FC2ブログ

「夢で逢えたら…全207話完+α」
第三章 忘れえぬ人①

夢で逢えたら081

 ←夢で逢えたら080 →愛しても、愛されなくても 前編
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 ここ数日、更新を滞り申し訳ございません。
 掲示板にて、体調不良による更新のお休みを伝えたところ、本当にたくさんのお見舞い&励ましのメッセージをいただきました。
 本当にありがとうございますm_ _m
 また、ご存じなかった方も、たくさんの「更新してね」コールを頂き、とても励みになりました^^
 これからも頑張って、つたない文章ですが綴っていきたいと思いますので、よろしくお願いいたしますm_ _m
 子供は派手に吐きまくってましたが、大人の方はそこまでいかず(私と息子の一人は熱を出しました><)。
 なかなかに辛い寝正月となってしまいましたが、皆さんもお体に気を付けて!
 つ、次はインフルエンザが待っている?ToT
************************************

 司と類の視線の先、ブルネットの髪の女がつくしへとシャンパングラスの中身を浴びせかけた。
 「…っ!」
 類がとっさに飛び出そうとした司の腕を掴み、押しとどめる。
 「放せ、類っ!」
 「人目があるよ」
 類が司へ警告するように周囲を見回すと、司の視線の先を探って何人かが周囲を見回している。
 揉めている女たちより、司への注目がここでは高いのだ。
 下手に騒ぎ立てれば、つくしへのいらぬ批判を引き寄せてしまう。 
 だが、あの女は…。
 見覚えのありすぎる女の嫌がらせを受ける女医を放置することなどできるはずがなくって、司は類の腕を振り切り一歩踏み出そうとした。
 ざわ。
 一部であるが、女たちの騒ぎに気が付いた数人の人々が、小さくざわめきを発した。 
 「…やるねぇ、Dr.」
 含み笑う類が、司を見やった。
 やられたら倍返し。
 そんな女の強気な声が聞こえてきそうだ。
 女医が自分の間近、テーブルの上のシャンパンクーラーに冷やしてあったワインのボトルを手に取り、敵対する女の頭へと一気に赤い液体を振りかけた。
 どう見ても自分が受けた被害の数倍の被害を相手に与えて、傲然と立ち阻む姿はけっして相手の不条理にも屈しない。
 嵐にも真っ直ぐと立つ女だ。
 瞬間、司の頭に沸き上がったインスピレーション。
 だが、その直感の正体を追う前に、後ろから女のほっそりとした手が司の腕に掛けられた。
 「Mr.道明寺?」
 今日エスコートすることを頼まれた、得意先の企業の社長令嬢だった。
 「こちらの方は?」
 わずかに頬を染めて司を崇拝するように見つめる眼差しは健気で可憐だったが、司にとっては特に見慣れぬものではなく感慨もない。
 そして、横で怜悧な微笑みを浮かべる類にとっても同様だっただろう。
 「ええ、私の幼い頃からの友人で…」
 類を紹介しながら、視線は相争う女たちの様子を伺う。
 筋違いにも女医に嫌がらせをし、返り討ちにあった女…ウィンチェスター夫人ジェーンも気にかかったが、その後から登場したもう一人の情人・江崎美緒の出現にも眉根を寄せた。
 「…まったく、始末に負えないね。お前の馬鹿さ加減には、総二郎を見習えとでもいうべき?」
 冷たく小さく呟かれた声音に反応したのは、嬉しそうに二人を見比べていた令嬢の方で、愛らしく小首を傾げる彼女に、類はいつもの捉えどころのない笑みを優しげに浮かべた。 
 自分がかつて、その女遊びのだらしなさに嘲笑ったこともある総二郎を引き合いに出されて、司はムッと鋭い視線を類に送る。
 だが非は確かに自分にあるので、類の冷たい真っ直ぐな視線を受け止めきれなかった。
 令嬢の話すどうでもいい世間話を右に左に聞き流し、意識は女医と美緒、ジェーンという自分を囲んだ愛憎渦巻く女たちへと引きつけられるというのに、自分の立場がこの場へと足止めし、思うままに行動することを許してくれない。
 内心のイラつきを内心で押し殺しながら、自分と同じ淡々とした礼儀正しさでこの場を留まっている類を不信に見つめた。
 司の視線にも気が付いているだろうに、類は何を考えているのか無視して動こうとしない。
 んだよ、お前のパートナーなんだろ?
 自分を棚に上げ、つい類を心中で非難しながらも、このくだらないおしゃべりをなんとか終わらせられないかと、視線で目の前の女を押し付けられる相手を探す。
 チ、こんな時、あきらか総二郎でもいれば。
 言っても詮無いことを思いながら、気づかれないよう司が視線を彷徨わせている横で、類が動いた。
 「おいっ、類」
 「俺はパートナーのところへ戻るよ。お前も、自分の役目を果たしな。可愛いそこのお嬢さんと楽しい一日を過ごせばいい」
 言葉尻に、いまではすっかり習い性となった棘を残して、真っ直ぐにあの女のところへと歩き出す。 
 類が向かった先。
 会場を抜け出そうと背を向ける女医の手を引く、長身の黒人の男の顔に、司の眉根が寄った。
 


 人目の付かない人工的な空中庭園の一角に辿り着き、つくしは手を握った男の手を思いっきり振り払った。
 「もうっ!いい加減にしてよっ。何なのよ、こんなところまで、引っ張り出して」
 「…ご挨拶だな、久しぶりに会ったというのに」
 「久しぶりって、この前も会ったじゃない。て、いうか、今更あなたと私が会って、どう喜べっていうのよ?」
 つくしのつっけんどうな言いようが予想した通りで、男は苦笑して傍のベンチへと促す。
 だが、つくしは長居などするつもりはなかったから、そっぽを向いたまま男の指し示すベンチへも腰を下ろさず、イライラと内心のイラつきをそのまんまに片足を踏み鳴らしている。
 レディとしては噴飯ものの振る舞いだったが、その正直さが男の目にいつでも新鮮で、取り繕い魚の目タカの目で足を引っ張り合う世界に生きる男の息を、ホッとつかせていたのを思い起こした。
 「昔話でも…」
 「するわけないでしょっ!?わけわからないわっ。あんな最低な裏切り方をして、今更あたし、いえ、私になんですって?それこそどうかしてるってものよ。あの時にも言ったと思うけど、もう二度とあなたの顔なんて見たくない。話しかけられるのも真っ平御免よっ!」
 吐き出された声は悲鳴のようだった。
 今の今まですっかり忘れたものだと思っていた。
 だがこうして実際に顔を見てしまえば、あの時の絶望と哀しみが蘇り、詰られずにはいられない。
 ロバートを愛してゆくつもりだった。
 信は置けないと思いつつもこの男を愛してしまったのは、自分に向ける愛情が、それだけは真実だと信じられたから。
 たとえ自分だけに囁かれる愛の言葉ではなくとも、時折見せる少年のような甘えが、孤独が愛おしく、守ってあげたかった。
 憎まなかったのは、なぜだったのか。
 ロバートはその常には自信満々な顔を心なしか歪め、ふと濁ったNYの夜空を見上げた。
 だが再び、つくしへと戻したその顔はいつもの傲岸不遜なもので。
 「それこそ俺も何度も言うが、俺はお前を手放したつもりは全くない。俺がこんな男だと、お前も知っていたはずだろう?」
 「ええ、知ってたわ。私以外にも女がいて、その女たちを食い物にしてたことはね」
 「じゃあ、何が問題なんだ?」
 「よりにもよって…」
 そこでつくしは大きく息を吸い込む。
 睨み上げる視線に力を込めて、厚顔無恥な男へと怒りを送り込むように。
 「よりにもよって、私が大切にしているものをあんたが踏みにじったからよっ。最低限、私が守りたいものをあんたも尊重してくれてるって信じていた。それさえ守ってくれていれば、あんたがどんな人でなしでも結局のところ許したわ。それなのにっ!?」
 「お前の恩師の孫娘を利用したのが、許せなかったのか?」
 「そうよっ!」
 どれほど世話になったことか。
 つくしの医大時代は困難に満ちていた。
 生死を彷徨う大怪我から数年。
 本来の自分を別人へと変え、全く知らない環境、愛する人たちと別離する立場に、さしもの彼女も精神的に不安定となっていた。
 それでも、無理を押して、かつて自分が目指した道を再度目指したのは。
 生きた証が欲しかったから。
 牧野つくしがこの世に確かにいて、恋して愛して精一杯生きていた証を土星のネックレス以外にも残したかった思いがあったのかもしれない。
 あの司が暴漢に襲われ、何一つなすすべがなかった恐怖。
 すべてはあの時に回帰する。
 幸いにして、そう幸いにして、司は一命を取り留めたが、あの時何もできない自分に苦悩し、祈るしかできなかった。
 道明寺を助けてください。
 生きていてさえくれたら、どんなことだって耐えられます。
 他には何もいらないから。
 必死に神という、それまで存在さえ身近に感じたことない形ない存在に祈った17才の日。
 あの時、自分に力があったら。
 司を救う力さえあったら、あんなことにはならなかったのだろうか。
 何もいらないと、命以外の何もいらないと祈りさえしなければ…。
 後悔などなかったはずなのに、心の奥底に燻っていた想い。
 だから…。
 「…そうやって、お前はいつも他の誰かを想って、どこか遠くを見ているんだよな」
 ハッとかけられたロバートの声に我に返る。
 医大生当時、思うほどには体調は回復していなくて、その意欲に反して炎への恐怖と、夢で訪れるフラッシュバックに授業を受けることさえ困難なことがしばしばだった。
 だが、その他の学生にはない信念ともいえる強い医学への志と想いに、その恩師はつくしを特別に可愛がり優遇してくれた。
 結局、体力的な問題で志していた外科医にはなることができなかったが、今の医師としての彼女があるのは、その恩師のおかげともいえる。
 怪訝に見返されたつくしの眼差しに、ロバートは皮肉ではないが、何とも言えぬ笑みを唇に浮かべ俯いた。
 「俺はお前に惚れていた。お前がどう思っていようとそれだけは本当だ。お前だけは俺を裏切らない。どんな俺でも受け入れてくれる。そう思っていたと言ったら、意外か?」
 「…、いいえ」
 「だよな。お前はわかっていた。だから、お前が本来嫌うタイプのはずの俺にもついてきた。だが、お笑い草だ。お前、誰を俺の中に見ていた?」
 上げられた顔に浮かんでいたのは冷たい憤怒。
 愛していればこそ許すことができない。
 この上なくプライドが高く、自分だけを信じてきた男だったからこそ、初めて愛した女が自分を他人の身代わりとして見ていた、これほどの屈辱があるだろうか。
 「あれ、どうしたんだ?お前が後生大事にしてた惑星のネックレス」
 「…っ」
 つくしはビクリと肩を震わせた。
 断罪する立場から、断罪される立場へと。
 身代わりになんてしてない。
 もうとっくに忘れた男だったのだから。
 忘れられた時に終わった恋に、いつまでも綿々としがみついていられるほど安穏とした人生ではなかった。
 そうは口にしたくても、男の確信に満ちた声音に、喉が張り付いたようにして声を出せない。
 「お前は知ってたよな。俺がどれほどプライドが高いのか。誰かの身代わりなんて耐えられるような男じゃないことを。だとしたら、俺がお前を裏切ったのは、お前の恩師の孫娘を裏切らせたのはお前じゃないのか?」
 言いがかりだとわかっている。
 だが、男の甘く冷たい断言に、つくしはのろのろと顔を上げた。
 魔物のような漆黒の眼差しがつくしを、傲慢に見据えている。
 いつの間にか、間近まで差し迫っていた男の両手がつくしの頭を両側から挟み込むように壁につき、囲い込んでいた。
 「今度、俺はシンガポール・グローバル・ホスピタルの副院長職に昇格する。院長職への王手だ。必然、内科総医長の地位が空く。俺は子飼いが欲しい。あそこは実力でいくらでも金と地位が手に入るところだ。あの時言ったように、俺と一緒に金と力の夢を見ようぜ?生まれながらにそれらを手にしてる甘ちゃんたちを見返してやるんだ。…お前は俺に償うべきだよな?」
 男の目に魅入られたように微動だにできないつくしの目を見据えたまま、ロバートの顔が傾けられる。
 つくしの唇に、男の冷たい唇がそっと重なった。

 にほんブログ村 小説ブログへ

web拍手 by FC2
 
関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【夢で逢えたら080】へ
  • 【愛しても、愛されなくても 前編】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

大変だったんですね

心配しました。毎日、ちゃんと更新していらしたのに…お正月休みかな?と思ったり
お身体大切に^_−☆

あけおめです(*^^*)

いつも更新楽しみにしています。
私にとって、こちらにお邪魔するのはすでに日課となっております。
花男二次小説ファンとしては、こうしてまめに更新してくださり、なおかつ読みごたえのある作品は、何物にも代えがたい大好物のご馳走のようなもの。
今日も満足♪
明日はどんなテイストに作品がなっていくか楽しみです。
体調に気をつけて下さい。
応援しています♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ほーりー様^^

初めまして^^
のっけから、お返事が遅れてしまってすいません。
体調も完全復活しましたし!これからバリバリ?頑張ってゆきたいと
思いますので、どうぞよろしくお願いいたしますm_ _m

夢で逢えたら…じれったさ満載の心理戦ばかりですが、いよいよ、司君がマーベル(つくしちゃん)への思い
に開き直り、完全復活が近づいています。
司君が復活すればもう、ロバートだろうが、4股5股してきた女性関係もなんのその、その愛のパワー?で
吹き飛ばしていけるかな^^一応、彼もうじうじから立ち直れば、年食った分頼りになるでしょう!たぶんw
つくしちゃんは、まあ、いまのところ息子ラブばかりで男どころじゃないでしょうけど、でも、それだけじゃあ人生寂しすぎますものね^^

まり様^^

お気遣いありがとうございますm_ _m
おかげさまで、体調も完全復活!?いたしました。
お返事もすっかり遅れてしまいましたが、どうぞ、これからもよろしくお願いいたしますね^^
まりさんや、皆さんの応援がいつも、私の書く力になっています^^!

tomo様^^

すっかりお返事が遅れてすいません^^;
温かいお見舞いのお言葉、ありがとうございましたm_ _m
ま、日頃から寝正月並みのぐうたら主婦なんですけどね…。
年賀状からやっと!?解放されたと思ったら、今日は明日の子供の始業式に向かって、冬休みの宿題管理
にTT(いえ、私が悪いんですけど。まだ、小学校一年生なので管理してやらないと無理っぽい…)

夢で逢えあたら…ま、ロバート君も、今を生きる一人の人でしかないので、彼もまた人生に足掻いています。
       >「マーベル、俺を見ろ」なんか、萌えますねぇ~wおそらく、司君も「牧野、俺を見ろ」だったんでしょうけど、なんかイメージが彼の場合、俺様のわりに、ワンコなので、「牧野、俺を見て、見て。見てくんないと、暴っぞ!?こら、てめぇ」みたいな^^;(←ちょっと違う?)
つくしちゃんも辛いところです。記憶喪失というありえない展開で恋人に捨てられ?、もしかしたら、司君みたいな人が相手だったらもしかしたら諦めなくてもよかったのかもしれませんが、途中でバッサリ自分だけ切り捨てられてしまった。これが単純に心変わりや普通の裏切りだったらもっと忘れやすかったと思うんですけどねぇ。残っているのは、熱く愛された記憶というんじゃ^^;(たとえ、冷たく追い払われてたって、それって通常の状態でのことじゃなかったですしね)。と、いうことで、司君のことを忘れないと生きていけない、でも、忘れられないのジレンマで、やっと臭いものには蓋?状態で、意識しなくても忘れていられた十数年後だったと思います。それを認めたらつらいですよね。今の関係がまた、歪だし><
つくしちゃんのキスシーン、そりゃ、あなた!?もちろん目撃なんてムフフですwムフフフフ。

ふたみ様^^

お返事がすっかり遅れてしまい、申し訳ありません。
ご心配ありがとうございましたm_ _m
おかげさまで、完全復活!?
ふたみさんも、大変なお正月でしたねぇ^^;
うちも毎年、この時期はこの胃腸炎に悩まされTT
子供ができる前は、胃腸炎なんて聞いたことないくらいな感じだったんですけどね><
うちの子は、今回、吐き気が強かったようで、食べると速攻吐くのでポカリ持たせてほぼ、それぞれ
一日半~二日は絶食させてました。
吐き気止め飲ませたら、それ自体がダメだったみたいで娘が吐いた時には、「こりゃ、正月だってのに、
病院送りかTT」とちょっぴり戦慄しましたが、まあ、2日で治ったのでよかったです。
そして、安堵したら大人が感染するという…まあお約束ですが。

夢で逢えたら…ロバートは、ホント、なんの後ろ盾もない状態で野心を叶えてきた男なので、いろいろと目端が      きくんですよねぇ。つくしちゃんへの思いはまあ、確かに未練もあるんでしょうけど、彼の場合愛に生きる人ではないので、自分の都合>つくしちゃんへの気持ちなんですねぇ。なので、今回はまあ、彼女への愛と実益を兼ねたものというところでしょう。
小説は人によっていろいろな楽しみ方がありますので、推理したり、コメントしてみたり、ただ読んで感性のままに感じたり、楽しんでくださったら嬉しいです^^

今年もよろしくお願いいたしますm_ _m

PS.掲示板を設置したのですが、つかつく話題ではけっこう盛り上がってきているようなので、『るいつく』
  話題でも提供してくださったら嬉しいです^^

みも様^^

返信遅れてしまし、すいません。
お気遣いありがとうございました!
おかげさまで完全復活です^^
ガンガン?更新してゆくつもりですので、これからもよろしくお願いしますね♪

夢で逢えたら…司君の始末に悪いのは、総二郎君とは違って、女たちの恨みつらみも放置。後始末がマズイとこ     ろですねぇ。切り方も秘書に任せたり。そして、そのトバッチリはつくしちゃんに行くという><
まあ、彼の場合、女性と真面目に付き合っていたわけではなく、単なる人生の成り行き。ケセラセラ状態(なるようになる)というより、「なるようになりやがれ!」だったんだろ^^;
もうすぐ、司君の目も覚めますので、それからの彼の再生をご覧ください。

ともちん様^^

返信遅れてしまい、すいません。
ご心配ありがとうございましたm_ _m
おかげさまで、完全回復!
今日から、また頑張りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!

掲示板なのですが、私はスマホなのでちょっとわからないのですが、
とりあえずスマホでもHomeのリンクから飛べました。
なので、解決策がわからないため、
こちらにリンクを貼らせていただきますね^^
http://toloveyou.bbs.fc2.com/
です^^!
よかったら遊びにいらしてください。

キャサリン様^^

ご心配ありがとうございましたm_ _m
お返事が遅れてしまい、すいません。
キャサリンさんや、皆さんのお見舞いの言葉がとても、嬉しく身に沁みます^^
どうぞ、これからもよろしくです♪

ゆきべ様^^

あけましておめでとうございます^^
お返事遅れてしまい、すいませんm_ _m
いつも応援ありがとうございます!
ゆきべさんや、みなさんの応援が、私のお話を書く力になっています。
どうぞ、これらかもよろしくです♪

sayu様^^

いつも応援ありがとうございます^^!
ご心配とても、骨身にしみます。
完全回復しましたので、これからも拙い文章書き散らしまくり?ますので、
どうぞ、よろしくです♪

じゅんたくはるママ 様^^

あけましておめでとうございます^^
おかげさまで、完全復調いたしました。
何やら、今年の正月は去年の暮れから家族で、胃腸炎リレーして強制的に寝正月。
うーんな一年の始まりでした、、、w
じゅんたくはるママさんも、キツイ年始年末でしたねぇ^^;
私も子供がもっと小さい頃は、腰痛に悩まされてましたが、
そういえば年長さんくらいから腰痛とおサラバできたかな?(記憶にないなあ^^;)
私はいまは、専業主婦なのでなんとでもなりますが、兼業の方はさぞや大変だろうなあと、想像に難くありません。
無理しない程度に、頑張ってくださいね。

夢で逢えたら…司君にとっての大詰めです。ここさえ乗り越えれば、もう、彼は猪突猛進で突っ込め!ばいいの      で幸せになれるはずです^^やっぱり、ヒロインはモテないとね^^ははwここらでいきなり
類君ゲットに変えたら、後ろから蹴られるかな^^;;?(いえ、つかつくです!と言って、はじめているの&司ファンの方がウチはおそらく多いので)
これからも、頑張りますので、よろしくです♪

のなか様^^

はじめまして^^
「花男」二次ワールドへようこそ!
とても嬉しいコメントをありがとうございますm_ _m
どうぞ、これからもよろしくですね♪

もし、この世界?にハマられたなら、まだまだいろんなサイト様で
素敵なお話を書いてらっしゃる方が大勢いらっしゃるので、たくさん楽しめると思います^^
よかったら、
http://toloveyou.bbs.fc2.com/
私の掲示板「こ茶子の部屋」もご覧くださいね。
いろいろなサイト様を回わりつくされて、まだなお!?貪欲に楽しもう!としてらっしゃる方々が
集ってきているようですw
参考にされたり、あるいは参加されるのも楽しいですよ^^
(まあ、ランキングサイト様を辿られたりしつくした後でもいいのかも)

理子様^^

こんにちは^^
お気遣いありがとうございましたm_ _m
お陰さまで体調も完全復調いたしました。
いやあ、毎年この時期は、胃腸炎に、インフルエンザと繰り返しております><
夢で逢えたら…第一話から読み直してくださったとは!嬉しいです^^
        私もたまには読み返してみるかと思うんですが、やっぱり自分で書いただけにあんまり面白くないっつうか(いえ、内容がどうというより、もう熟知しすぎて)、いつも途中で挫折し、そこまでの誤字脱字を直そうかなあと思いつつ、放置><
三章、いよいよ絡まりまくってきましたが、しかし、私、この絡まらせすぎたのなんとか処理できるんでしょうか^^;;なははは。
でも、司君もそろそろ開き直ってきますので、そうなったら怒涛のアタック!?開始になりますので、こうご期待♪
と、いいつつ、「夢で逢えたら」休んで、前後編。
ごめんなさい。

マルチーズ様^^

ご心配いただきありがとうございますm_ _m
おかげさまで、完全復調いたしました^^!

ワインボトルなんてケチ臭い!バケツ一杯浴びさせたれー!wおまけに司にも浴びさせて、「お前のせいじゃー!」と怒鳴りつけてしまいなさい。
>はは!ワインボトル一本じゃあケチ臭かったですか!?大うけさせていただきました♡。
そうですよね。戦うなら、そこまで頑張らないとw
でも、ドレス姿で振りかぶってる姿、ぶぶぶぶ。
総二郎は女たらしでもそんなに不始末はしてない感じですが、司君は垂れ流しですからねぇ><
しかも、終わらせ方まで秘書任せという情のなさ。
恨まれますよね^^;(いや、私が書いてるんですがw)

司って女の子でもつけられる名前なんですかあ。
ほおお。
類、あきらは、女の子でもいるかなあという感じですが、司は男だけかななんて。
一応、ご要望もけっこうあったので、本編終了後に、つくしちゃんの妊娠話(出産後かはまだ未定)を番外でチョロッと書こうと思っているので、双子とかもありですかね^^三つ子はどうだというお話もあったし、もういっそ、高齢出産になっちゃうので、不妊治療で案外ポンとできちゃって、三つ子とか!?

yumiko様^^

いつも応援ありがとうございますm_ _m
yumikoさんや、皆さんの応援と、お見舞いの言葉のおかげさまで、
体調も回復いたしました。
これからも、どうぞ、よろしくです♪
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【夢で逢えたら080】へ
  • 【愛しても、愛されなくても 前編】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク