FC2ブログ

「昏い夜を抜けて…全483話完」
第八章 開花③

昏い夜を抜けて409

 ←昏い夜を抜けて408 →08月07日はバナナの日
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「…な、に?」
 青ざめ強ばった顔で、類を睨む馨の顔はまるで幽鬼のようだった。
 いつもの冷徹で、まるで機械のように他人の喜怒哀楽を眺めた超越者。
 そう装った仮面がいとも容易く剥がれ、苦痛も顕に感情を晒すことになる原因はいつも、ただひとりの女性の存在だけだ。
 かつて彼が唯一愛し、その弱さゆえに失ってしまった女。
 何度慟哭したことだろう、後悔したことだろう、だが時はけっして戻りはしない。
 ただ無情を突き進み、苦痛を押し殺して生きてゆくことしかできはしないのだ。
 「実際のところは当事者であるあなた方しか真実を知るすべはないでしょう。
だから、俺には額面通り世間で流布していた噂と醜聞、事情を知る一部の人間たちから聞いた話を総合して判断するしかない」
 「……何を知ってる?」
 「大したことじゃありませんよ。あなたと母が幼い頃からの許嫁だったことはまあ、誰でも知ってることだし、花沢の長男だと言われる俺には、実は生まれることのなかった兄がいたことも別に秘密でも何でもない」
 実は、志保子には類の前にも妊娠した経験があった。
 男子であったことも確認されている。
 けれど、流産したのだ。
 妊娠中、特に目立った問題があったわけでもないに関わらずに。
 「…俺もやっぱり、何かもらおうかな」
 類がソファを立ち上がり、ミニバーへと向かうのを馨が視線で追いかける。
 その目が人を殺せるとしたら、こうだというような眼差し。
 わが子へと向けるような視線ではなかった。
 だが、その目に映っているのは果たして本当に類だっただろうか。
 もしかしたら…その中に見ているのは在りし日の自分の姿だったのかもしれないと、類にはわかっていた。
 父と彰は似過ぎていた。
 その弱さも、卑劣さも、優柔不断さも…そして野心も、何もかも。
 だからこそ、帰らぬ日の後悔を未来へと連綿として、挙句の果てに同じことを繰り返している。
 …愚かだ。
 だが、お人好しのつくしではない類にはそんな彼らを憐れむ気にはなれない。
 人は結局自分のしでかした物事の結果は自分で負わねばならないのだ。
 あるものは償い、あるものはそれを退け、自分なりの道を歩まねばならない。
 …あきらがいればマティーニを作ってもらうところだけれど。
 自分の為にも父と同じくバーボンのロックを作った。
 「…同時期に母の異母妹にあたる七生叔母様…実際には高階のお祖父様に認知はされていたけれど高階の戸籍には入っていなかった、野上七生さんが妊娠されたのはいったいどういう事情だったんでしょうね?」





 『正しいことがすべて、良いことだとは限らないわよ』
 遠く大好きだった少女の声が耳に蘇る。
 幼い頃から不仲な両親の間で、厳格な家庭教師たちに育てられた志保子の道徳観念や階級意識は四角四面で、時に高慢ちきと称されることも少なくはなかったけれど、その裏でけっして何も感じていないわけではなかった。
 ただ誰にでもわかる物事を理解できない人間に対して、どう相対すればいいのかわからなかっただけだ。
 それは今も変わらない。
 けっして志保子は他人に理不尽なことを強いるつもりはなかった。
 人には生まれながらの分があり、立場があり、義務があり、そこにはさまざまな制約が発生する。
 それを無視しようとすればどこかに必ず歪が生まれるのだ。
 高坂美也子が定められた婚約者以外の男と関係を持った挙句に身ごもり、花沢家の名誉まで汚そうとしたように。
 類や…司が自分の生まれた立場を自覚せず、ふさわしい婚姻を退け、許されぬ恋の道へと踏み出そうとしたように。
 そして…彼女の愛する二人が、彼女を裏切り、彼女を深い絶望の淵へと突き落としたあの時のように。
 …ああ。
 「ああ…」
 気がつけば、窓の外を見るともなく眺めながら志保子は顔を覆い、声に出して呻いていた。
 月明かりが、彼女の邸の美しい庭園を照らし、庭のそこかしこに埋められた外灯がまるで不夜城のように輝き、闇に沈まぬ夜を演出していた。
 けれど、彼女は知っていた。
 明るい夜の庭のそれそこ、光の届かぬ合間。
 闇が凝り、光が明るければ明るいほどに、闇は昏く深く…わだかまっていることを。
 …愛していたのに。
 そう思うたびに、憎悪が湧き上がる。
 愛すれば、愛するほどに。
 裏切りは、鋭い刃となって彼女を傷つけた。
 …どうして。
 …なぜ。
 …あなただったの。
 何度となく、悪夢の中の彼女へと志保子は泣き叫び、罵り、悶え苦しんだ。
 あの日、あの時、あの場所へと行かなければ、罪を犯さずにすんだのだろうかと、幾度、後悔したことだろう。
 …罪人よ。
 ただ傷つけられた痛みにもがいていただけの彼女には、何の罪もなかったというのに、それなのに、どうして私は…。
 「あなたが悪いのよ、七生」
 そう呟くたびに、胸の奥底から沸き上がってくるドス黒い何かと、掻きむしりたいほどの痛み。
 ただ憎むことだけできていれば、どんなに楽だっただろう。
 『…悪いことだとわかっていも、むしろだからこそ、人は踏み込んでしまうのかもしれないわね』
 「本当に、本当にあなたの言うとおりだと思うわ、七生」
 人は苦しければ苦しいほどに過ちを犯し、さらに苦しむ。
 だからこそ、もう自分は何一つ間違うわけにはいかないのだ。
 二十数年前、二人の男女と自分が引き起こしてしまった歪みを正す…ただそのためだけに。
 …もしかしたら、自分は地獄に堕ちてしまうのかもしれない。
 それでも。
 正しい道を正しく生きることがせめて、自分たちの…選んで生きてきたことが正しかったのだという証明なのだと心に思い定めて。
 志保子は、闇の向こう…確かにあった過去の幸福を蘇らせ、ただ泣き咽ぶ。
 そこには、自分と…かつて愛したものたちへの悔恨と妄執があるばかりで、自分の息子への憐憫はかけらとも含まれてはいなかった。





◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ





↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2






関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【昏い夜を抜けて408】へ
  • 【08月07日はバナナの日】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【昏い夜を抜けて408】へ
  • 【08月07日はバナナの日】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク