FC2ブログ

「ヾ(o´∀`o)ノ贈り物ヽ(*>∇<)ノ」
Angel Road ~永久に二人でゆく道~(献上作品)~17話完

Angel Road 13 ~永久に二人でゆく道~

 ←Angel Road 12 ~永久に二人でゆく道~ →言葉はいらない07
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 ぐた~。
 今のつくしを形容するとしたら、まさにその言葉がぴったりだ。
 しばらくの間は、足だけを海水に浸して楽しんでいた彼女も、再びエンジェルロードが海底に沈み、太陽が西に傾くにつれて、波際でさえも遊んでいられなくなってきた。
 今は岩間のパラソルの下、膝を抱えて座り込んで、司に手渡されたスポーツドリンクを口に含んでは、滝のように流れる汗と熱気にため息が出るばかり。
 司の方はさっさと思い切り、一糸まとわぬ姿で海の中で、波と戯れいかにも涼しそうだ。
 「…パンツくらい履きなさいよ、まったく」
 「あ?なんだって?」
 「なんでもないわよ」
 服を脱いでるところは見ていられなかったが、下半身は水に浸かっているのを幸いに、そんな彼をさっきからぼうっと眺めている。
…まったく、何しててもカッコいいなんて、ホント、ムカつくったら!世の中って、なんでこんなに不公平なの!?
暑さに対するイラつきで、つくしの思考もやや八つ当たり気味だ。
 「…お前も来いって」
 浜辺よりは少し温度の低い水で、つくしの理不尽な憤りも知らず、司は優雅に泳ぎを楽しんでいる。
 「やだ…スカートをめくって足だけ水に浸けても、追いつかないくらい暑いんだもん」
 「だから、ここなら迎えの連中が来てもすぐにはわからねぇし、潜っちまえばマッパでも大丈夫だって」
 「絶対に、やだ!い・や・だ!!」
 強情に首を振るつくしにため息一つ。
 まあ、ここで素直に裸になって泳ぐようなら、牧野つくしではないし、そこは他の女でも躊躇するところなので、司にしても容易に無理強いできるものではなかった。
 だが、ほとんど未開に近い南国の島。
 木々の少ない浜辺での暑さは想像以上で、いくら水分補給は小まめにさせているとはいえ、体力消耗が著しいのは見て取れる。
 …どうすっか。無理やりワンピースごと海ん中に突っ込むか。
 一応は島の中腹のあたりへの移動も考慮するが、沖縄の森林は浅くても油断はできない。
 ヤブ蚊はもちろんのこと、猛毒を持っているムカデや毒蛾などの毒虫、毒蛇なども多く生息しているのだ。
 とはいえ、海の中でも注意が必要だったが、今は熱中症が心配だった。
 「全部脱げとまでは言わねぇけど、下着に俺のパーカー羽織って入ればいいんじゃねぇの?」
 「……うーん」
 つくしも司の提案に惹かれるが、かなり迷う。
やはり恋人とはいえ異性の目の前で、そんなアラレもない姿になるのは躊躇しまくりで、そうは簡単に思い切れない。
 …無理だよ~。
 額から流れる汗が目に染みて、サングラス越しにも日差しが眩しくて目を開けていられなかった。
 「しょうがねぇ、…もっと奥地までわけ行ってみるか?」
 「え…、それって実はけっこう危険なことなんじゃないの?」
 つくしも南国の森林での危険はそれなりに予測できる。
 小さな離島なので、さすがに危険な大型動物などがいるとは思えないが…。
 「毒蛇、毒蜘蛛、毒ムカデのオンパレード…」
 「ええっ!?」
 「ホテルのオープンまではあらかた駆除する予定だけど、今のところ手つかずだしな…」
 …そ、それは怖すぎ。
 虫や爬虫類が特別に苦手と言うほどではなかったけれど、つくしもごく一般的な女性たちと同じく嫌悪感はある。
また、何より毒がある生き物がいる場所に、ろくな知識や準備もなくわけ入ることなどとんでもない話だ。
 しかし、さすがに我慢強いつくしでも、この容赦ない暑さの前には限界を感じつづあった。
 こんなところでやせ我慢して、倒れるハメになれば司にも迷惑だろう。
 そしてなんにせよ、ここに一緒にいるのは司なのだ。
 彼女の『経験』のなさが強固な躊躇に変わっているが、どうしてもダメなわけではない。
 彼はまた、つくしの意思を無視して、無理を強いてくるような男ではなかった。
 …道明寺なんだもん。
 「いいよ、危ないことはやめよう。あと数時間も頑張れば、誰かが迎えに来てくれるんだよね?」
 「ああ、それは間違いない。うちの連中も、俺らを放置して呆けてるほどマヌケじゃねぇよ」
 「……あっち行っててよ」
 「あ?」
 一瞬、何をつくしが言ったのか、理解できずに司が怪訝に首を傾げる。
 しかし、つくしにしてみても、そんな彼の顔を真っ直ぐになんて見ていられずに、立てた膝に顔を埋め、真っ赤になった顔を隠す。
 「あんたのパーカー借りていいんでしょ?」 
 「あ、ああ」
 やっとつくしの言葉の意味を悟って、司も顔を真っ赤に上気させた。
 「あんたはあっちで泳ぐんだからね!」
 「…て、なんだよ。一緒に泳ぐんじゃねぇのかよ!?」
 憮然と抗議するが、顔をあげてギッと睨むつくしの顔はゆでダコを通り越すほど赤くなって、涙目だった。
 「泳ぐか――ッ!!あたしはここで一人で泳ぐのッ!いいから、あんたはあっちへ行きなさいよっ」
 「……ちぇっ、もったいつけやがって。下着も水着もそう変わんねぇじゃねぇかよ。ホント面倒くせぇ女」
 「………」
 はあっと溜息をついて、濡れて水滴を落とす前髪をかきあげ、司が不機嫌に舌打ちする。
 ジト目のつくしに、
 「わかったよ。しばらく別行動な」
 「……うん」
 「迷子になったらシャレにならねぇから、どこにも行くなよ」
 「うん、了解」
 「少なくても、目の届く範囲にはいろよな」
 その必要性はつくしにも理解できるので、折れて素直に頷く。
 「わかったから、…見ないでよ」
 「見ねぇよ、たく。海の中には、ハブなんかよりよほど毒性の強い海蛇とか毒タコもいるから、気をつけろよ」
 「…え、あ…うん」
 にわかに不安になってくるが、それでも司と下着姿で戯れる度胸などつくしにはなかった。
 自分でもどんだけ面倒臭い女なんだと、司に言われなくてもわかっているけれど、どうすることもできずに自己嫌悪する。
 「じゃ、俺はそっちで泳いでるから、なんかあったらすぐに呼べ」
 「うん、ありがと」
 申し訳なさそうに小さく礼を言うつくしへ手を上げ、司が水へと再び体を沈め出す。
 「あっ!」
 「……ん?」
 「ごめんね?」
 突然の謝罪に目を瞬かせた司が、ふっと表情を緩めて、苦笑した。
 「いいよ、じゃあ、後でな」





◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ






web拍手 by FC2






関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【Angel Road 12 ~永久に二人でゆく道~】へ
  • 【言葉はいらない07 】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【Angel Road 12 ~永久に二人でゆく道~】へ
  • 【言葉はいらない07 】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク