこれで最後か。
 下手をすれば与えた情報を逆手に脅迫でもしかねない相手だが、それはその脅迫を脅威に感じる人間だけが心配すればいいことだ。
 …まあ、牧野のことを突っつけば、俺だけじゃなく、司も出てくると骨身に染みてることだろうしね。
 トゥルルルルル、トゥルルルルル、トゥルルルルル……………。
 「あふぅ」
 なんだか眠くなってきた。
 中々でない電話に、面倒臭くなる。
 別の人間を使おうか、そう思案したのが通じたように、慌てたように相手が応答した。
 「……やぁ、こんばんは。うん、そう、俺」
 嵐が近づいている。
 類にとっても、…つくしにとっても、誰にとっても大きな嵐が。
 窓の外の雨は激しさを増し、昏い夜を切り裂く雷の光と音が近く間隔を狭めていた。
 ピカッ、ドオォォォォォンッ、ゴロゴロゴロゴロゴロ。





◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ





↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2






関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【犬も食わない17】へ
  • 【言葉はいらない03】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【犬も食わない17】へ
  • 【言葉はいらない03】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク