FC2ブログ

「アネモネ…全171話完+α」
第三章 Innocent②

アネモネ139

 ←昏い夜を抜けて353 →昏い夜を抜けて354
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 見たところ、どこかの山間の閑地。
 想像していたように、ハリウッド映画の秘密基地という感じではなく、どこかの農家をまるまると借り受けたような様相だった。
 電気もつけられず、気持ちに余裕がなかったので探索もしていなかったが、倉庫も農機具などを収納する納屋だったのかもしれない。
 男たちも日本人ではない、いかにもムスリム(※イスラム教徒)といった風体だったが、船の上でのように口元まで隠しているということもなく、わりあい気候にあったラフな出で立ち。
 もしかしたら懐に隠しているのかもしれなかったが、特に物騒な武器を携帯している感じではなかった。
 …二人か。油断させたら倒せるかな。
 とはいえ、小柄なつくしとでは体格差もあり、いくら警察官として腕に覚えがあったとしても、れっきとした兵士であれば格闘技に長けている可能性が高い。
 無謀なチャレンジは自分ばかりか司の身の危険にも発展しかねず、軽はずみなことはできなかった。
 第一、ここがどこかだかわからない。
 さしあたって、司がつくしを差し向けたのは周囲の状況判断と、相手の規模を知りたいからだろうと、できる限りアンテナを張り巡らせる。
 …やっぱ、人がいるところだよね。
 さすがに海辺からはかなり離れたと見えて、潮の臭いはしないが、変わるように臭う臭いには覚えがある。
 …パパの田舎に行った時、嗅いだ臭いだ。
 牛糞を積み上げて作る堆肥の発酵臭。
 子供の頃、進と鼻をつまんだ思い出が蘇る。
 母屋だろうか、伝統的な平屋建ての日本家屋。
 廃屋という感じでもなかったが、ツンとカビの臭いが鼻に臭って、普段使われてはいなかったのが明らかだ。
 …良かった、日本なんだ。
 どこかわけのわからない国へ連れ込まれたわけではないらしい。
 あとは、どれくら人里から離れているのか、助けを求められるのか、だ。
 小突かれ、押し出され、勝手口の方に回らされ、土足のまま板間へと上がる。
 連れて行かれた部屋は、どうやら台所のようで。
 本来の用途ではなく、大人数で使用しているためなのか、こちらも寝室として使われているのかもしれなかった。
 案の定、レンジ台や流しは埃を被っているし、調理器具なども見当たらない。
 冷蔵庫は辛うじてあったが、置き捨てられているだけのようで、おそらく電気も通ってないだろう。
だが、これで無人島説はなくなった。
少なくても、発電施設が整った環境なのだ。
 “同志”
 “……どうした?”
 一拍置いて、台所の向こう側、襖から返事が返った。
 “…女が何か騒いでいて”
 “女?”
 つくしには何を喋っているのか、理解できなかったが、『道明寺』を連呼しているのでおそらく、つくしの訴えもある程度は感じることがあったのではないだろうか。
 “人質にはできるだけ、接触するな、周囲の状況を悟らせるなといっただろう!?”
 “しかし、道明寺を死なせるわけには…”
 “今はどうしようもない。…本国からの支援はないのだ。できるだけ慎重にことを運ばねば元の木阿弥だ。早急に退去する必要があるが…”
 言い争うような応酬の後、溜息をついた人物が、襖を開け姿を現した。
 「それで、なんだと言うんだね?」
 …日本人だ。
 いや、ハーフなのかもしれない。
 ゴクリと唾を飲み込み、つくしは司の容態を訴えだした。





 “戻れ”
 ドンッと突き飛ばされ、倉庫へと戻される。
 その際に尻を撫でられたのは、不快には感じてはいても、ある意味男たちのつくしへの認識の程度がわかろうというものだ。
 …あたしのこと、警戒する必要もある相手だと見ていないわね。
 船ではそれなりの抵抗もしたつもりだったが、さすがに司の活躍を前にしては霞むというものだろう。
 実際、多勢に無勢だったし、半ばパニック状態だったのだ。
 ロクな抵抗もできずに、リンチ状態にされて蹲っていた司の体の上に身を投げ出すことくらいが精々なことで、あやうく一緒に痛めつけられるところだったが、そこは無法者の集団ではなく一応は軍属の兵士たちだった為に間一髪制止され免れた。
 司にも忠告されていたが、おそらく彼らはつくしに対して司に対するものとは別の興味を持っている。
 わかりやすい女への欲望…性欲。
 卑猥な視線の意味に気がつかないほど愚かではない。
 まだ明け方だったために出くわした人間は少なかったが、男たちの大半は若い男性で、当たり前かもしれなかったが女が一人もいない。
 そして、彼らの国(おそらくそうだろうが、彼らが予想通りE国の人間だとして)の事情からして、まともに人間らしい生活を送れていたとは思えない。
 逃亡者…。
 「…どうだった?」
 つくしが入ってくると同時に、司が上半身を起こして問いかけてくる。
 どうやら、倉庫を出る前よりは回復しているらしい。
 さすがに歩み寄るほど、体調が良いわけではなさそうだったが。
 「えっとね、とりあえず、コレ」
 だいぶ日が昇ってきたので、互いの姿が視認できる。
 「……コレって」
 「えっとね、トイレに行かせてって頼んだんだけど、あんたはダメだって」
 「……」
 「怪我して死にそうだって訴えはしたんだよ?でもさ、あんたかなりボコられても凄い抵抗してたじゃない?信用されてないっていうか、油断できないっておもわれてるみたいで…」
 それもあながち間違いな判断ではないだろう。
 司ならいざとなれば、瀕死の状態でも相手に被害を与えそうだ。
 もちろん、殺すつもりならどうとでもできるだろうが、そうはいかないとなれば厄介だろう。
 「で、それでそいつか」
 「そ、これでしろって…」
 つくしの手に掲げもたれているのは…尿瓶、ではなく、いわゆる麦茶ポットという奴で、『これでさせろ』と渡されたのだ。
 あの台所事情でよくあったものだが、まあ尿瓶よりはありそうなもので、かなり汚れ果てているので打ち捨てられていたものに違いない。
 …こいつ、潔癖症ってわけじゃないよね。
 いや、そんな問題ではないかもしれないが。
 「……」
 「……」
 二人の間に沈黙が落ちる。
 「…まあ、あたしのことは看護師さんだとでも思ったらいいんじゃないの?」





◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ





ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2






関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【昏い夜を抜けて353】へ
  • 【昏い夜を抜けて354】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【昏い夜を抜けて353】へ
  • 【昏い夜を抜けて354】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク