FC2ブログ

「昏い夜を抜けて…全483話完」
第九章 暁闇①

昏い夜を抜けて431

 ←意地張ってんじゃねぇよ!18 →意地張ってんじゃねぇよ!19
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 まさか…。
 まさか…。
 先ほどから脳裏を掠めては否定を繰り返しているのは、同じ言葉で。
 いまさらそんなことに気が付く自体がつくしの迂闊さゆえなのかもしれない。
 けれど、本当はわかってはいても疑いたくなかったのだ。
 桜子が…まさか、自分を裏切ることがあるとは。
 「…どういうこと?何時間寝てればって、今何時なの?」
 突き出された腕時計を黙って覗き込む。
 …相変わらず、すごい高そうな時計しちゃって。
 そんなどうでもいいことが思い浮かんで、無性に笑い出してしまいたくなってしまった。
 これもまた一つの現実逃避なのかもしれない。
 今直面している事態への、あるいはこれから自分が相対しなければならないことへの。
 時計の針は午前1時を回ったばかり。
 確か桜子と呑んでいた店についたのは19時近くになっていただろうか。
 正確な時間などわかりはしなかったが、それでもたぶんあの店で飲み食いしていたのはせいぜい2,3時間のことだろう。
 その後潰れて、ここへと移動されてしまったにしても、まだそう時間はたっていないはず。
 そう思う端から、目の前の男ならやりそうなことがすぐに思いついて、さきほどからの懸念に加えて、その突拍子もない危惧が振り払えない。 
 …確か、マジョルカ島はスペイン東部の島だったわよね。
 司の…もはや桜子の知人というのが司だということは間違いない…別荘だという島は、マジョルカにあるというわけではなかったけれど、それでもその周辺にあるというのだから、時差や東京からの移動距離はマジョルカ島とそう変わらないと考えて間違いないだろう。
 と、いうことは。
 マジョルカ島との時差は、東京の方が8時間進んでいる。
 移動するとなったらどうしても17,18時間はかかるはずだが、司には自家用ジェットで移動するという離れ業ができる。
 …それにしたって、10時間(※)以上は間違いなくかかるはずだよね。
 意識のないつくしを運ぶにしても自家用ジェットならば、どうとでもなる。
 そうでなくても、この男は常識の通じない相手だ。
 元々酒に弱いつくしを知っている桜子が、昨夜は妙に酒を勧めるな、とは思っていたのだ。
 類との失敗があって、外で飲む酒には用心するようになっていたつくしも、信頼する桜子が相手では全く疑う余地もなく、また完全なバカンス目的ではないとは言え、オフモードの気楽さから、次の日を考えることなくかなり許容量を超えた飲酒をしてしまった自覚がある。
 「…あたしを騙したの?」
 「何を騙したって言うんだよ」
 「こんなっ!…あたし、なんで…」
 聞きたいことが山となって口をついて、だが、逆に溢れ出した感情の波に言葉にならず、荒い息をつくばかりで、二の句が継げずにつくしは両手で顔を覆ってしまった。 
 「まったく、お前はいくつになっても迂闊な奴だよな」
 「…迂闊な女だから、騙すのも簡単だったって?」
 司が溜息をつき、無言で立ち上がる。
 その動作に一々ビクつくつくしに苦笑して、司が向かったのはベッド横のサイドテーブルに置いてある電話の横で。
 見るともなく見守るつくしをよそに、素知らぬ顔の司は…。
 「…俺だ。悪い、寝てたか?」
 ちっとも悪く思っていなそうな声音だったが、それでも一応は気を使っている言葉尻に、つくしは小さな驚きと感慨を覚えた。
 …やっぱり、こいつもかなり高校生の頃とは変わったんだな。
 それは見た目や、通り一通りの立ち振る舞いだけのことではないのだろう。
 「ああ。あ…?たく、却下してぇところだが、こいつもその方が落ち着くだろ。あ?30分だ?5分で来い」
 相変わらず俺様傲慢な命令だったが、苦虫を潰したような顔で渋々折れている。
 「わかったよ。じゃあ、15分以内に来いよ。ああ」
 頷いて司が電話を切った頃には、つくしもだいぶ落ち着いていた。
 いくら疲れているところへ深酒したにしても、子供でもあるまいに10時間以上も眠っていたなど信じられないが、酒が残っているように感じるのも二日酔いだと思えばそれほど奇妙ではないし、落ち着いてみれば、あの日…類によって意識もないままに体を奪われた時でさえ、初めてであっても体の異変に気が付けたのだ。
 こんな状況…バスローブ一枚で男と同衾していたというとんでもない状況ではあっても、自分が寝ている間にどうこうされてはいないことくらいわかって、小さく安堵の息を吐く。
 「少しは落ち着いたか?」
 「……まあね。誰か、ここに呼んだの?」
 「ああ。とりあえず、もう一杯、茶、飲むか?」
 またも、司手ずから入れてくれるということらしい。
 けれど、つくしはそれを制止して、自分もソファから立ち上がる。
 「いいわ、今度はあたしが入れるよ。でも、その前に…」
 司の真横を横切って、バルコニーになっているフレンチパティオドアへと近づく。
 警戒する気持ちがまったくないとはいわない。
 それはそうだ。
 いくら迂闊なつくしでも、シラフな状態で自分を好きだという男と寝室に二人っきりでいる緊張感は否めない。 
 しかし、司が自分に何かをしようと思えば、彼女が寝ている間にどうとでもできただろうし、そもそも、司がその気だったらどんなにつくしが警戒しようと、抗おうと、彼に逆らうことなど腕力的にも、状況的にもできるはずがないのだ。
 …叫んだって、どうせこいつが相手じゃ、誰も助けに来てくれるはずなんてないし。
 そして、彼の目の前で、自分が置かれた状況もわからないのに、むやみやたらに逃げ出すこともできるわけがない。
 それがわかっているのだろう。
 特に彼女の行動に、司は警戒しているようではなかった。
 それでもつくしの一挙一動を見守る司の眼差しは、彼の気持ちを含んで、熱く甘く…つくしを落ち着かない気持ちにさせる。
 ガチャッ。
 「ええっ?!」
 てっきり道明寺邸や、かつてF3に連れて行かれた司の家のカナダの別荘のようなコロニアル調の家屋敷に相応しい庭が広がっているのかと思っていたのに、つくしの眼前に広がっていたのは―――――。
 海。
 海。
 海。
 防音の行き届いた部屋に届いていなかった波の音が、つくしの耳を打ち、東京ではありえない磯の匂いを含まない汐の匂いが、驚愕に目を見開くつくしの頭をなおいっそう呆然とさせた。
 「落ちるなよ。ここは海に張り出して建てられてるからな」
 「あんた、いったい、あたしをどこに連れ込んだの?」
 「…連れ込んだ?人聞きの悪い。ま、言うなれば、地上の楽園?」






※東京からスペインまでの直行便がないため、通常ロンドンを経由して移動するので、スペインまでは飛行機で15時間ほど。+マドリードあるいはバルセロナから飛行機でマジョルカ島までは1~1時間半ほどかかるそうです。ハッキリキッパリ、そこらへんから加味して、ロンドンを経由しない、乗り換えがいらない等の直行であれば…こんなもんかな~と超適当に計算しましたので、そこは突っ込まないでねん。





◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ





↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2






関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【意地張ってんじゃねぇよ!18】へ
  • 【意地張ってんじゃねぇよ!19】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【意地張ってんじゃねぇよ!18】へ
  • 【意地張ってんじゃねぇよ!19】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク