FC2ブログ

「中・短編'」
言葉はいらない

言葉はいらない02

 ←昏い夜を抜けて440 →昏い夜を抜けて441
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「青池商事って…あの青池和也くんがあんたのお見合い相手ってこと?」
 びっくり眼で桜子に確認する滋はもちろんのこと。
 キョトンとしているつくしも咄嗟に理解できていないらしい。
 とはいえ、何食わぬ顔をして頷いている桜子も同様だ。
 「そうみたいですね。あちらはお金が唸るほどある。こちらは家柄と血筋ばかりが際立っていてお金がない。そこを大叔母が見計らってもちこんだ縁談みたいです」
 どちらがどちらにだか知らないが、ずいぶん思い切った取り持ちようだ。
 これが両親健在だったら、成金など一昨日来い、と塩でも撒く勢いもあるだろうが、今の台所事情では正直、それもありかもしれないと思えるのが少し寂しい。
 守ってくれるべき両親がいないことで、幼い頃からさんざん辛酸を舐めてきた桜子には、幸いなことに外見ほどにはそういうところにこだわりはなかった。
 …外面を保ったところで食べていけなければ仕方がない。
 旧華族のお嬢様らしからぬ割り切り。
 これもそれも、もしかしたらつくしとの付き合いで悟った真理なのかもしれなかった。 「ま、どちらにせよ、青池さんとじゃお互いにジョークみたいなものですから、会うだけで会って義理を果たせればそれでいいんで、考えようによっては楽なものですよ」
 「……ジョーク」
 なにげにひどいセリフだが、確かにあの和也にしても、桜子との結婚など考えられもしないだろう。
 だが、腕時計を確認しながらの次のセリフはその上をいっていた。
 「でも、青池さん、日本に戻ってきてたんですね。何をトチ狂ったんだか、大学に入ってすぐにブラジルだかチリだかに留学して、そのまんま帰ってこないものとてっきり思ってたのに」
 「……さ、桜子」
 「桜子、あんた相変わらず、和也くんにひどすぎ~」
 「え~?そうですか?………あ」
 おそらく気がついたのは、相手より桜子の方が先。
 プップッ―――――。
 いかにもお金持ち坊ちゃんのデート仕様車。
 真っ赤なプジョーのオープンカーが、カフェのウィンドウの向こう側に路駐し、桜子が視線を向けたのに気がついて、運転手が手を上げる。
 一瞬輝いた桜子の笑顔は本物だった。
 なんだかんだ言って、窓の外へと視線を向けた桜子の顔には純粋な喜びがあって、滋とつくしが顔を見合わせ笑みを交わし合う。
 「なんですか?」
 気がついて睨みつける顔が赤い。
 「いや、桜子が可愛いなと思って」
 「…なんだかんだ言って、カレのこと好きなんじゃない」
 「だ・か・ら!嫌いじゃないって言ったじゃないですかっ!!」
 「「素直じゃない」」
 今度はどうやらカラかわれるのは桜子の番らしい。
 そんなのは彼女の流儀じゃない。
 「…もういいです。好きに言っててください。これ、お代。もう私は行きますから、優紀さんによろしく」
 さっと、伝票の下に1万円札。
 「サンキュー、じゃあ、次回はあたしで」
 「…ありがと」
 一万円札は多いとは思うが、これもお互い様。
 むしろカードではなく、現金を置いてゆくのはつくしにあわせてで、お釣りを返しやすいようにしてくれているのだ。
 高校生時代は割り勘にこだわったが、社会人になってからはつくしも四角四面にこだわるのは辞めた。
 …次回、あたしが奢ればいい。
 あるいは、その次の回に。
 「私からの先輩への同棲おめでとうのお祝いですよ」
 「えっ!?」
 「ははは…、そりゃ安上がりだ」
 「あるいは、リア充な私からの幸せのお裾分け?…この場合は滋さん限定になってしまいますかね?」
 「ぶ―――ッツ!!」
 「…ふふ、じゃあ、また」
 颯爽と踵を返す桜子の後ろ姿はそれでも弾んでいるように見えた。
 「なにげに小走りじゃない?」
 「ああ見えて、けっこう彼氏には尽くすタイプだから、あんなこと言ってたけど、今度は上手くいくといいでですよね…」
 「……うん」
 カフェのウィンドーの向こう、出迎えた男にエスコートされ、助手席に座る桜子の顔は、演技ばかりでなく本当に嬉しそうだった。





 「ごめん、今日、ずいぶん待たせたよね?」
 「ううん、大丈夫。…だって、お父様から大事な話があったんでしょ?」
 今日は数日前からデートの約束だった。
 ところが、今朝になって実家の父親から呼び出しを受けたからと、予定を変更され、その暇潰し?にいつものメンバーを呼び出したのだ。
 つくしと優紀はどのみち週休二日制の日曜日。
 会社は休みで、つくしの方はデートしようにも恋人の司は多忙すぎてだいたいの充実は丸空きだ。
 滋が空いていたのはもちろんのこと、日本にいたことさえ運が良かったがこちらはといえば、リアルが乾きまくっていて恋人の一人もいないので、オフともなればむしろ呼び出されたのは勿怪の幸いで。
 唯一優紀だけは、お茶の誘いにはOKをくれたが、どうやら一人暮らしの彼氏の家からの直行のようで今日は会えなかった。
 どちらにせよ―――。
 女の友情は、まずは男が最優先。
 恋人が現れれば二の次。
 まあ、あとはつくしの同棲生活を魚に盛り上がってくれるだろうから、気にすることもあるまい。
 「表参道のヒルズにクロエのバッグの新作が入荷されたみたいなの。…今日はそこでお買い物したいなぁ」
 さりげにおねだり視線。
 桜子ならどうしても買いたければ買えないような物品ではなかったが、こうしてステータスのある男にはあえて買わせる方が優越感や所有欲を擽って喜ばせられることが多い。 今身につけているアクセサリー類も実は、今目の前にいる恋人に以前のデートの時に買ってもらった物の一つだった。
 さすがに一々、女を釣るために渡したプレゼントすべてを覚えているわけでもなかろうが(そんな男かえって嫌だ)、気がつかれた時には絶大なアピールになる。
 桜子の外見だけを見て嫉妬する女たちは勘違いしているが、より好ましい男を惹き付けるには美貌だけではない努力も必要なのだ。
 その努力を怠っている女たちなど敵ではない。
 とはいえ―――、
 …先輩みたいに理解しがたい無自覚・努力皆無の天然に、最上級の男は盗られちゃったりするのよね。
 とりあえずつくしは別格。
 喉から手が出るほどの男達に熱愛される彼女は羨ましいが、無いものねだりは不毛というものだろう。
 「……トオルさん?」
 「ごめん、桜子ちゃん。今日は話したいことあるから、いつものホテルのバー直行で構わないかな?」
 外はまだ明るい時間帯だが、時刻はpm.16:00を回っている。
 多少開店には早いだろうが、ホテル内にはカフェもあり、場合によってはそれこそどうしてもというのならば部屋に直行しても構わないだろう。
 そんな桜子の思案を読み取ったように、カレも提案する。
 「まあ、部屋もとってあるから、そのまま部屋で二人で飲んでもかまわないし、どうかな?」
 「………うん、学生の私と違って、トオルさんは明日、お仕事あるんだもの。トオルさんに合わせるわ」
 「悪いね」
 いつもだったら桜子の極上の笑みに、蕩けきって鼻の下を伸ばすトオルが苦笑している。
 …まさか、もう結婚をせっつかれたとかそういうこと?
 桜子が旧華族出身の名家の娘だと知った途端、出会って一週間もしないうちに両親に引き合わされたあげくに、『結婚を前提に』などと言い出されそうになったことは記憶に古くない。
 その中にはおそらく、司を始めとしたF4や大河原財閥の一人娘・滋との親交の深さも考慮されているのだろう。
 …そもそも知り合ったのも美作さんのところのパーティだったし。
 『結婚』…いずれは考えてはいるものの、まだいくらなんでもそこまでの見極めが桜子にはできていないし、そうとなれば心積もりもまだだ。
 恋人には艶然と微笑みつつ、だが内心、せっかくオシャレをしてきたのだから、その労に見合ったデートくらいは楽しませてもらいたいものだと、桜子はコッソリと溜息をついた。





◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ





↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2






関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【昏い夜を抜けて440】へ
  • 【昏い夜を抜けて441】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【昏い夜を抜けて440】へ
  • 【昏い夜を抜けて441】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク