FC2ブログ

「アネモネ…全171話完+α」
第二章 Platonic Sex②

アネモネ083

 ←アネモネ082 →アネモネ084
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 豊島の先導で招かれた部屋は、意外にも最上階のスウィート・ルームではなかった。
 けれど、エレベーターの階数表示の階と階の隙間。
 地上12F・14Fと表示された場所の・の部分。
 最初は縁起が悪いという理由でスキップされた階なのかとつくしは思ったが、豊島が懐から出したICカードにより停車したことで、そうでないことがわかった。
 「このICカードでのみ停車する特別階です。一部の会員と、従業員だけが出入りしていて、このカードがなければ誰も出入りすることはできませんし、このカードの数量もカード自体も厳重に管理されています」
 踏み出した階の佇まいは他の階とほとんど変わらない。
 あえていえば、スウィート・ルームに準じる豪華な内装。
 司を見上げれば、予想していたのか特に意外な顔をしていない。
 よくよく考えれば、道明寺財閥はホテル経営も行っているのだ。
 メイプルでもこうした秘密階が存在していてもおかしくはないことに、つくしは気がついた。
 それにしても…。
 …西田さんやボディガードを置いて来て良かったのかな。
 宿泊した経験はないとはいえ、つくしでさえ名を聞いたことがある名の知れたホテルで、誘拐だの、暗殺だのという騒ぎがあるとも思えない。
 よしんば良からぬ思惟が待ち受けているにしても、司が誰と一緒であるのか西田たちにも知れている。
 多少の警戒は必要にしても、とりあえずは大丈夫だろうと自分を納得させた。
 「…つくし」
 ずっと憮然としていて無言だった司の小さな声に呼びかけに、横を見上げれば、腕を掴まれ耳元に唇を寄せられた。
 「絶対に手や足を出すなよ。暴力は現金な」
 「…は?」
 聞き返せば、耳の下の一番柔らかなところにキスを落とされる。
 「ばっ!」
 「……はずだ」
 囁く司の言葉の続きにマジマジと見返すと、夫妻のフフフという声が被さり、まるで路上のバカップルを見守るかのような生ぬるい視線に出くわして、つくしは赤面した。
 「…どうぞ」
 招かれ入室すれば、案の定、スウィート・ルームの仕様。
 居間があって、奥には複数の寝室があって…。
 そこでつくしはギョッと立ち止まって、立ち尽くしてしまった。
 「…早く入れよ」
 「お、押さないで」
 司が強引に彼女の背を押し出し、無理やりに部屋に入れてしまう。
 その後を、平然と豊島夫婦が入室して、ドアが締められた。

 カチリ…というオートロックの鍵の音が、どこか大きく響いて、ビクッとつくしが背後を振り返ると、目と目が合ってしまった豊島夫人が困ったように微笑み、けれどその目には先程なかった確かな興奮と淫靡な期待が透けている。
 「……こ、ここって」
 「で?どんな余興を用意してくれてるって?」





 部屋の内装は、豪奢なビクトリアン調。
 レースをふんだんに多用されたベッドやソファは、ある意味乙女チックだ。
 そこかしこのモチーフや置物の天使は愛らしく、夢心地にさせてくれる。
 ただし…寝室のベッドの内装までが玄関から見えなければ、だ。
 正確には居間との間仕切りが全面ガラスで、風呂場どころかトイレにいたるまでシームレス。
 いくら使用人に着替えを手伝わせることもある人々だとは言え、羞恥心がないわけではあるまい。
 3つあるベッドルームは素通しで、プライバシーなど欠片もない。
 ほのかに薄赤くライトアップされたキングサイズのベッドが妙に淫猥だった。
 赤は興奮色。
 発情の色。
 「いいでしょ?ここは私の友人の経営するホテルでね。時折、このVIPフロアで特別なパーティを催しているんですよ。私は友人特権で、東京に来るおりには使用してくれと一室を常にキープしてくれている」
 平然と答えているが、この部屋の使用用途などつくしにはとてもじゃないが思いつかない。
 ただ先日、司に連れてゆかれた秘密クラブの地下ルームを思わせるその雰囲気に、怖気が走る。
 トンと思わず下がった背が、司の体にあたってそれ以上下がれない。
 司を仰ぎ見れば、感情のない冷たい眼差しに出会った。
 …なに?なんなの?この部屋。
 わかりそうなのに、わかりたくない。
 舐めるように自分を見る豊島の卑猥な視線も。
 さっきまでつくしを同情を込めて見つめていた夫人の、司を見る淫蕩な眼差しも。
 一通り部屋の内装を司とつくしが見回した頃合を見計らって、豊島が妻へと目配せした。
 それに応えた夫人が、殊更ゆったりとつくしと司の前へと進み出て、背中を見せたまま緩やかなシニョンに纏めていたブルネットの髪を解いて、背中に流す。
 そして、肩口の金具へと指先を滑らせ、パチン、カチッ。
 シュッ…スルリ。
 トーガに似たドレスが、それで一気に足元へと滑り落とされた。
 豊かな黒髪、豪奢なネックレスだけが彼女の乳褐色の素肌を隠す。
 淫らな笑みを浮かべた夫人が、恥ずかしげもなく…見せつけるように振り向いた。
 たわわに実った豊かな胸の膨らみ。
 まるでバービー人形のようなキュッと締まったウェストと、大きな尻の対比が卑猥だ。
 噎せ返るよな女のフェロモンを放つ濃い股間の茂み。
 それら見事な裸身が一同の眼前に晒され、平然と見せつける艶めかしさ、驚愕につくしが呻く。
 「……ッ!?」
 「見事なプロポーションでしょ?今日は、互いにパートナーをチェンジして、互いにある境を取り払い、心ゆくまで堪能し合いましょう」





◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ





↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2






関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【アネモネ082】へ
  • 【アネモネ084】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【アネモネ082】へ
  • 【アネモネ084】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク