FC2ブログ

「昏い夜を抜けて…全483話完」
第八章 開花②

昏い夜を抜けて375

 ←昏い夜を抜けて374 →アネモネ153
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「この前会った時にはもう素敵な人だって、わかってたからさ」
 「…いや、素敵な人だなんて」
 ニコニコ、ニコニコ、邪気のないストレートな好意が気恥ずかしく、つくしの調子を狂わせる。
 …今時、こんな無邪気な人ってそうそういないよね。
 つくしが知るお嬢様とはだいぶ毛色の変わった存在。
 椿や静とは明らかに違う。
 かといって、英徳にいた女狐たちとも異なる第3の存在。
 「花沢さんや司が政略結婚の話、蹴っちゃうわけだよね」
 苦笑交じりに言われた言葉に、つくしが目を見開く。
 「あ、もしかして、司からまだ聞いてない?」
 「…えっと」
 滋が言おうとしているのは、昨日聞いたばかりの司と滋との婚約解消の話に違いない。
 だが…。
 「あ、あのね、滋さん」
 司のことについて類との間でハッキリとした話し合いをしていなかった。
 司は過去の男だ。
 今の恋人である類に言い訳するような何かがあるわけじゃない。
 けれど、それだけではない複雑な感情や事情が互いの間に存在して、司がふたりの間に確固として立ちはだかっているのは暗黙の了解だった。
 そうである以上、司の婚約解消…いやおそらく破棄というべきだろう、そんな大事な事柄を第三者に語られるのがよろしくないのはつくしにだとてわかる。
 いや、第三者ではなかったか。
 だがどちらにせよ、司の提案も含めて、彼が現在フリーになりつくしに対して求愛していることを黙っているつもりはつくしにはなかった。
 …隠してていいことじゃない。
 かつては彼女を救ってくれた救済者であり後に脅迫者…そして現在は恋人という類との複雑な関係の中で、すべてにおいて手探りであっても、信じたい…、信じて欲しいと互いに思い定めている以上、隠し事は信頼に触るのはあきらかな事柄なのだ。
 「花沢さんに在米企業系の大財閥の令嬢との縁談話が出てて、道明寺家とも遠縁にあたる家がその仲介で社長のところに話を持ち込んでたんだよね?」
 「……は?」





 ちゃっかり類の乗ってきた外車に乗り込もうとした滋を氷点下の視線でその場に縫い止め、類とつくしだけを乗せた車がスムーズに夜の街を疾走する。
 …そういえば類って、自分で車を運転したりしないな。
 司でさえつくしとのデートでは自分で車を運転することもあったというのに、類の方は必ずと言っていいほど運転手を従えていたな、とどうでもよいことを思って、車の窓の外を流れてゆく景色をぼんやりと眺めていた。
 「疲れたでしょ?」
 「え?」
 「食事は機内で出たと思うけど」
 「あ、うん、美味しかった」
 てっきり国内線で機内食は出ないものと思っていたが、ある一定のクラス以上はでる便もあるとのことで、当然ファーストクラスに乗っているつくしには十分豪華な夕食が振舞われた。
 微妙な顔をしていた滋はともかくとして、ここは本当に飛行機の中かと思う味と見た目につくしとしては一つ得をしたような楽しい思い出のひとつとなった。
 …もうファーストに乗るなんて機会ないかもしれないし。
 「小腹が空くようならホテルでルームサービス摂ればいいから、まっすぐホテルに帰っていいよね?」
 「うん、お任せします。あれ?でも、三田村さんのところには顔を出さなくていいのかな」
 秘書として…とも類には言われていたので、非力なりとも三田村からある程度仕事を引き継ぎ、出来る仕事はこなす必要があるなとの覚悟からの言葉だったが、目を細めてクスッと小さく笑った類が、肩を抱き寄せてきて頬にキスを落とすのに「ひゃっ」と肩を竦めて、つくしは慌てて手を突っぱね類から体を遠ざける。
 「…なに、その反応?」
 「い、い、い、いや、なにを、いきなり!」 
 「ん?真面目でえらいなと思ったから、ご褒美?」
 「……真面目でえらいなって思ったからって、子供かあたしは。つーか、なんで、ご褒美がき、キスなの?」
 「や、子供の頃、されなかった?」
 「…キス?」
 「うん」
 確かに、洋画や童話の中ではありえそうなシチュエーションだ。
 そして類にもとても似合ってる。
 けれどごく一般的日本人家庭で生まれ育ったつくしには馴染まない習慣で、いきなり突飛な行動をされても困って言葉に詰まる。
 「……類のお母さんとうちのママじゃ、だいぶキャラ的に違うし」
 「俺の母親?」
 「お母さんがキスしてくれたんでしょ?」
 「……」
 「……」
 返事がないのはどういうことなのかと、つくしが訝しげに類を見やる。
 「ま、普通の家庭ではそういうのって、母親の役目だもんね。それはともかく、秘書の話はあんまり大真面目にとらなくていいよ。俺もあらかた仕事を終えて、本来なら日帰りの日程だったんだから」
 …静さんだ!
 唐突に思い浮かんだ。
 類の方はとっくに話を変えてしまっているが、なんとはなしにこだわらずにはいられない。
 だがだからといって、そんな子供の頃のたわいないことで、くだらない嫉妬を類にぶつけることもできずに、つくしは俯きかげんに所在無げに乱れてしまったスカートのシワを伸ばす。
 さっきから奥歯に物が挟まったような気がしているのは、たぶん自分だけではないに違いなかった。 
 けれどどうしても気持ちが切り替えられない。
 …あたしったら、なんで気になるのなら聞けないんだろう。
 そう思う端から、どう話を切り出していいのかわからず、結局黙り込んでは、上滑りな会話を繰り返し続けている。
 「滋さん、おいてけぼりにしちゃって大丈夫だったかな」
 「…なにが?」
 「え…と、泊まる場所とか?」
 一応つくしが四国に来ることになっているから、滋もついてきたのだ。
 遠まわしとは言え断ったのをほとんど無理矢理についてきた相手を気遣う筋合いなどないのかもしれなかったが、つくしの性格上彼女のことも気にせずにはいられない。
 「大河原財閥の令嬢なら、今夜の宿泊先くらいどうとでもなるでしょ?本当はお前がさっきから気にしてるのは違うことなんじゃない?」
 「……」
 「聞きたいこと聞きなよ?俺はもう牧野には何も隠さない。お前が聞きたいことは、なんでも答えるよ?」





◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ





ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2






関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【昏い夜を抜けて374】へ
  • 【アネモネ153】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【昏い夜を抜けて374】へ
  • 【アネモネ153】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク