FC2ブログ

「ヾ(o´∀`o)ノ贈り物ヽ(*>∇<)ノ」
Angel Road ~永久に二人でゆく道~(献上作品)~17話完

Angel Road 03 ~永久に二人でゆく道~

 ←Angel Road 02 ~永久に二人でゆく道~ →Angel Road 04 ~永久に二人でゆく道~
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 つくしが入島する数日前から司はすでに沖縄に滞在していて、プロジェクトメンバーや住民側の代表者、地権者、役所、その他もろもろの関係者との打ち合わせや現地の視察はあらかた終わらせていたらしい。
 後は島内を儀礼的に案内してもらうだけだというので、つくしも同行することになった。
 実際のところ、恋人というだけで公の立場ではない自分が仕事中の彼に付いて回るのは世間体的にどうかとつくし的には躊躇していた。
 しかし、村役場の担当者だという現地の案内人の高木も、司に同行していた秘書たちも快く誘ってくれたので、つくしも素直に司の気持ちを受け入れることにしたのだ。
 …一日くらい、一人でコテージに籠っていてもいいんだけどな。
 さすがに一人で観光する気持ちになれなかったけれど、前日までフルにバイトにも精を出し、3時間ほどだったが乗り物での移動はそれなりに疲れた。
 女友達たちのよけいなプレゼントのせいで、ロクに機内で寝れなかったのも辛い。
 だが…。
 「ここは開村以来サトウキビの生産が村の中心産業でしたが、昨今では空路での行き来が可能になったんで、かなり観光地としても注目されてますよ」
 「初心者には厳しいところだが、プロのダイバーたちにはかなり魅力的なスポットも多いと聞いてますから、シュノーケリングで訪れる観光客も多いのでしょうね」
 
 「よくご存知ですね。もしや、道明寺さんもシュノーケリングがご趣味ですかな?いかにもスポーツマンな感じの道明寺さんならお得意そうだ。滞在中に潜られてはいかがです?よろしければ詳しい者に案内させますよ」
 「いえ、嗜む程度なので。それでも、学生時代一時期ハマって、パラオやセブ島には足繁く通いましたが、こちらのように難易度の高い場所は経験がないのでとてもとても。せっかくですが、今回は遠慮しますよ」
 「そうですか。この辺は黒潮の影響が激しいですからねぇ」
 聞くともなく耳にする司の言葉は極めて丁寧で、きちんと社交辞令にも受け答えしている。
 学生時代の野放図を思わせるところはまったくなく、いかにも威風堂々とした若きカリスマ・ビジネスマン然とした風体は、おそらく父親ほども年齢の人間を相手にしてさえも、臆するどころかむしろ敬服させ、感じ入らせているのがつくしにも見て取れた。
 …なんか、別人みたい。
 バカでガキで、短気で…我侭な俺様で。
 つくしの知る彼とあまりに違いすぎて、見惚れるよりも気後れしてしまう。
 少し離れたところから、客観的に見る彼はなおのこと遠かった。
 行き過ぎる女性観光客や数少ない島民の若い女性の目が司を無意識に追っている。
 今は仕事中だから特に嫉妬や侮蔑、怪訝な視線はつくしに降り注がないが、これがプライベート、二人でそぞろ歩きでもしていたのなら、きっと東京にいる時とあまり変わらない状況になるのだろう。
 いまさらそれがどうとか言うつもりはなかったけれど、こうした感覚も久しぶりに思い出した。
 「…明日ですか?ちょっとお待ちください。………ちょうど11時頃が干潮ですね」
 「そうですか。天気がよければいいんですが…」
 話している司たちから、視線を海へと転じる。
 風が強いせいなのか、不思議に沖縄の海は磯臭さがあまりない。
 「…栄養が少ないからですよ」
 「え?」
 にっこり笑って答えてくれたのは、地元の青年団の一員だという青年で、確か青木と名乗っていただろうか。
 村役場の職員ととともに案内に立ってくれて、つくしと同様、ほとんど口を開くことなく一行に同行していた人物だった。
 日焼けして真っ黒な顔に浮かぶ純朴な笑顔が眩しい。
 「磯臭さは、磯に打ち上げられる海藻等が分解する際に出る臭いです。つまり、磯臭さは養分が多く、海藻が繁茂して魚介類が豊富な証拠。それに比べこの辺の離島は、河川からの栄養の供給が少なく、すぐに消費され、分解されてしまう為、貧栄養で生産性は高くありません。だから海岸に打ち上がる暇がないので磯臭くない」
 どうやら、いつもの癖で疑問が口から出てしまっていたらしい。
 「貧栄養で生産性は高くないなんて、なんだか意外です」
 「…そうですか?まあ、その代わりと言ってはなんですが、プランクトンが少なく透明度が高いため、サンゴの育成には適した環境ということで、珊瑚礁やモズクにとっては豊かな海、と言えるでしょうね」
 「へぇ~」
 同じ日本でも本当にいろいろなところがあるのだと、感心して熱心に聞き入る。
 が、視線を感じてそちらへと向いてみれば…。
 …ひっ!?
 こめかみに青筋を浮かべた司が、眼光鋭くこちらを見ていた。
 もちろん、隣で熱弁を奮う高木へは気づかれない程度に愛想を振りまき、相槌を打ってはいたが、その目に浮かぶ彼の意思は鈍いつくしにも容易に知れる。
 …こ、怖すぎぃ。
 というか、ほぼ経験によって得た推測だったが、このまま他の男性と二人で話などしていてはまずいかもしれない。
 だが、意外にも話好きらしい青木青年は、つくしの素直な反応に気を良くしたのか口の滑りが良くなってきたようだ。
 「あなたは今日、こちらに到着されたんですよね?」
 「え?ええ…まあ」
 ドキドキ、チラチラと司を伺うつくしは上の空だ。
 だが、青年はそんなつくしに気がつかず、とりあえず愛想よく頷くつくしへと躙り寄ってくる。
 「それならまだどこにも観光されていないでしょう。お兄さん?の案内には高木さんがついているし、役場の人の案内じゃあ、たぶん開発的見地から見ていただきたい場所が中心になってしまうから、俺もそうであるようにあなたにも退屈ですよ」
 「…はあ」
 さすがに語尾は潜められていたが、ちょっとざっくばらんな会話につくしも戸惑う。
 それよりも…。
 …お兄さんって、道明寺のことだよね?そりゃ、恋人にはちょっと見えないかもしれないけど。
 スーツ姿の司は実際の年齢よりも大人に見える。
 片やつくしは、一応は以前に司に贈ってもらったワンピースを着てそれなりにおしゃれをしていたけれど、フォーマルやビジネススタイルとは程遠く、一行の中ではかなり浮いてた。
 また、彼女自身の童顔もあって、もしかしたら高校生くらいに見られている可能性もある。
 おそらくまるっきり似ていないので、兄妹に見られているということはないだろうと思いつつ、親戚の子くらいには思われているのではと、つくしも思い当たった。
 役場の高木にはバカンスに呼んだ『恋人』だと司が伝えていたが、後から加わった目の前の青年には伝わっていないのだろう。
 「俺もどうやらあまり必要ではないようだし、あなたのことは良かったら俺が…」
 …ひいぃぃぃぃぃ、睨んでるよ、睨んでる。
 さすがに司の話し相手も怪訝に、こちらへと視線を向けだした。
 「あ、あのっ!!」
 「……はい?」
 「えっと、その…」
 顔が日に焼けて真っ黒なのでよくわからないが、微妙に頬を染めちゃったりしている相手の様子に構わず、素っ頓狂な声をあげて話を遮ったものの、つくしは次の言葉を考えていないかったので微妙に悩む。
 「あ!」
 しかし…たまたま、彷徨わせた目に止まった見慣れた案内表示。
 「ト、ト、トイレに行ってきます!」
 「…はあ、どうぞ」
 我ながらもっとマシな言い訳はなかったのかとガックリしながら、怒れる肉食獣よろしくギラーンと目を光らせた男の真横を擦り抜けた。
 『てめぇ、この浮気女!キョトキョトしてんじゃねぇよっ!』
 声に出していなくても、司が心の声が聞こえてドッと疲れた。
 …勘弁して。
 どうやら世間の荒波に揉まれ、立派な経営者然と成長したかのような司だったが、高校生の時とまったく変わっていないところもあるようだった。



◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ




web拍手 by FC2





関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【Angel Road 02 ~永久に二人でゆく道~】へ
  • 【Angel Road 04 ~永久に二人でゆく道~】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【Angel Road 02 ~永久に二人でゆく道~】へ
  • 【Angel Road 04 ~永久に二人でゆく道~】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク