FC2ブログ

「アネモネ…全171話完+α」
第二章 Platonic Sex①

アネモネ066

 ←アネモネ065 →アネモネ067
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 R18です。
 パスなし、隠しなし(通常版では隠せてますが、テンプレート的には隠せず)ですので、18歳未満の方、苦手な方ご注意をm_ _m
******************

*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
 「い、いい!いい、いいッ!!」
 「…いいから、さっさと言われたようにしてろ」
 今度は苛む意図はないのだろうか。
 それにしても直に手にとったボディーソープを塗りたくられる行為は、さっきのローションでの責めとなんら変わらない。
 ぬるぬると首から肩先、胸元、乳房、脇腹や股間まで手を入れられて、感じずにいるなんて無理な相談で。
 だが、顔を赤らめながら、つくしは感じないようにとグッと耐える。
 憮然とした顔は、どうやら本当に洗う意図以外ないようで、花びら一枚一枚まで丁寧に洗ってくれたのは余計だったが、目を瞑って耐えるつくしの膝裏から、足の裏まで丁寧に洗ってくれた。
 見下ろす司の髪が濡れて、ストレートに戻っている。
 …自分はもうシャワー浴びてたくせに、意味ないな。
 そんなつまらないことを考えていたら、お湯で泡を流される。
 「頭も洗ってやる」
 「え?いいよ」
 「座れ」
 聞いてくれない男に促され、お風呂チェアに腰を下ろそうとしてとんでもないカタチなのに気がつく。
 「……」
 「湯船のヘリに座れよ」
 「…うん」
 察した司に言われ、湯船のへりを椅子がわりに座って頭を洗ってもらった。
 俺様な男のわりに手つきは優しくって、大きな手でされる洗髪は意外にも器用で美容師の手技のように気持ちがいい。
 つくしの頭を手早く洗って司も簡単に自分の手の泡や、体の汗を流す。
 その姿を見るともなしに見て、
 …相変わらず綺麗なカラダしてるんだな。
 という感慨に耽る。
 抱き合った時にはそれどころでなかった。
 そして、ここに来てからはずっとつくしだけが素っ裸で、司は肌を見せなかった。
 …高校生の時よりガッシリしてるかな。
 少年の頃の司も、ファッションモデル真っ青なスタイルの良さだったが、今はさらに精悍さが増して、男の色気に満ちている。
 気がつけば惚れ惚れと、司のカラダに見惚れていた。
 そして当然、下った視線の先、雄々しく立ち上がっている司の男の部分を目にし、赤面して目を反らす。
 …そういえば、こいつあたしのカラダを触るばかりでしてないんだ。
 30才も近いとなれば、いくら経験が少なくても、男の性くらいは察していた。
 それに、どんなに貧弱なカラダだといえど、女のカラダを撫で回して、何も感じないということもないだろうし(感じてなかったら、さすがのつくしでもショックだ)、第一激しく隆起しているのだからまだ欲望も収まっていないに違いない。
 「…なんだ?」
 複雑な表情のつくしに気がついて、司が怪訝に問いかけてくる。
 「あ…いや。あんた、もう包帯してないの?」
 誤魔化しだったが、それも気になっていたので、ついでに尋ねた。
 「外傷は大したことなかったからな」
 「…って、言ったって縫ったんでしょ?」
 赤く膨れた傷跡は確かに傷が開きそうというわけでもなかったけれど、それでも完治にはまだ一ヶ月や二ヶ月はかかるだろう。
 …まあ、肋骨にヒビ入ってて、普通に生活してる化物だから、人と同じに考えたらダメかもしれないけどね。
 実際、普通に生活…どころか、かなり激しい運動をしている気がする。
 つくしを抱き上げるのだって、普通の怪我人ならできないことだと思う。
 結局…犬並みの回復力と体力のやつだから、で納得した。
 こんな男のベッドの相手をするなどとは、やっぱり無謀だったのかもしれない。
 「ほれ、湯船入るぞ」
 「…え、あ…うん」
 自分で勝手に入ろうとヘリに手をかけたが、すぐに後ろからヒョイッと子供のように抱え上げられ、座った男の膝の間に落とされる。
 「ちょっ!」
 「あ?」
 「あ、じゃないでしょ。あたしは子供じゃないんだから、ひょいひょい気軽に抱き上げないでよ」
 「…子供じゃねぇからだろうよ」
 「え、なに?」
 「いや別に。いいじゃねぇか。侘びだって言っただろ?」
 「…侘びって」
 まさか本気なのだろうか。
 つくしにはイマイチ司の真意がわからず、自分を膝に抱える男を振り向こうとして肩先に顎を乗せられる。
 「……」
 抗議しようとして、それも煩すぎるかと仕方なく口を噤ぐ。
 この男はいったいどういうつもりなのだろう。
 こんな従順でない愛人相手に、何が楽しくて恋人めいた行動をするのかと、ため息をつかずにはいられない。
 正直…いたぶられるのは恐ろしかった。
 自分を過信していたのだ。
 それでも、こんな甘さは慣れないし、慣れたくない。
 …恋人じゃないんだから。
 そう思う。
 ゆるゆると胸を撫でられ、お尻にあたった『モノ』を強烈に意識する。
 …あたしを抱きたいんだろうか。
 そりゃそうだろう。

 怖いかと言われれば、完全に恐怖を拭いされたわけではなかったが、それでも普通に抱かれるならかまわないくらいには子供じゃないつもりだった。
 …オモチャは無理だけど。
 それさえ、司がその気なら許容しなければならなかっただろう。
 それを思えば…。
 「…あのさ」
 「……」
 「えっと、その……」
 口篭って、何をどう言えばいいのかと、しばし悩む。
 先に痺れを切らしたのは、司の方だった。
 「なんだよ」
 「えっとぉ」
 それでも眠そうな口調で、司はつくしの首筋や頬に柔らかいキスを落として、目を瞑っている。
 …眠いのかな。
 意を決して、口を開く。
 「その…、あんた、まだだよね?」
 「なにが?」
 「…だから、その…したいんだよね?あたしのこと、抱きたいの?」





◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ





ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2






関連記事
総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【アネモネ065】へ
  • 【アネモネ067】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【アネモネ065】へ
  • 【アネモネ067】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク