FC2ブログ

「中・短編-」
ブレイクアウト…18話完

ブレイクアウト11

 ←ブレイクアウト10 →ブレイクアウト12
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「…実は、そうなんだ」
 やはり総二郎の問いかけは的を射たもので、照れくさそうに総二郎の兄はあっさりと頷く。
 「俺も勘当同然に家を出て、いまさらとは思ったけどな」
 「………」
 事情を知らないつくしだったが、そこには家庭の事情が深く関わっていることが容易に察せられて、赤の他人の自分がこのままここにいて聞いていてもよいものかと迷う。
 かと言って、話の腰を折るのも気が咎めて、チラチラと総二郎の横顔を仰ぎ見るしかできない。
 「彼女、親の都合で高校からドイツなんだ。でも、もし俺が日本で開業するつもりなら、一緒に日本についてきてもいいと言ってくれている」
 恋人が何かをいうたびに見つめ合って頷きあって、本当に互いが互いを想い合っているのがよくわかる微笑ましい光景。
 …なんか、いいなあ。
 いつか自分もこんなふうに、恋人との結婚を家族に報告するのだろうか。
 事情がありそうな感じはするが、それでも幸せそうな二人には一点の曇りもない。
 「…じゃあ、日本に帰ってくるつもりなんだ?」
 「すぐにってわけじゃないけどな。もっとも、開業はずっと先の話だから、帰国してもしばらくは教授のツテで、どこかの病院で宮仕え」
 「まあ、兄貴ならどこでも引っ張りだこだろうけど」
 なぜか総二郎の声音にハリがないと思うのは、つくしの気のせいだろうか。
 「…できることなら、オヤジやオフクロにも祝福してもらいたい。立場が立場だから、公に俺を許すことは難しいにしても、せめて報告することはしたいんだ」
 「………そう。いいんじゃない?そろそろ時効だと俺も思う。オフクロにしても、正直、兄貴のことが気になっていたのが本当のところだろうし」
 「はぁ~、良かった、お前にそう言ってもらえて」
 緊張しているふうには見えなかったが、緊張していたらしく大きく息を吐いて安堵している様が好ましい。
 「ちょっと遅い時間だけど、もし飯がまだなら、ルームサービス取るから一緒に夕食をとらないか?もちろん、カノジョも一緒に」
 今度はつくしと総二郎が顔を見合わせる番だ。
 「あの、せっかく久しぶりにお会いしたんだから、家族水入らずでゆっくりしなよ。あたしは先に失礼するから」
 当然遠慮して、立ち上がりかけるつくしに、総二郎の兄が声をかける。
 「いや、君も迷惑でなければ、一緒してくれないかな?総二郎の最近のこととか、聞きたいし」
 しかし、どうしようか迷うつくしを遮って、総二郎がソファから立ち上がる。
 もちろんつくしの手を掴んで、一緒に立ち上がらせ、部屋の出口へと促す。
 「いや、今日は俺たち帰るよ。こいつ、明日も朝から講義が入っていて早いし、あんまり遅くなると門限がうるさい家だから」
 ……は?
 門限、もなにも親元を離れて弟と二人暮らしだ。
 そうでなくても、『うるさい』とは対局の位置にいる親なので、まさにつくしにしてみれば青天の霹靂。
 それでも、総二郎がこの場に留まっていたくないことはなんとはなしにわかる。
 「…そうか、それは残念だな。俺たちは来週までこっちに滞在する予定だから。西門の邸の方にも挨拶に行くけど、また都合が付くようなら俺たちにつきあってくれよ。もちろん、カノジョも」
 
 「ああ」
 「……はい、えっと、機会があれば」
 総二郎の兄の『カノジョ』認識を訂正しなくてもいいのか、と思いつつ、今現在手つなぎしている状態で、それを訂正するのも面倒臭く、どうせもう二度とは会わない相手だ。
 総二郎との同居生活はあと2日。
 別に仲違いするわけではないので、そのあとも友人付き合いをしようと思えばできるのかもしれなかったが、つくしは総二郎との関係をそう長く続くものだとは思っていなかった。
 どのみち生まれも立場も、生きる世界さえも何もかも、全く違う男なのだ。
 ただ異性であるというだけでさえ、友情を継続させることは難しい。
 司や類、あきらとそうであったように、英徳を出てしまえば、総二郎ともすれ違うことすらもうないだろう。
 奇妙な縁で繋がってしまった縁は、また切れて別々の人生を生きてゆく。
 それが妙に寂しいなんてと、つくしは総二郎には知られないように自嘲する。
 部屋の玄関先まで見送りにきた兄とその恋人と別れの挨拶を交わし、総二郎が踵を返そうとしたその時…、
 「…総二郎」
 兄が呼び止めた。
 「なに?」
 あらたまった真摯な表情に、総二郎が怪訝に眉根を寄せる。
 「……悪かったな」
 「は?なんだよ、急に」
 思い当たらないようで面食らっている弟に首を振る。
 「いや、言っておきたかっただけだ。気をつけて帰れ」
 それ以上はその『悪かった』の意味を語るつもりはないらしく、総二郎を促し別れを交わす。
 「ああ」
 「お邪魔しました」




*****



 「…さむ」
 つくしは吹き付けたビル風に、首を竦めて寒さをやり過ごす。
 ホテルを出ると、とたんに冬の寒さが猛烈に身に染みた。
 なまじ暖かったところから、寒いところへの移動だったからなおさらだっただろう。
 けれど、隣を憤然と歩く総二郎はそんな寒さや、つくしの様子にも気がつかないようでズンズンと歩いている。
 さすがに、走るほどではないが、歩幅がかなり違う。
 半ば小走りになってしまっているつくしも、その横顔の暗さに声をかけづらい。
 …なに、拗ねたみたいな顔してんのよ。
 そう茶化してやりたいのに、傷ついたような目の光がそんな言葉を飲み込ませ、仕方なく男の身勝手な歩行に合わせて足を動かす。
 …ひ~、ひ~、ぜ~、ぜ~、つ、疲れるぅ。
 これくらいなら、手を離してもらって自分のペースでジョギングした方がまだマシだ。
 「………悪い」
 さすがに荒い息を吐くつくしの様子に気がついたらしい。
 「あ、あんた、あ、足の長さ…が、全然…違う…んだから、そこんとこ…ちゃんと、認識して…歩いてよね」
 手を離してもらって、ゼーハー、ヒーハー深呼吸を繰り返すつくしに、ふっと表情を緩めて、額を小突く。
 「これくらいで息を切らしてんじゃねぇよ。毎日せせこましくやってるくせに、案外体力ねぇんじゃねぇの?」
 「あのねぇ、自分の…ペースで動くのと引きずられるのじゃ、雲泥の差なのよ!はぁ~疲れたぁ。まったく、競歩かっつーの。そんなにサッサカ一人で歩くなら、自分一人でさっさと帰ってくれればいいのにっ」
 つい仁王立ちしてしまっているつくしに総二郎が失笑する。
 「先に一人で帰ったら、そこにはお前がいないじゃん」





◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ





↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2






関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【ブレイクアウト10】へ
  • 【ブレイクアウト12】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ブレイクアウト10】へ
  • 【ブレイクアウト12】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク