FC2ブログ

「中・短編」
意地張ってんじゃねぇよ!…30話完

意地張ってんじゃねぇよ!18

 ←意地張ってんじゃねぇよ!17 →昏い夜を抜けて431
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 道明寺の言葉に、反論できなかった。
 大事なことなら、恋人に相談するべき。
 あまりにもっともなこと。
 でも、あたしにだって言い分はある。
 それに、本当だったらあたしだって相談したかった。
 だけど、その結果を最初からある程度予想できたからこそ、言い出せなかったってことをこいつはわかってない。
 …それに、案の定じゃない。
 そう思うのに、いつもとは違う道明寺の怒り方が怖い。
 瞬間湯沸かし器のように、がなり立ててあたしを怒鳴りつけるのがいつものこいつのパターンなのに、凍えたような冷たい目でジッと見られてあたしは身震いしてしまった。
 冷たい氷が胸の奥を下ってゆくような、ひんやりとした何か。
 これまでの喧嘩とは違う。
 それはそうだ。
 うやむや済ませていい事なんかじゃないから、当たり前。
 「……あんた、あたしの就職邪魔したでしょ?」
 「………」 
 続きを言えと、無言で見据えてくるから、ゴクリと唾を飲み込み、怖じける気持ちを奮い立たせた。
 …怖い。
 別にこいつに暴力を奮われる、とかそういうことが怖いわけじゃない。
 けれど、底冷えするこいつの眼光の底にある、気持ちが見えないのが不安だった。
 いつもは分かりすぎるほどにストレートな感情が遮断されて、こいつの中から完全にあたしが締め出されているような錯覚を感じさせられていた。
 「何社も何社も受けて…やっと決まったところだったの。内定もらって…あたしもずっと隠しておこうとか思ってたわけじゃない。でも…邪魔されたくなかった。なのに、さっき、内定取り消しの電話が入って…あたしの就職に大きな力が加わって、内定を取り消すようにって指示が入ったって…」
 「…それで?」
 「それでって」
 妙に冷静なこいつの声音がカンに触って、あたしの声が再びキツくなる。
 あんたのせいなのに…って。
 それなのに、なによ、それでって…そう言いたい。
 だけど、その言葉を口から出す前に、道明寺の方に先に口を開かれてしまった。
 「俺がそうさせたって?」
 「………」
 「お前の内定取り消させて、邪魔したってことか」
 …だから、そう言ってんじゃん。
 そう言いたいのに、情けないことに唇が震えて、上手く言葉を声に出せない。
 「ふっ」
 吹き出した道明寺が、笑ってるのに目が全然笑ってなくて、ひどく怖かった。
 「じゃあ、そうなんじゃねぇの」
 「……っ!?」
 「実際、お前から相談されてたら、そうしたくなったかもしれねぇし?」
 「…あんたじゃないって、言いたいの?」 
 「別に…」
 「別にってなによっ」
 こいつ、あたしの言葉をまともに取り合う気がないの?もしかしてっ。
 もちろん、そうじゃない。
 だけど、こいつがこの不毛な会話を既に投げているのがわかった。
 もしかしたら…。
 もしかしたら、投げてしまっているのはこの会話だけのことじゃなく、…あたしとの関係のこともそうなのではないかと、ふと気がついた。
 じわじわと湧き上がっていた不安の正体。
 あたしは目を見開き、あらためて道明寺の表情を伺った。
 だけど、こいつの感情がこんなにわからないなんて。
 あたしだけに見せてくれていたストレートな感情が、まるで壁で隔てられているように遠くて、…小刻みだった震えが大きくなるのを止められなかった。
 「もうどうでもいい。どうせ、俺が何を言っても信じねぇだろ?」
 「そんな言い方」
 「そうなんだよ、実際。お前はいつも俺を信じてない。俺を頼らねぇで、類を頼る」
 「類って、花沢類がなんで、こんな時に…」
 今までも確かに、何かといえば類のことをこいつは引き合いにだして、嫉妬して、言いがかりみたいにあたしを詰ってきた。
 それをこの場面でまたどうして、彼を登場させなければならないのか。
 あたしが何度花沢類は、友達だから仲が良いだけで、道明寺を好きなのとは意味合いが違うと説明してきても、どうしてもわかってくれなかった。
 「好きにしろ」
 「え?」
 「……お前の好きにしろ。就職でもなんでもお前の思うように好きにしたらいい」
 「道明寺」
 望んでいた言葉のはずなのに、急に空虚な気持ちに襲われる。 
 あたし…。
 「もう、俺もうんざりだ。こうして時間のない中お前に会いに来ても迷惑顔されることも、…無視されることも」
 「道明寺」
 バカの一つ覚えみたいに、道明寺の名前を呟くしかできないあたしをチラッと見て、道明寺が歪んだ笑みを浮かべた。
 それは…とても哀しそうな、あたしが今、ひどくこいつを傷つけたのだということが顕な辛そうな笑みだった。 
 「道明…っ!」
 「…専務」
 あたしの声と、女の人の声が被さった。
 突然割り入ってきた声に、あたしは驚いて声のした方へと振り返ると、申し訳なさそうな困った顔の女の人が、あたしへと会釈してくれた。
 「申し訳ありません、お取り込み中のところ」
 「話は終わった…取り込んでなんかいねぇよ。時間か?」
 「はい」
 余計なことは言わずに、頷く女性―――もしかして、道明寺の新しい秘書さんなんだろうか。
 寺島さんは?
 今まで、道明寺は女性の秘書は近づけていなかったはずなのに。
 …すごい綺麗な人。
 そんなどうでもいいことが思い浮かぶ。
 …それこそ、今こんな時にだよ。
 あたしと道明寺が、もしかしたら…別れようとしているかもしれない、今この時に。
 「お前が信じるかどうかしらねぇけど…」
 「……」
 「俺はお前の就職に関して、今回は何も関与していない」
 …そんなっ!?
 「もしどうしても不安なら、あきらでも滋でも…あるいは類にでも、頼んでみろ?お前が知りたいことがわかるんじゃねぇの?」 





◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ





↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2






関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【意地張ってんじゃねぇよ!17】へ
  • 【昏い夜を抜けて431】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【意地張ってんじゃねぇよ!17】へ
  • 【昏い夜を抜けて431】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク