FC2ブログ

「アネモネ…全171話完+α」
第二章 Platonic Sex②

アネモネ082

 ←アネモネ081 →アネモネ083
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 司が出席するパーティでパートナーとして同伴することや、会食での同席など。
 余人が介する場所への同席は、西田に依頼されたことでもあるが、警備の都合上、つくしにとっても望むところだった。
 テーブルマナーや各所での作法など、ある程度は学生時代に友人たちに仕込まれている。
 司との再会を念頭にいれていたわけではなかったが、あの頃の自分は乾いた砂が水を吸い込むように、何かを吸収し、常に前進することを望んでいたのだ。
 司を忘れるために。
 …それがまさか、こんなところで役に立つなんてね。
 気の張るお供は、正直嬉しくはなかった。
 先日、司と食事をしたフレンチレストランで出くわした豊島と司が握手を交わし合うのをにこやかな笑顔で見守りつつ、内心でため息をつく。
 「…牧野さんとは、お会いするのは初めてですわね」
 にっこり微笑むエキゾチックな美女に話しかけられ、居住まいを正す。
 「あ、はい」
 ハーフだという豊島夫人は、上流階級の奥方らしい佇まいは上品で洗練されていたが、英徳によくいたデフォルトタイプのお嬢様たちのように、つくしに対する嘲りは見せなかった。
 時折、夫と交わし合う視線が、本当に愛し合っているといったような熱烈さで、隣にいるとあてられ、だが微笑ましい気持ちにさせられる。
 「夫とは、父の友人が主催するパーティで知り合いましたの。牧野さんは、道明寺さんとはどちらで?」
 自分のことはなんと言って説明すればいいのかと司を見れば、豊島と仕事の話なのか難しい顔で語り合っていた。
 「…えっと、その、実は高校の時の先輩後輩で」
 「まあ!そんなに以前からのお知り合いでしたの?」
 キラキラと輝く目には、まるで少女のような好奇心が浮かんでいて、女子会での雑談に興じるのとあまりかわりはない。
 …いいのかな。でもまさか、秘書だというわけにもいかないし。
 確か、秘書やボディガードは抜きでの無礼講で…とかいう趣旨だった、
 てっきり会場までついてきた西田も同席だと思っていたので、何を話して良いのか、いけないのかという確認を怠っていたことを反省して言葉を選ぶ。
 「本当に、道明寺さんと親しくされている方はどの方も魅力的」
 ほうっとため息をついて感嘆する夫人の言葉に、つくしは目を瞬かせる。
 「あの?」
 「ああ。牧野さんは道明寺さんの婚約者である、アリッサ・スベンソンさんにもお会いになられたことおありですか?」
 「……あ、いえ」
 ふと豊島が話していたことを思い出す。
 『うちの家内などは、スベンソン嬢の恋人にすっかり惚れこんでしまって、私の方が妬けましたよ』
 こうして見ると、とても艶かしい女性だとは思うが、笑顔などは屈託がなく、とてもそんな夫がいながら他の男性に目を奪われるような非常識な女性に見えなかった。
 …それだけ魅力的な男性だったと言いたかっただけなのかな。
 「とてもお美しい方で、気さくなお人柄」
 よほど気があったのだろうか。
 うっとりした目が潤んで、とても同性を褒め称えるようには見えない熱烈さがそこにある。
 「…代表とは高校時代の一時期、その…少しだけ親しくしていただいていただけなので、えっと、大人になってからは本当に最近、再会しただけで。だから、その…婚約者の方とは」
 しどろもどろに受け答えするつくしに、何を思ったのか夫人が両手を握りしめてくる。
 「本当に可愛らしい方!そう、アリッサさんに遠慮なさっているのね。そんな心配ご無用ですのに」
 「…は?」
 「私、かなりアリッサさんとは親しくお付き合いさせていただいてましたのよ」

 「はあ」
 正直、司を挟んでの正式な婚約者と愛人である自分を並べて知られるのは、かなり気まずい。
 「アリッサさんは、そういうことをお気にされる方ではありませんから、ご安心なさって?」
 「……」
 「道明寺さんの恋人でいらっしゃるんでしょ?」
 「あ…いや」
 恋人ではないだろう。
 けれど、夫人の言う『恋人』が肉体関係を示すのなら、否定はできないのだが、ここで肯定してもいいものかどうか。
 「でも、そんなに遠慮なさってるだなんて。アリッサさんはオルトンのことを公然とされていたし、オルトン自身もアリッサさんとの関係を誇示して自分の仕事に役立てていたから、あなたもてっきり」
 …てっきりなんだって言うんだろう。
 司を利用している?
 司の威を借り、我が物顔で幅を利かせているとでも?
 そう思われていても不思議ではなかったが、きわめで生真面目に生きてきて、彼に対しての想いだけは純粋なつもりでいたつくしの気持ちはわずかに傷つけられ、自嘲する。
 それにしても、司の婚約者の性生活も聞きしに勝る。
 司とどっこい、まさに似た者同士、互いに遠慮する筋合いもないのかもしれなかった。
 高校生の時の彼がそういう男女関係に極めて潔癖で、冷たい家庭環境に荒んでいたことを思うと、それが酷く切ない。
 …道明寺にも人並みの幸せを望んで欲しいと思うこと自体が、あたしのエゴなのかな。
 「でも、そう…、牧野さんがそういう方だとすると」
 自分の中の思いに沈み込みかけていたつくしが、困ったような夫人の言葉に、顔を上げる。
 チラチラと夫を見てはつくしを見る夫人が、どうしよう?とでもいうように、二人を伺っては首を傾げていた。
 「…あの、なにか?」 
 「えっと、本当、困ったわ、どうしましょう」
 「しかし、牧野さんは本当にお美しい」
 司と談笑していた豊島が、なんの拍子にか改めてつくしを見て、感嘆したような声を上げた。





 つくしは困惑していた。
 今日の予定では会食での親睦会であったはずだ。
 豊島夫婦と司とつくし。
 思っていたよりもずっと気安い夫婦のおかげで、気持ちも解れてきたところへ意外な提案をされ、司がどんな返事を返すのかと彼を見上げる。
 けれど、一瞬つくしを見下ろした司は、不機嫌そうに顔を顰め、話しかけてくる豊島に無難に返答する彼女には何の助言も与えない。
 「きっと、お楽しみいただけると思いますよ。食事をするより、何をするよりグッと親密で何よりも互いを知ることができる」
 「……はあ」
 困ったような夫人の顔も気にかかる。
 「いかがですか?そろそろ上に行きませんか?」
 ねっとりとした豊島の視線がつくしを舐め、今度こそハッキリとした不快感を感じて眉根を寄せる。
 「…いいですよ、移動しましょう」
 司が頷いた。





◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ





ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2






関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【アネモネ081】へ
  • 【アネモネ083】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【アネモネ081】へ
  • 【アネモネ083】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク