FC2ブログ

「中・短編-」
ブレイクアウト…18話完

ブレイクアウト17

 ←ブレイクアウト16 →ブレイクアウト18~完
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「………し、つくし!」
 ビクッと思わず耳元を抑える。
 驚いて顔を上げれば、呆れた顔の久子がヤレヤレと彼女を見下ろしていた。
 「もう、どうしちゃったのよ、つくし。講義終わったから帰ろうって言ってんのに、ぼうっとしたまま身動き一つしないんだもん。目を開けたまま寝てるのかと思っちゃったじゃない」
 「ははは…ごめんごめん。ちょっと、疲れ気味だったかな」
 「あんたまたバカみたいにバイト入れてるもんね。よくそんなんで好成績キープできるもんだと感心するわ」
 「……そうかな。特待生だから、成績落とせなくて頑張るしかないだけだよ」
 実際そのとおりだが、それでもそれだけでない理由で無茶なスケジュールを自分に科して、挙句の果てに授業中、ぼうっとしているのでは本末転倒だった。
 「たまにはゆっくり休んだら?」
 「……うん、ありがと」
 体の丈夫さと根性には自信のあるつくしも、ここのところ過労している自覚があって、さすがに今日はバイトも休んで、アパートに帰ってゆっくり休むつもりだった。
 …倒れたら元も子もないし。
 呑気に寝ていられる立場でもないのだ。
 連れ立って並んで歩く。
 一時期は、どこかの誰かさんのおかげで、鋭い視線を浴びせかけられたものだが、さすがに今はもうそんなこともなくなり、元の平和が戻ってきていた。
 …ホント、はた迷惑な男だったよね。
 そう思うのに、ホッとするより、どこか胸の奥に穴が空いているような気がして、妙に寂しくて寒さが身に染みる。
 「…最近、西門さん、お迎えに来てないね」
 ドキッとする。
 総二郎との同居を解消した暁には、フられたことにしようと思い決めていたのに、いざそうなると、たとえ嘘でも、物悲しくてそんな嘘をつく気になれずに、そのままにしてしまっていた。
 …どうしようかな。
 別に誤解は誤解のままにしていても、特につくしの方は困ることがあるわけではないが、かといって付き合っているわけでもないのに、そのままにしておくのも総二郎に悪い気がして、対応に迷う。
 「と、思ったら…」
 「え?」
 顔を向けた先、校門の門柱に寄りかかる見慣れた男の姿。
 つくしが気が付くのとどちらが早かったのだろう。
 まだまだ距離もあり、間に人もたくさんいるのに、なぜか互いの姿しかその目には映らないで、表情さえも見えた気がする。
 「…なんだ。ここのところつくしの様子もおかしいし、西門さんの影もカタチもなかったからさ。てっきりフられちゃったのかと思って、心配してたけど、取り越し苦労だったんだね!」
 嬉しそうな久子の言葉に困って曖昧に微笑む
 言い訳しなくても、どうやら察してくれていたようだが、けれど、今はそんな友の優しい気遣いよりも、総二郎が気になるなんて、どんだけ自分は浅ましいのだろうと思う。
 けれど…。
 …誰を待ってるんだろ。
 もしかしたら、という思いもある。
 けれど総二郎は高校生の頃から、付き合う女に事欠くこともなく、常に両手の指で足らぬほどの女たちを渡り歩いていたような男だ。
 そんな彼が好んで連れ歩いていたカノジョたちとはまるで違うタイプの女であるつくしを、待ち伏せするような理由をつくしには思い当たらなかった。
 …ボン、キュッ、ボン、だったかな。
 昔、あきらとそんな与太を飛ばしていたのを耳にした覚えがある。
 「ほら、また黒集りになってるじゃん。図々しいどっかの女にコナかけられる前に、さっさと行ってあげなよ」
 「え?…いや、そのあたしは」
 迷うまもなく、ドンッと久子に押し出され、仕方なく総二郎のいる方向へと歩き出す。
 …挨拶くらいしても、おかしくないよね。
 いまだ友達という感じでもなかったけれど、でもそれならどういう関係だと明確に互いに表す関係が思いつかず、やはり友達が一番しっくりくる関係だろうと思い決める。
 「…そうだよ、友達、友達」
 「誰がだよ?」
 つい心で言い聞かせるつもりが、緊張のあまりつい口に出してしまっていたようで、目の前に迫った総二郎が、寄りかかっていた門柱から身を起こして、怪訝につくしを見返す。
 「あや…えっと、その…こんにちは?」
 「………………よ」
 まっとうな挨拶ではあったものの、釈然としない顔の総二郎が、挨拶を返して互いに無言になってしまう。
 「…………」
 「…………」
 「…………」
 「…………」
 「……………その、じゃあ」
 「じゃねぇよっ!」
 沈黙に耐え切れず踵を返そうとしたつくしの手首を捉え、反対の手で自分の顔を撫でた総二郎が大きく息を吐き出す。
 「………すまん。俺、今、すげぇテンパってから」
 「はい?」
 「とりあえず、そこにバイク停めてっから、どっかで落ち着いてお茶でも飲んで話そうぜ?」
 どうやら勘違いではなく、正しくつくしを待ち伏せしていたようだ。
 「…あ~」
 「もしかして、バイトか?」
 「いや、今日はもうこのまま帰るだけだけど」
 「ふぅん?じゃあ、ちょうどいいか。どうせなら、お前の部屋で話すか。そのほうが落ち着いて話せるだろ」
 「え~~~」
 仰け反って、足を踏ん張って抵抗するつくしに、総二郎が切なげな眼差しで小首を傾げて問い返す。
 「…もしかして、警戒するか?」
 「いやぁ……」
 最後の日にあった事を思えば、警戒してもおかしくはないのに、不思議にそういう気持ちはつくしにはなかった。
 …かなりあの時は酔ってたし。
 本気の男の力は、つくしも知っている。
 もし本気で総二郎がつくしをどうこうしようとしていたら、つくしが彼に抗うことなどできなかっただろう。
 肉体的にも…精神的にも。
 …だって、あたしは、西門さんのこと。
 「いいよ、うち行こうか。ちょうど、進も今日は彼女とデートで遅くなるって言ってたからさ」





◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ





↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2






関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【ブレイクアウト16】へ
  • 【ブレイクアウト18~完】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ブレイクアウト16】へ
  • 【ブレイクアウト18~完】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク