FC2ブログ

「中・短編」
意地張ってんじゃねぇよ!…30話完

意地張ってんじゃねぇよ!06

 ←昏い夜を抜けて418 →意地張ってんじゃねぇよ!07
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 牧野に会いてぇ―――。
 仕事と仕事の合間。
 少しでも気を抜くと、そんな気持ちが湧き上がる。
 何食わぬ顔で書類に目を通しながら、それでも脳裏の片隅で常にある想い。
 もちろん公私混同はしてない。
 牧野のことに気を取られて仕事をミスるなんて言語道断だ。
 けど…。
 「牧野に会いてぇ」
 気がつけば口にしていたらしく、秘書の不審げな視線を睨んで黙らせた。




 ちょっとした口喧嘩から、意地を張り合い1週間。
 いつの間にか週が明け、多少は頭が冷静になりだした頃には渡米準備。
 改めて連絡をするまもなく追い立てられ、あっという間にさらに1週間。
 結果、牧野に詳しいスケジュールを伝えることさえできなかった。
 と、いうか、いつもだったら俺が直接、あるいはそれができなくっても秘書を通じて出張、帰国日くらいは伝えている。
 それなのに、日本を発ちNYへ到着した現在も、そのことさえ伝えることができないまま、1ヶ月のNY滞在を開始するハメに。
 一度は頭も冷えかけてたつーのに。
 だが、牧野からはウンでもスンでもない。
 早くも牧野欠乏症に陥っていた俺とは裏腹に、あいつからは何のリアクションもなければ、まるで清々したとばかりに何の連絡も来ねぇ。
 確かに、あいつは元々そんな女だった。
 俺から連絡を取らなければ、1週間だろうと、半月だろうと、下手すりゃ数ヶ月だってきっと平気で普段通りに暮らしているに違いない。
 俺の腹の牛(虫)の居所が収まらないのも、当然のことだろ?
 …なんだよ、会いたいのも、声を聞きたいのも、結局いつも俺だけかよ。
 このセリフもあいつと出会って…それどころか付き合いだしてからでさえ、何度となく呟いてきたお馴染みのものじゃねぇか。
 …情けねぇ。
 この道明寺司様だぜ?
 惚れた女だとは言え、ここまで振り回されてよ。
 なんだよ、このいじましい思考回路はッ。
 自分でも女々しくって反吐が出る。
 そんな風に逆に意地になっちまった。
 …ハァ。
 いつまで続くんだよ、この永遠の片思い状態はよ。
 何年たっても、どれだけ二人の関係が深まってもずっと一方通行。
 ガキの頃、牧野が、
 『あたしがあんたを好きなのは、あんたがあたしを想ってくれてる1/10くらいかもしれないよ』
 そう言っていた時と少しも変わっていない気がするのは、俺の気のせいか?
 いつもだったら、それならそれであいつが逃げられないように俺が囲い込んでやればそれでいい、そんな風に屁でも思わなかったことが、こうも牧野欠乏状態に陥ってドツボにハマると、自分でも抜け出せなくなってしまっていた。
 …ハァ。
 牧野に会いてぇ。
 あの華奢で小せぇ体を思いっきり抱きしめて、牧野の白い素肌を貪って、あの甘い香りに包まれて眠れれば…。
 きゃんきゃん、うるせぇあいつのお小言さえ懐かしく…恋しい。
 …重症だな。
 これでよく自分でもNYで4年間もあいつを日本に一人置き去りにして、野放しにしてこれたもんだ。
 そうは思うが、一旦あいつの傍にいる幸せを味わっちまうと、もう元の生活に戻ることなんてできるはずもない。
 もう無理だ。
 あいつと離れて暮らすなんて絶対にできない。
 …クソ、次回はあいつが何を言おうと、どんなことがあろうと、サルワ轡してでも連れてくるからな!





 現在NY生活2週間目。
 なんかんだと、一ヶ月近く、牧野の声さえ聞いていない。





 日本にいてもアメリカにしても、ビジネスと切り離せない社交の場。
 2連徹明けのその夜でも、にこやかな笑顔で挨拶回りしてなきゃなんねぇつーのは、因果な商売だよな。
 「いやあ、お若いながらも立派な跡継ぎがいらして、道明寺財閥は安泰ですなあ。実に羨ましい」
 テカテカ光ったハゲ頭を見下ろしながら、代わり映えのしないお追従に合わせて、俺も同じく代わり映えのしない礼で返す。
 「…いえ、まだまだ若輩の身ですから、日々研鑽。皆さんからも学ばせていただいております」
 うっすらと浮かべた愛想笑いも、我ながらよくやるものだと感心する。
 これでも引きつらない程度には板に付いたもので、牧野なんかは誤解しているが、ガキの頃からこうした社交場には無理矢理に引き出されていたから、俺にとっては息を吸うように自然なことで、いまさら驚かれるほどのことでもなかった。
 …ま、たまにキレて、このタコ親父のケツに蹴りでも入れて、キモイ笑顔にヒビを入れられたらスッキリするかと、実行してやりたくもなるんだけどな。
 特にいまみたいに…溜まりに溜まったストレスでイラ付いているとなおさらだぜ。
 「かねがね、道明寺さんの功名と手腕は噂に伺ってますが、実に立派だ。それでいて謙虚なところも素晴らしい。…ところで、うちにも娘が一人おりましてね。ちょうど道明寺さんと年が近いんですよ。これがまた、親の私が言うのもなんですが…」
 やはりどこまでも意外性のないオヤジらしい。
 次に出てくる話題の方向性が容易に予想できて、どうかわすかとうんざりと思案を思いめぐらす。
 …つーか、面倒臭せぇからハッキリ言ってやっか。
 そんな不穏な考えが脳裏を掠めて、カタチになる前に背後からツンツン、と突っつかれた。
 背後を振り返ったとたん、眉根が寄ったのはもう習い性。
 「やあ、司…あれ?そんな顔するんだ。久しぶりに会った幼馴染みにひどくない?」
 「なんでお前がここにいるんだよ」
 ニッコリ笑ったその顔は、牧野が魂の一部だとかムカつくことを曰わる俺の親友。
 …絶対、こいつ、俺がこいつのこの顔が嫌いだとわかっててやってるよな。
 何が王子様だ。
 ビー玉みたいな目だ。
 ざけんな俺様は、世界の道明寺司様だ!?(意味不明)
 気がつけば藪睨みに睨んでいたらしい。
 ついで浮かべた類の表情は、さすがに苦笑だった。




◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ





↓ランキングの協力もよろしくです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2






関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【昏い夜を抜けて418】へ
  • 【意地張ってんじゃねぇよ!07】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【昏い夜を抜けて418】へ
  • 【意地張ってんじゃねぇよ!07】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク