FC2ブログ

「陽のあたる処でシリーズ(短編集)」
家族編

08月08日はタコの日

 ←意地張ってんじゃねぇよ!01 →昏い夜を抜けて412
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

08月08日はタコの日


 「…たく、なんで、俺がこんなところへ来なきゃなんねぇんだよ」
 片手に息子、もう片方の手にこれでもか、と重い荷物を持たされ、愛する妻の背中を見ながらため息一つ。
 世間では道明寺HDの鬼の副社長、あるいは、氷の男、などなどさまざまな異名を持って恐れられている俺も、我が家ではさんざんの扱いだ。
 視線を感じて、握った小さな手の先、俺によく似た幼い息子のキョロンとした目に出くわす。
 「どうした?尊」
 「本当は、お父さんはお留守番がしたかったの?」
 「…そういうわけじゃねぇけどさ」
 本当は今日の今頃は、NYの空に飛んでいる頃だった。
 ところが、肝心のババアが中東での交渉が難航してるとかで、予定変更。
 急に出来た隙間に無理やりオフを突っ込んで、つくしや一人息子の尊を連れてどっか海外の島に避暑にでも連れてゆくかと目論んでいたのだが…、
 『無理。あたし、明日幼稚園のママ友さんたちとホームパーティの約束してるから』
 とかとか。
 …おいっ!てめぇは、日頃お前たちのために日夜激務に勤しんでいる亭主をソンチョーするって気遣いを知らねぇのかよっ!!?
 という言葉をグッと飲み込んだ。
 下手に突っつくと、せっかくのオフが一日、つくしのやつに無視されて終わるということも危惧される。
 あっちだこっちだ、浮気性の蝶のように棚から棚へと渡り歩いているつくしのご機嫌な背中を眺めながら、チッと舌打ちを打つ。
 「あ!ねぇねぇ、今日のお夕食は鍋にするでしょ?」
 クルッと振り向いた愛妻のニコニコ顔に胸を高鳴らせながらも、思わず正直な気持ちが口をつきかける。
 …ああ、早く屋敷に帰って、ベッドに引きずり込みてぇ~。
じゃなくって…、
 「はあ?なんで、このクソ暑いのに鍋なんだよ…」
 「だって、あんたが鍋を食べたいって言ってたんじゃないのっ」
 「食いたいって言ったつーても、もう何ヶ月前の話だよ。ただでさえ暑くてたまんねぇのに勘弁しろよ」
 俺が食いたいって言ってたのは、まだ寒い季節だろうよ。
 季節は変わって、すでに世間は夏真っ盛り。
 いくらつくしのやることはたいてい許容している俺でも、こう汗ダラダラさせられてる中、湯気たてた鍋を囲んだ光景はゾッとする。
 …たく、ここ本当に冷房効いてんのか?世の中省エネだかなんだか知んねぇけど、イライラするぜ。
 呆れた顧客サービスの怠慢にムカつきながら、とりあえずなんか飲むかと飲み物の棚を探す。
 「…お父さん、お父さん」
 ツンツンと呼びかけられて、再び視線を下へ。
 そして尊が指差す方向。
 もう話は終わったと思ってたのに、フグみたいに頬を膨らませたつくしが口を尖らせ、目を三角にして俺を睨みつけていた。
 「……なによっ、せっかくあんたがオフの時には鍋にしてあげようって思ってたのにッ!!暑い暑いって、たいがい冷房ばっか効いてるとこで仕事してるからでしょ!?お邸だってバリバリ空調効いてて涼しいんだから、少しくらい暑い思いしたって我慢しなさいよッ!?」
 「お、落ち着け、つくしっ」
 「ホントッ、腹立つったらぁっ!!」
 「僕、たこ焼きが食べたいっ」
 「「……は?」」
 さりげな~く俺とつくしの間に立って、尊がにっこり。
 「ほら、あそこのフードコートで僕、お父さんとたこ焼き食べてきていい?」





 「ダメだよ~、お母さん、ずっとお父さんがお休みの日に鍋を食べさせてあげるんだ、って張り切ってたんだから」
 チープなテーブルにちんまりのった皿をニコニコ、ニコニコ眺め、息子が説教してくる。
 …こんなもん美味いのかよ。
 てか、それより、
 「…食べねぇのか?」
 「だって、熱いんだもん」
 「こういうのって熱いうちに食うのが美味いんだろ?」
 なんか見た目お好み焼きに似てるからそうなんだろう。
 昔姉ちゃんが作ってくれた話をつくしが知って以来、妙につくしのやつは『お好み焼き』、『鍋』、『卵焼き』と、まるで俺がよほどそれしか好きなものがないとでも思っているようでしょっちゅう作ってくれる。
 まあ、好きだけどよ。
 それ以上に、それを俺に作りたいと思ってくれるつくしの真心がこそばゆく、愛しい。
 …そうだったよな。
 鍋…俺が食いたいって言ったから、あいつずっと俺に食べさせたいって思ってくれてたんだよな。
 日頃忙しくて、よその家のように毎日一緒に飯を食うことさえかなわねぇ俺ら。
 それでもできるだけ一緒に食えるようにと、時間を調整してはいるが、たいてい尊が寝てからの帰宅が多い。
 『鍋は家族で!』
 そう言ってたから、俺がオフのこの日を待ってたんだろう。
 「……お前も鍋、久しぶりだったか」
 「うん。だって、お父さんがいない時に鍋は淋しいからダメって」
 「ふん」
 そんな些細なことで、ほんわか嬉しい気持ちになっちまう自分が気恥ずかしい。
 照れ隠しってわけじゃなかったが、熱さで尊が手をだしかねているたこ焼きを串で真っ二つに割ってやる。
 中から湯気が出てきて、コロンと小さな赤い塊。
 「あ…」
 「こうすりゃ、早く冷めるだろ?」
 「そうだね!でも、タコが出てきちゃったよ」
 「………タコ?」
 そういえば、たこ焼きだって言ってたか。
 お好み焼きは前述の理由で俺も珍しくはなかったが、たこ焼きを食うのは初めての経験。
 ……いやいや。
 つくしと結婚する前、あいつと何度か行った夜店で買って食ったかもしれねぇが、たいていほんのりと上気して嬉しそうな笑顔や、そこかしこから覗く真っ白な素肌、その後の予定の方が気になって何食ってるかなんてどうでも良かったから、ろくに記憶にない。
 「これがタコ?」
 ツンツンと転がっている小指の爪より小さいブツを突っつく。
 「お父さん、初めて見たの?」
 「………うーん」
 少なくても俺のイメージする蛸じゃねぇことは確かだよな。
 マジでこんな爪の垢ほどのサイズのもので、味わいなんてあるのかよ?
 あってもなくても同じじゃねぇの?
 突っついている俺の手元と、顔を見ていた尊がクスリ。
 こいつ…まだホンの小せぇガキのくせに、ときたま、すげぇ生意気な顔するんだよな。
 俺を馬鹿にしてるわけじゃねぇだろうが、生暖かく見守るような目つーの?
 が…、
 「これはね、風味なんだよ」
 「風味?ダシってことかよ?」
 …このちっけぇブツは、ダシとった後の昆布や鰹節ってことか。危うく出汁がらまで食って恥かくところだったぜ。 
 「まあ、そんなようなものかな?だから、食べなくても大丈夫」
 「……ふぅん」
 「あ!」
 半分に割ったたこ焼きからより分けて、皿の横にまとめておいた俺の行動に、尊が上目遣いで小さく声を上げた。
 「なんだよ?」
 「えっとね、その。お、お母さんのことだから、た、食べ物を粗末にすると怒られちゃうかなあぁって」
 …なんだか、急に挙動不審になったな。
 だが、顔は俺に瓜二つだが、そうして上目遣いでおねだり視線をしてるとつくしそっくりだ。
 クソ生意気なガキだが、こうしてるとやっぱり可愛いよな。
 「けど、出汁がらなんだろ?」 
 「だから、僕が食べてあげる!」
 そりゃ、この『道明寺司』様が貧乏たらしく出汁がらまで食うなんてありえねぇけど、かといって、それを可愛い息子に食わせるのってありか?
 いくらなんでも、そりゃねぇだろ。
 「じゃあ、食べてあげるね…………うわあああああああぁぁぁぁん、お父さんが僕のタコ、全部食べちゃったあああぁぁ!!」




 お父さんを騙そうなんて、100万年早い!…ちょっと、違いましたね。結局、騙されてるし^^;
 このオチわかってもらえました?私の妄想としては、このあと、わけがわからない司パパにつくしママの拳骨とか?




◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ





↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2






関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【意地張ってんじゃねぇよ!01】へ
  • 【昏い夜を抜けて412】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【意地張ってんじゃねぇよ!01】へ
  • 【昏い夜を抜けて412】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク